2017年01月18日

国会召集、首相は常に改憲を視野に

 第193通常国会がはじまる。今国会では共謀罪(テロ等準備罪)や天皇陛下の譲位(生前退位)などが主な論点として浮かび上がっていますが、政府・与党はこれに加え、「改憲」を議論の俎上に上げようと躍起になっています。

 安倍総理は、20日の施政方針演説で改憲に言及。それぞれの政党が、日本をどういう国にしていきたいのか、自分たちの理想の姿を憲法にどう書いていくべきか、具体的な議論をと挑んでいる。具体的な提案を出すことは国民の批判を受けるが、責任を持って示していくことが政党の責任ではないか。

 まったく、考えないのは言語道断だが、いかに敗戦後に覚悟したかは考えず、世界の変化を理由に改憲ばかりに目を向けていくのでは、結局は安易に流れるだけである、日本人としての歴史の概観をしっかりもっていく現代史の教育をしていくことが軽んじていないか。

posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3393)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)