2017年04月10日

世界に誇れる日本観光、その美点とは

 世界経済フォーラムがまとめた2017年の旅行・観光競争力ランキングで、日本が世界で4位と前回15年の9位から大きく順位を上げた。07年の調査開始以来、初めてイギリス(今回、5位)、米国(前回4位)、豪州(7位)、イタリア(8位)を抜いて、過去最高の順位になった。

 価格競争力が大幅に改善したほか政府がどれだけ観光を重んじるかを示す項目でも大きく上昇。訪日外国人の増加を裏付ける結果だ。

 日本は「客の待遇」が前回に続き首位で、「おもてなし」への評価が高い。今回はさらに「チケットへのサーチャージ(加算金)・空港使用料」などが改善し、前回119位だった価格競争力を94位にまで押し上げた。「政府による観光産業の優先度合い」は16位と前回より大幅に上昇した。

 首位は2回連続でスペイン。歴年1位の観光の王者がテロの影響でランクを落として、それでも2位だった。観光立国宣言を小泉首相がぶち上げた時、日本のランキングは韓国、中国、香港よりも下位で、貿易立国一本槍から観光にもシフトするとの掛け声だったのだから、いい目の付け所だった。1千万人の観光客もいなかったのが、今は4千万人を目指す破竹の勢いに乗っている。今や、ランキング1位を目指しても、2020年のオリンピックもあるのだから、夢じゃない。

上位10カ国の顔ぶれは前回と同じで、欧州勢が半分超を占める構図が続いた。
 

参照:2/8【日経 ジュネーブ=原克彦】


つづき
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3499)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)