2019年04月05日

韓国の裏事情

日本の政治への高い関心とともに、一度謝れば「水に流す」のが美徳とされる日本の文化や考え方との違いがある。反日感情をあらわにする市民団体の行動は時に過激になる。警官隊ともみ合いになることも多い。集会の回数は増えても集まる顔ぶれに大きな変化はない。人数が急増している訳でもない。まして今年は、日本の統治に抵抗した「三・一独立運動」から100周年を迎えた。植民地時代に日本に協力した人物の責任を追及する動きが一段と活発になっているのだ。そのため、今までにも増して関係改善を望む人たちも、声を上げにくい空気が漂う。


 抗議集会のそばを通りかかった釜山市の会社員男性(32)に、市民の対日感情も悪化しているのかと問うと、首を振ってこう説明してくれた。「韓国ではかつて軍事政権による弾圧が続いた。市民団体は声高に叫ばないと注目されなかったので、そのやり方を踏襲してきた歴史がある」

 日本統治時代に小学時代を過ごした80代男性は、市民団体への苦々しい思いを明かす。「日本人も70代以上は韓国に対してすまないという思いを持つ人は多い。なのに何十年も前のことを引っ張り出して、子や孫の世代を苦しめて何になるのか」だが、その思いを公にすることはないという。「言えば問題になるだけ。関わらないのが一番いい」

「正直、歴史問題には関心がないんです。それよりも僕たちの世代は国に対する不満が大きい」。釜山市内の病院に勤務する高薫基(コフンギ)さん(31)はこぼした。

 韓国では徴兵制の負担は重いのに、若者の失業率は昨年まで2年連続で9%前後と高い。不動産価格も高騰し、上の世代よりも将来の見通しは厳しい。こうした世相を反映して日本で就職を目指す若者も増えている。昨年度、約100人の卒業生が日本に就職した釜山外国語大の鄭起永(チョンギヨン)総長によると、日本語学科の学生のうち、親が日本での就職に反対するのは1割ほどだという。「日本批判の政治家の発言には意図があることを見抜き、政府間の関係悪化に左右されず、合理的に考える人が増えたのではないか」と分析する。

 日本語教師の李(イ)セボムさん(35)は人々の気持ちをこう代弁する。「今は日本について悪い情報を見聞きしても、直接日本に行ったり、インターネットで内容を確かめたりできる。最悪といわれる韓日関係も冷静に見ている人が実は多いんです」

 釜山の魅力を動画で伝え、日本の視聴者と韓国人の交流会を開いてきた釜山在住の日本人、昆雅之さん(45)も揺らがない。「日韓の間に、一緒に食事ができる人間関係を少しでも増やしたい。人として向き合えば、相手への思いやりも生まれるでしょう」

 関係悪化をすぐに解決する妙案はない。でも希望はあると確信している。


参照:西日本新聞社(4/4)つづき
posted by Nina at 00:40| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3499)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)