2018年06月14日

国分寺市は魅力発信コーナーを、新設駅前ビルに

2018年度の国分寺市一般会計は449億5598万円。JR国分寺駅北口の開発事業に一定のめどがついたため前年度比9・3%減となったのだという。
今後の駅北口地下駐車場整備6億4050万円、日野市、小金井市と共同で行う可燃ごみ処理施設建設などの負担金も含まれている。すべての事務事業の経費をゼロから見直し、徹底的な精査を行い歳出抑制で、財源不足のための財政調整基金の取崩額は3億379万円と必要最低限に抑えている。
外に続くスペースには、子供が遊べる居心地のいい雰囲気の広場になっていて大好評。可愛いヨチヨチたちとママたちのニコニコで一杯。
ミニ講演会のオープンスペースには音響設備も完備。新幹線資料館もあるよとの案内もさりげなく、街の文化度をアピールして、いい感じ。

国分寺市には、無所属の女性議員仲間がいたので、議会運営の改革など、市政に果敢に取り組んでいくと何かどうかわるのか、手ごたえを一緒に感じるような所があったのだが、いよいよの成果を視察した。相続・遺言の市民相談(無料)の会場があって入りやすい雰囲気であったので、お伺いしたら市外の方でもOKと言われて、突然でしたが相談者に!?

やはり、駅前は街のシンボルゾーンとしてお金をかける価値がある、そしてごみ焼却施設にばかり130億もの予算をかけなくてはならない、当市の将来を面白くなくならないように変えていくのに頭を痛める。それにしても、ロケット開発の町だった歴史から、駅前で魅力発信されているなんて、良い話だ、良い街だ。羨ましがられるごみ焼却施設を街の滅多に市民が訪れない場所に創るという現計画には、19日の委員会で議論紛糾だろうか?!
<以下、写真はクリックで拡大>

DCIM0007.JPG
 DCIM0013.JPG  DCIM0014.JPG  2018-06-08 002.JPG  DCIM0008.JPG 
 


DCIM0001.JPG

  DCIM0006.JPG 



DCIM0011.JPG

 DCIM0002.JPG  

DCIM0015.JPG  DCIM0004-59e2d-thumbnail2[1].jpg  


DCIM0016.JPG

電車の中で、面白いTシャツを着ている人がいたのでご紹介、幕張の製麺会社創業20年だとあるけれど、藍染め風で風格がある字体のロゴが絵が描かれて、なんだか愉快にアピールする。「面白きことなき世を面白く、住みなすものは心なりけり」だとか維新の世に句が残されたけれど、これからの時代こそ、市民へ良好なメッセージを送り、この街で良かったとなるようなバーバル(言語的)なメッセージを送って、来てもらえる田園住宅・新明るい農村に(#^.^#) がんばろー我孫子!!!つづき
posted by Nina at 01:31| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3535)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)