2019年02月24日

囲碁と将棋の違いは、正座にあり

江戸時代から文化として途絶えることなく継承されている日本の囲碁には師について学ぶということが早くから確率した教養の一つでした。中国発祥で5世紀には朝鮮へ、7世紀頃に日本に伝わったとされます。貴族を中心に広く遊ばれ、正倉院には碁盤と碁石が収められています。日本では、師について学ぶという作法を重んじられ、勝ち負けを超越した美しい棋譜を作る、これが日本の碁の伝統です。そのような習得の方法で世界トップを維持でなったのは、昭和後半くらいだと言われます。韓国や中国でプロ組織が立ち上がり、中・韓は碁を"競技"として捉え日本に追い付け追い越せと、自国でのプロ棋士育成に本気で取り組むようになったのです。戦後からは韓国・中国を中心として世界規模の大会も開催されるようになった為、対戦は椅子です。10歳でプロ囲碁棋士になった仲邑菫さんは両親が囲碁の取り組む人なので3歳から手ほどきを受けて、7歳になると両親の韓国修行に伴われて指導を受けていたという事です。菫さんの大局の姿も椅子であったことは記憶に新しいことでしょう。将棋界では十代の藤井聡太7段の快進撃が注目されていますが、将棋の大局は依然として畳です。高橋プロが足の骨折で、ギブスをして対局したのを覚えていますが、

日本の囲碁のトップクラスの 井山6冠が、囲碁の世界ランクは13位で、今や世界ランキング上位は中国と韓国の棋士にほぼ独占されている状況です。

囲碁世界ランキング(2015年10月)
http://sports.geocities.jp/mamumamu0413/korea/world_rank.html

特に中国では、全国から有望な子供を発掘し、1箇所に集めて寝食を共にさせ、普通の学校には行かせずに、ひたすら碁の才能を高めるのです。 韓国も同様で、国をあげて棋士の育成に取り組んでいるのです。 中国と韓国に囲碁のプロ組織が出来て、棋士育成に本気で取り組むようになってから、日本が世界トップから陥落させられました。平成に入り世界のトップは中国と韓国に独占されてしまいます。 昼間は小学校に通って義務教育をこなし、夕方から夜の間だけ、囲碁教室や師匠に碁を教わる日本とは大きな差があり、幼少期のこの差はなかなか縮められないのだそうです。 今では、上記の他に台湾はもちろん、アメリカでも取り組まれています。

日本も危機感を感じ、現在では世界で戦える棋士の育成にも力を入れており、井山六冠を筆頭に有望な若手が沢山育っています。

これは、柔道も同様なところがあると、嘉納治五郎によって体系化された柔道が、世界の普遍的スポーツになっていく段階で、世界のトップではなくなってきた過程と似た経過があると思われます。
つづき
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3399)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)