2019年03月07日

「政府が老後みる」消えた約束 中国の高齢者急増、一人っ子失い苦境に

 中国では一人っ子政策は3年前に撤廃されたが、子供がいないまたは教育費負担の重くのしかかったまま子供を失くした失独者を生んだ。そして「祖父母4人、親2人、子1人」の家族構成は今後も主流とみられる。綱渡りのような老後は、失独者だけでなく社会全体の課題だ。政府も「介護の社会化」に向け、20年に全国で公的介護制度の枠組みを確立する計画を打ち出すが、財源、人材の確保などの課題が山積する。

 中国では、5日に開会する全国人民代表大会(全人代)を、切実な思いで見守る人たちがいる。国の一人っ子政策に従い、その子に先立たれた「失独者(一人っ子を失った者)」だ。その数は100万世帯以上とも言われ、中でも老いた失独者は物心両面で苦しんでいる。

 中国の高齢化は今後、日本をしのぐ速さで進み、その規模は世界に類を見ない。中国の65歳以上人口は昨年末時点で1億6658万人(総人口の11.9%)。国連推計によると、2025年に高齢社会(同14%超)、36年に超高齢社会(同21%超)を迎える。

 中国では子どもが親の老後を養う価値観が根強く、介護制度などのセーフティーネットが未整備だ。頼る者のない失独者の苦境は、国が豊かになって福祉制度が整備される前に高齢化が進む「未富先老」社会の縮図と言える。

 北京市朝陽区に住む失独者の楊文娟さん(66)は04年のクリスマスの夜、23歳の一人娘を自動車事故で亡くした。美しく利発な自慢の娘はモデル事務所と契約したばかり。「中国では子どもが全て。失えば何もなくなる」。夫妻の収入は年金が月8000元(13万円)。夫の施設費は全額自己負担で月5400元(9万円)。医療費負担も重い。区から失独世帯向けの月720元(1万2000円)の支援金を受け取っているが焼け石に水だ。北京市には施設入居費を一部補助する制度はあるが、指定された施設に限られる。補助を差し引いても高額過ぎたり、順番待ちが必要だったりして、楊さんは利用をあきらめた。楊さんの友人で、同じ区に住む失独者の女性(57)は「当事者の現実にそぐわない支援策も多い。役人が上に実績を報告するために形だけを整えている」と訴えた。交友関係を断ち、引きこもるように暮らした。間もなく楊さんの夫(68)が脳梗塞などで入退院を繰り返すようになった。現在、自宅から徒歩十数分の介護施設に入所し、楊さんが毎日通って体が不自由な夫の世話をする。「自分の時間など少しもない」。楊さんが目を落とした。

 待遇の改善を訴えようにも、習近平指導部は社会統制を強化し、民間の権利運動への締め付けを強めている。失独者による陳情活動は当局から阻止され、民間団体の支援活動が「社会を不安定にする」として妨害された事例もある。

 「子どもは一人だけが良い。政府が老後をみる」。一人っ子政策の時代、街角に躍った政治スローガンを、楊さんは今も覚えている。「なぜ約束が果たされないのか。我々が死に絶えるのを待っていように思える」。抑えた口調が絶望の深さを物語っていた。


出典:3/4毎日新聞【北京・河津啓介】

つづき
posted by Nina at 03:06| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3535)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)