2018年02月17日

Л.Н.トルストイは田舎暮らし

白樺派はトルストイの影響を受けたということが言われ、その方面からの研究もされてきました。
そこで、インターネットでトルストイを調べてみると、なんと晩年の1906年からの様子を映した貴重な映像が公開されていました。

トルストイはロマノフ王朝にもその矛先を向けたために、多くの出版物が販売禁止になり、教会からも破門されています。

四女アレクサンドラ・トルスタヤは、1929年に日本へ出国し、1931年にアメリカ合衆国へ亡命。著書『お伽の国‐日本―海を渡ったトルストイの娘』で日本での二年間の滞在記を記している。玄孫のウラジーミル・トルストイ(ロシア語版)は、ウラジーミル・プーチンの大統領顧問にもなっています。

雑誌『白樺』が1910年4月に創刊されました。その年の11月に亡くなったのでトルストイへの関心が頂点に達していきました。日本でもトルストイ人気が高まっていく最中、しかもロシア革命の起きた時代でした。白樺派の武者小路実篤、柳宗悦らがトルストイに面会した徳富蘆花と会って、蘆花が郊外で田園生活を楽しむのを知ったことも影響したのか、我孫子町(当時)に移住することを決めました。柳宗悦によって、英国人陶芸家バーナード・リーチも仮寓するようになり、朝鮮人や中国人の留学生との交流、インド人陶芸家なども来訪する10年ほどの国際的芸術共同体が成立することになります。今から、約百年前に驚くべき形で我孫子は世界とつながっていました。

どうぞ、18日にお話を聞きにいらしてください。
S・フォーラム.pdf

つづき
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3582)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)