2018年06月20日

マハティール首相、92才

マレーシア連邦下院(定数222)の総選挙は、先月9日投開票され、マハティール元首相(92)が率いる野党連合・希望連盟が過半数の113議席を獲得した。
それまで与党であったナジブ首相による汚職疑惑などで人気が低下し、票田の多数派マレー系住民の支持離れを招いたことが主因だとされる。マハティール氏は2003年に引退するまで22年間務め引退したが、5月の選挙で15年ぶりに首相に復帰した。1957年の独立以来60年以上、政権を担ってきた与党連合・国民戦線に勝利し、初の政権交代となった。マハティール氏は親日家として知られ、復帰後初となる外遊先に日本を選んだ。

6月11日、東京都内の日本記者クラブで記者会見し、12日の米朝首脳会談について「地域の緊張関係が改善され、東アジアのより良い関係に貢献するだろう」と期待感を示した。 マレーシアはもともと北朝鮮の友好国だったが、昨年2月にマレーシアで起きた金正男(キムジョンナム)氏殺害事件を機に関係が悪化した。ただ、マハティール氏は「北朝鮮の指導者の態度を疑う見方もあるが、接触の機会を持つことは非常に良い」として米朝首脳会談を巡る動きを評価した。また、北朝鮮情勢の緊張緩和は「貿易拡大につながり、日韓、日中、日朝の関係も良くすると思う」と述べた。

 「上手にできなかったときに自分のことを恥ずかしいと思う日本人の価値観が成長の原動力となった」と分析。中国と緊密だったとされるナジブ前首相については「大型事業のために中国から返済可能であるかを配慮せず巨額の借金をした」と批判したが、対中関係に関しては「中国は大国であり、好きか嫌いかを問わず対応し、友好関係を保ちたい」と語った。

我孫子市議会の最高齢は、82才だが、地域、人々を思う意欲と健康、見識が高ければ、大局を見る目はけして若者にも劣らないと思える。
つづき
posted by Nina at 23:48| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3505)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)