2018年09月17日

郊外シニアが長い生き傾向

今回は2018年4月に発表された男性の平均寿命(2015年度のデータから)は女性より短いというのは定説ですが、そのなかでも男性の平均寿命の長いまちトップ10を見てみると、あることに気づかされます。 長生きできるまちには共通項が見られます。

10自治体のうち、6自治体は東京都、神奈川県にありますし、女性の場合も5自治体が首都圏です。さらに以下の順位を見ていくと、首都圏以外でも大都市圏が中心になっていることが分かります。しかも、都心部の自治体ではなく、首都圏の場合は横浜市青葉区、川崎市麻生区、東京都世田谷区、横浜市都筑区など、いずれも都心へのアクセスは良く、便利な場所ではあるものの、緑や自然もある地域なのです。

医療以上に長生きに関係するのは、歩くのに向いたまちかどうかです。「歩く」ことが健康に貢献するのです。国土交通省が定めたまちづくりにおける健康増進効果を把握するための歩行量(歩数)調査のガイドラインによると、1日1時間以上歩いている人は、30分未満しか歩いていない人よりも1カ月にかかる平均の医療費が15%ほど低いそうです。

身体だけではありません。精神的な健康も大事でしょう。そのために必要なのは周囲の人たちとのコミュニケーションです。具体的には、趣味や地域活動など。もちろん、元々多趣味な人であれば問題ありませんが、高齢に至って新たに何かを始めたいという場合であれば、「始めやすい環境であるかどうか」がポイントになります。

最近は「(人との)つながりが寿命を左右する」という研究も行われています。長生きしたければ、定年で途切れてしまう会社での人間関係以外にも、地域活動や趣味などを通じた地元での人間関係も意識して作っておいたほうが良いのかもしれません。
つづき
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3651)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)