2017年04月17日

元気の出るスイッチオン

儀式というのは、心の準備をさせる点にも意味があるのでしょう。日本では、入学式、入社式の4月です。
  自分の心と体のスイッチを入れると言う効果もあるのだろうと思います。
 
 そこで、『脳と体の動きが一変する 秘密の「かけ声」』(藤野良孝・朝日大学経営学部准教授。青春出版社)に次のような、元気の出る話が書いてあったから、ご紹介です。

   ++++ ++++ +++++ ++++ +++

私は、体の動きと一緒に人々が発するかけ声を「スポーツオノマトペ」と呼び、研究を重ねてきました。もともと「オノマトペ」とは、「擬音語」と「擬態語」のことです。
私たちは力を入れてふんばりたいときによく声を出しますが、あれは実に理にかなった行動です。
「エイ!」という声を出したとき、出さないときで、握力を測定する実験を行ったことがありますが、実に10人中8人が、声を出したときのほうが握力がアップしていました。これまでオノマトペの研究を続け、アスリートや一般の人々を対象にさまざまな調査・実験を行ってきたところ、私は、こうしたかけ声が想像以上に私たちの脳と体にプラスの影響を与えていることを目の当たりにしてきました。

卓球の福原愛選手が試合中に「サーッ」という声を出しているところ、ハンマー投げの室伏広治選手がハンマーを投げるときに「ンガーッ」と声を出しているところに気づいたことがあるでしょう。 彼らは声を出すことで力が出たり、リラックスできることを、感覚的に知っているのです。

天皇陛下の執刀医で、心臓手術の名手として知られる順天堂大学の天野篤先生は、「ヨッシャーッ!」と叫んで、自分に気合を入れてから手術にのぞむそうです。 心と体を対戦モードに切り替え、やる気と自信を一気に高めるのです。

ですから、かけ声を言いながら体を動かすだけで、自分をいままでより上手にコントロールできたり、スポーツや趣味の苦手を克服することもできます。これが、暮らしの悩みがズバッと解決したり、人間関係をスムーズにすることにも応用できるのです。

例えば…「もぐもぐ」と、あごを動かして脳をだまし、疑似的に心と体を「何かを食べている」という状態にしてしまうえるのです。“噛む”という行為そのものが満腹中枢を刺激することは、科学的に証明されています。 結果的に、口の中に唾液が出てきて、空腹感がすーっとやわらぎます。他に、オノマトペを利用する叫ぶ瞬間、両手で握り拳を作って、ギュッと力を入れてみるのもいいでしょう。これは腹式呼吸の効果もあり、余分な緊張がとけ、肝が据わります。

笑顔を作るのが苦手な人は、ぜひ、「ニーッ」というオノマトペを使ってみてください。
このオノマトペは、「当たり前」と感じていても、本当に声に出して実践している人は少ないはずです。やってみればわかりますが、人間はイの母音を口にすると、必ず口角が上がって笑顔になります。ですから、頭で「ニーッ」とイメージするだけでなく、小さな声でいいので、実際に口に出してみてください。また、無理にでも口角を上げていると、表情につられて気持ちも明るくなってくるため、いずれ本当に自然な笑顔も生まれます。


元気の出るような「かけ声」。まるで、応援団のように自分に掛け声をかけてみてください。特に、片方の握り拳を天に突き上げるポーズをとりながら叫ぶと、より効果的です。このとき、顔も上に向けて、天を仰ぐような感じにするといいでしょう。 声と一緒に疲れなんか吹っ飛んでしまいます。
ニッコリ笑顔がでるような「かけ声」。
楽しい気分になれるような「かけ声」。
新年度を始めるにあたり、自分自身に「かけ声」を習慣づけると、新たな一歩が開けそうです。

posted by Nina at 09:56| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3393)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)