2017年05月07日

生活提案型商業施設@柏キャンパス駅

3月2日(木)、柏の葉キャンパス駅近くにオープンした蔦屋書店のT‐Siteに行ってきました。書店はもちろん、児童書がそろい、キッズスペース、大塚家具、パン工房、おもちゃ店、ランチ店やアクアテラスとよぶ水辺のある公園も目の前。これまでに、「代官山T- SITE」(東京・代官山)、「湘南T-SITE」、大阪・枚方市)に次いで4店舗目となる「T- SITE」は若い世代の好みを最先端にとらえる街に進出してきたのですから、気になっていました。

このところ、我孫子に水の館がオープンする前後に、柏には多様な商業展開が進んでいました。
買い物に行くのには、市外にあまたの店舗があって事欠かない我孫子ですが、つまり、それは我孫子のお金が市外に流出してしまっている現象です。打開策は、簡単にできないですが、今あるものを上手く活用して、人を呼び込むことを考え出すことです。もし、市民一人が、三人でも知人、友人を誘ったら、10万人くらいは交流人口が増える、乗降客数が増えるなどとなるはず。来てもらえる話題づくり、ぶらり散歩に案内したい場所さえ認識していたら、色々な可能性が生まれるはずです。

mizunoyakata.PNG

GW中だったので、キャンパス駅周辺の小さな子連れのファミリーでいっぱい、通路もカフェも満員でした。
せっかくなので、世界のおもちゃ・ボーネルンドでフランス製だというオルゴールメリーを買いました。
友人の手作り兜が頭にちょこんと載っていますが、初孫(男児)は、まだお座りは出来ません。来年は、浜松の勇壮な子供の日の凧上げ大会を見に行く予定があるのだそうです。竹の子のように、ぐんぐん大きくなるのが楽しみです。

  (*^。^*) ok👌

CIMG2343.JPG




カテゴリ
日記(3399)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)