2018年12月25日

クリスマスにまさかの暴落。日経ダウ千円超の二万円割れ

3連休明けとなる今日2018年12月25日(火)、終値は、1万9,155円74銭で、前の週末に比べ、1,010円45銭安い、2018年2番目の下げ幅を記録し、2017年4月以来、およそ1年8カ月ぶりの安値をつけた。前日の米株大幅安をうけ、市場ではリスクオフの勢いが強まっており、東京市場ではほぼ全面安。

トランプ米大統領が予算案承認を拒否したことで政府機関が一部閉鎖したことや、トランプ米大統領によるFRB(米中銀)政策への批判が嫌気され、NYダウが前日比653ドル安の2万1792ドルと大幅下落した。今日25日は、日本を除く多くの国がクリスマス祝日で取引所も休場となっており、外国人投資家不在による薄商いが、日経平均株価の下落幅の拡大に拍車をかけている。

弱気市場の下地としては、このところの世界景気減速に対する強い警戒感にあると見られる。この警戒感から市場ではあらゆる材料が弱気材料と解釈される事態が続いている。株安の流れとともに、為替市場では安全資産とされる日本円買いの流れも強まって、ドル円為替レートも111円を下抜け110.00円手前でやや下げ渋った。

posted by Nina at 22:23| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3535)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)