2018年06月27日

タイサンボクが咲きました。

今朝は15年来、花が見られなかったタイサンボクがついに咲きました。
 北アメリカが原産地で、日本へは明治時代に導入されたのだそうで、学名:Magnolia grandifloraは別名をハクレンボク(白蓮木)。日本では泰山木・大山木といいます。大輪の白い花と、常緑で光沢のある葉の深緑色との対比は非常に美しいものです。
 
 植樹したての最初の1,2年は、フェンスよりも背が低く、幹も細々としていても、大きな純白の香りのよい花をいくつも咲かせました。その後、どんどん伸び大きくなるため、バサバッサと剪定して、我が家のタイサンボクは花が咲く木であったとも忘れていました。それが、筑波大のキャンパスブリッジから見下ろす場所に大きく枝葉を広げるタイサンボクにいくつも白い花をつけてるのに出会って、その馥郁たる香りをさせているのに気付いて、ウチの樹は怠け者化した、と思っていました。そのうちに、葉の裏面に、蜂が巣をつけて決死の覚悟で巣を落とすという、面倒なことが二年ほど続きました。昨年、次の年に花を付けなかったら、切ってしまおうかと思って、ともかく延びる芽を摘むのを少しゆるめにし、久々に肥料を捲いたり、水やりを心掛けたところ、ついに花が一つ咲いたのでした。

 CIMG3482.JPG

 この際に花言葉を調べると「前途洋々(今後の人生が大きく開けていて」 「希望に満ちあふれている)」 「壮麗(大きく立派で美しい)」 「威厳をつける」だそうです。待ったかいがありました!この花の甘い香りはゲラン、ジバンシィといった香水にも入っているのだとか。

 前年には、桃の木の葉が病気になってばかりいて、花などつくわけがないという状態でしたので、この際に切ってしまおうかと思っていたら、春先に鈴なりの桃色の花をつけたので、当ブログでも花の写真を掲載しました。しかも、実まで鈴なりに成りとなったため、摘果して、実が大きくなるのを待っていると、家族で愉しむに十分なほどに、完熟小粒桃を味わう事ができました。夏椿もしばらく花がつかなくなったのに、10ほども花をつけ、しかし、今年の夏前には半分が枯れ木になっておりました。樹はそれなりに、主人の気分(手入れ)で、根付いて以降の無関心を感じ取るのかしらんと思うこの頃。ノウゼンカズラとムクゲノの花がたわわにフェンス越しの路に落ちないよう、今年は早めに枝を切り、それでも落花を帚で追いかけっこの掃除です。
 
 お隣のお宅の駐車場に越境し、頭上の電線に近づこうとする勢いになっているので、これをどう矯めるか、抜いてしまうか、
"To be or not to be "の課題です。


つづき
posted by Nina at 00:37| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3399)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)