2017年03月09日

妊婦と伝統食の注意点

最近の魚にはメチル水銀の影響が言われるようになっており、食べる量に関して妊婦さんは注意しなければいけません。また、ヒジキに関しても、以前は、妊娠中に積極的に食べた方がいい食材でしたが、今では控えるべき食材になっています。毒性の高い無機ヒ素が含まれている点が、要注意です。これは他の海藻にも存在しているのですが、ヒジキには高濃度で蓄積されている点が心配されるようになりました。しかし、それは毎日継続的に大量にヒジキを食べ続けた場合に出る影響でであり、それについては厚生労働省は、その量は体重50sの成人なら毎日4.7g(1時間水で戻した状態なら42g)以上を食べ続ける量で注意を促しています。小鉢のヒジキの煮物を週1〜2日食べるくらいなら問題ありません。実は、ヒ素は、自然界に広くあり、有機ヒ素と無機ヒ素に分かれます。有機ヒ素はさしたる影響がないものの、無機ヒ素は、一度にまたは短期間に大量に体内に入ると、発熱・下痢・嘔吐・脱毛などの症状が出たという報告があります。魚類や海藻類にはヒ素が多く含まれていますが、これらの食品に含まれているヒ素の多くは、体に比較的影響がない有機ヒ素のほうです。一つの知恵は、ヒジキを戻したり、煮る際に水を取り替える、煮こぼすことで減少させられるという点です。

一方の魚に含まれている水銀は、一般の大人の場合は摂取しても、時間をかけて体外に排出されます。ところが妊婦さんが魚を通して水銀を摂取すると、お腹の小さな胎児に運ばれ、先天性異常を引き起こす可能性が出る可能性があります。日本では妊婦だけに勧告が出ていますが、欧米諸国では乳幼児や子どもにもメチル水銀の摂食の基準値を設定している国が多くあります。

国は05年、海外の研究を基に、妊婦に対しメチル水銀の1週間当たりの摂取許容量を体重1キロ当たり100万分の2グラムと決めています。厚生労働省はこれに基づき、クロマグロの摂取は週80グラム未満とするなどの目安を示しているので、母親学級などで妊婦さんには注意を促しています。

そこで、注意しなければいけない魚は、水銀を多く含んでいる魚の区分です。厚生労働省は妊婦さん向けに、水銀含有量から見た「特に注意が必要ではない魚」と「注意が必要な魚」を以下のように紹介しています(※1)。

魚好きの多い、我が国ですが、たっぷり食べたいマグロは、一週間に5貫以下に抑えることをおすすめします。

●注意が必要な魚(刺し身なら1人前、切り身なら1切れが約80グラム は許容される)

クロマグロ(本マグロ)、メバチマグロ、ミナミマグロ、メカジキ、キンメダイ、マッコウクジラ、キダイ、マカジキ、ユメカサゴなど

食物連鎖の関係から、大型の魚ほど水銀含有量が高くなる傾向にあります。つまり、優良な蛋白源である魚なのですが、妊婦さんが食べた方がいい魚は、水銀含有量が少ない魚です。

ツナ缶は水銀含有量が少ないキハダマグロ、ビンナガマグロ、カツオが使われていることが多いため、注意が必要ではない魚として紹介されているようです。

●特に注意が必要ではない魚
キハダマグロ、ビンナガマグロ、メジマグロ、サケ、アジ、サバ、イワシ、サンマ、タイ、ブリ、カツオ、ツナ缶などの中型魚から小型魚を食べましょう。


妊婦さんは、お寿司やお刺身は控えるようにというのは、こうした水銀の影響の他、食中毒やリステリアという細菌がいることがあり、これを妊婦さんが食べることで体内に入れてしまうと、最悪の場合流産や死産に至ってしまうからです。リステリアを死滅させるには、火を通すことが有効です。生の魚を使う寿司や刺身は避け、しっかり加熱されている魚を食べるようにしましょう。海外の研究で、男児の方が影響を受けやすいことが知られています。

1000人の集団の場合、メチル水銀の影響がなくても、知的障害と判断される子が23人程度生まれることが経験的に分かっています。メチル水銀を多く摂取した結果、ベイリー検査の点数が約5%下がることは、これが約2倍の48人程度になるリスクが生じることに相当するといわれます。子どもの発達には遺伝や教育など、さまざまな環境要因も大きく影響します。また、低濃度のメチル水銀と子の脳の発達の関係は未解明のことが多いのです。個々の子に知的障害が疑われる場合、メチル水銀が影響したかどうかは判別できないのが現状です。

なお、最近は水銀は地殻や土壌に含まれ、火山噴火や石炭の燃焼、金の採掘などに伴って排出され、これが水中や土壌中で微生物の働きなどによって化学変化し、メチル水銀が生成されるという関連がわかっています。海水にも含まれ、食物連鎖によって徐々に濃縮し、上位に位置するクロマグロなどで濃度が高くなると認識されています。

参照: 毎日新聞http://mainichi.jp/articles/20161128/k00/00m/040/119000c#csidxf256f626f04fd6c8369418ce5daaff6
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3399)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)