2018年10月23日

碑文を残す意味

我孫子には、多くの史跡があるのに碑文を立てることが少ないと、都内でガイドをされる方にご指摘をうける。
お金をかけて碑文、説明文がなくても思っていたが、やはりその方が言われるように考えなくてはいけないと、つと思うようになった。
ご本人が、我がことを後々につたえようと顕彰碑を建てようとするのが一つかと思うけれど、未来に伝える意思があってされたことなのか、名誉欲なのか、それは後世の人が計ることだろう。いくら学んでも知らない事のほうが多いが、知って損はないし、またその事が発展のきっかけになることも多いと思う。

DCIM0389.JPG

DCIM0391.JPG


*ニューオータニで、娘夫婦が結婚披露をした折に、上記は庭園を散策していて見つけました。オリンピックという国家事業への貢献を考えてホテルを作ったことが分かります。
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3507)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)