2018年09月26日

人の役に立てる人の条件

ある本にこんなことが書いてありました。

「人助けがしたい!」という気持ちを持つことは、とても尊いものです。
しかし、「人助け」をする人には、3つの条件があるのです。

ひとつめ。 「自分を大切にする人」。
自分のことを愛して、自分を大切にしている人。
体にいいものを食べたり、適度な運動をしたりして、自分の心と体を大切にしている人です。

ふたつめ。
「自分の家を、安心して空けられる人」(もしくは「自分の会社を安心して空けられる人」)。
家に病人がいる人は、まずその病人を助けなくてはなりません。
それから、会社を経営している人は、スタッフが、「まかせておいてください!〇〇さんがいなくても、僕たちがしっかり留守を守りますから!」
と言ってくれるような信頼関係を作っておくことが大切です。

みっつめ。
「安心して食べていけるお金があること」。
自分がいま、経済的に困っているのなら、まずは「自分助け」をしなくてはなりません。
自分が稼げるようなしくみを、しっかり作るのです。

「たくさんの人を助けたい!」と思ったら、まずはこの3つの条件をクリアしなくてはなりません。

斎藤一人
『カンタン成功法則』(KKロングセラーズ)

「安心して食べていけるお金があること」とは、どんなに高い志があろうと、心躍るような夢があろうと、先立つものがなければ絵にかいた餅になってしまう。 何かをはじめようと思っても、はじめに「タネ銭」がなければ何もできない。

同じように、ボランティアなどをするなら、生活できる最低限の収入が確保できていなければ、余裕を持てなくてギスギスしてしまったり、笑顔もなくなり、長く続けることはできない。

「自分を大切にする人」とは、いつも楽しそうにしている人。
機嫌よく、面白がって調べたり、生きている人。
好奇心があり、いつでもキラキラしている。

そんな人は、だから、余裕がある。他人との比較をせず、自分が好き。
そして、 家庭や会社がゴタゴタしていたら、安心して外にでかけることはできない。

選挙に立候補するときに、考えなくてはいけない条件とも共通する・・・
posted by Nina at 00:00| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3390)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)