2017年11月29日

「大善は非情に似たり」

稲盛和夫『心と生き方』(PHP)

リーダーの条件を 部下からの申し出、意見をただ、「いいわ、いいわ」と認めていたのでは会社は決してうまくいきません。優しい情愛に満ちた人であると同時に、すさまじい厳しさを兼ね備えた人でなかったら、社長なんて器は務まりはしません。どんな小さい組織でもそうです。

つまり、同一人物が両極端の考え方をあわせもち、そしてそれが同時に正常に機能できる能力を持った人でなければ経営者は務まらないと思います。ただ優しいばかりの社長では、経営になりませんし、厳しい一方の人では誰もついてきやしません。その両方が綾織りのように出てくる人でなければ、経営者なんてできやしません。

私は、いつも善の大切さを説いています。だからみなさんもそれに引かれて話を聞きに来られる。
人間らしい優しい、いい生き方をしなきゃいけませんよと、いつも私が説く考え方に、みなさんは賛同しておられ、それを自ら実践されているはずです。そのような優しい、すばらしい経営者の方が、この不況で会社が赤字に転落をしそうなとき、「経費を減らせ」と言って、もう鬼みたいになってやり出すことがあります。

そうすると周りは、「いつもあの優しかった社長とは違うやないか。二重人格みたいなものやないか」と言い出す。でも、会社が厳しい状況になったら、鬼みたいな形相で、厳しいことを一直線になさねばならないのです。逆に問題なのは、嫌われるのがいやで耐えられないから、お茶を濁し、妥協し出すことです。

仏教の教えである、「小善は大悪に似たり」「大善は非情に似たり」ということから説明ができます。
不況になって、会社をつぶしてしまうことがあるのが会社です。
確かに従業員に対して人がいいという小善、小さな善はしたかもしれないが、そういう小善はしない。
「ええわ、ええわ」というわけにはいかんのやと。
「ええわ、ええわ」とという小善はに脆弱な体質をつくってしまいます。

次に大善。大きな善というのは、非常に似て厳しいのです。
だからつい、そういう意味があると知らなければ、自信がぐらつくわけです。
「私が今やっているこの厳しさは、大善をなす行為だ」と自信を持つようにする。

「それは非情に見えるかもしれないが、これは大きな善なのだ」と思えば、ひるまないわけです。
そして改革は、ズバッと本音でものが言える状態をつくらなければ、前に進まないのです。

根底にはみんなから信頼をされ、慕われる社長でなければならないけれども、つまり人に嫌われることをしたくないものですから、改革が進んでいかないのです。 たまには、厳しくて嫌われるようなことも言う。
あえて嫌われることも必要です。 私はみなさんを救うために、あえて厳しいことを言います。
それこそが大善というものです。

この「小善は大悪に似たり」「大善は非情に似たり」ということは、何も会社経営だけに通じる考えではない。そのためには、ときには厳しいことを言ったり、叱責することも必要だ。

大事なことは人に対する、「愛」や「思いやり」や「情」、と同時に「厳しさ」や「非情さ」も併せ持つこと。そして、その相反することを何の躊躇もなく、同時に行うことができる人を名経営者といい、偉大な教育者という。

 前議会の時期に続き、市役所の事務処理ミスが12月議会にむけて報告(21日)されたのに到って、やはりリーダーである、市長、副市長は「大善は非情に似たり」を考えてみるべきだと思えた。こうした、事務処理ミスがおきないように、マニュアルが作成されたので、気を引き締めて頂きたい。

posted by Nina at 22:45| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3399)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)