2018年11月13日

SNSを利用した、少年窃盗団

愛知県尾張地方や岐阜県で昨春以降、スマホをつかってインスタグラムを閲覧、覚えた「ノウハウ」を利用して、対象者が留守の時間帯を割り出すなどして忍び込むという窃盗グループを結成する少年らを愛知県警が摘発した。窃盗グループのメンバーとみられる、10〜20代の少年ら35人によって10月下旬までの1年半に計約160件の窃盗や窃盗未遂などを繰り返し、被害総額は3千万円余にのぼる。

 県警によると、少年や男は昨春から10月下旬までに、愛知、岐阜県内の民家や会社事務所などに侵入し、現金や貴金属を盗むなどした疑いがある。 メンバーはSNSなどを通じて集まり、事件ごとに3〜5人のチームを結成。新たに知人らを誘って窃盗チームを結成したことが、被害をより拡大させたとしている。飲食店の客引きや元暴走族が大半だった。なかには万引きや覚醒剤絡みの事件で逮捕・補導されたことがあるメンバーや、事件当時、中学生だった少年もいたという。全員が互いに面識があるわけではなく、一度、他のメンバーと窃盗事件に関与した少年が、地元の知人や友人らを誘い、新たな窃盗チームを作っていた。グループ全体を統率するリーダーはおらず、メンバー同士の上下関係もなかったという。

 


参照:朝日新聞デジタル(11/12)
posted by Nina at 09:11| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3646)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)