2017年01月15日

食べ過ぎ、飲みすぎに注意

七草も過ぎて、お正月の飲みすぎ、食べ過ぎが気になります。暴飲暴食は肝臓良くない影響を与えます。肝臓病が疑われ出したら、良い食事・食品を心掛け、タウリンを含む食事・食品を増やすべきです。

タウリンには、酵素の働きを助ける働きがあるので、アルコールの分解を早め、肝臓への負担を軽くしてくれます。タウリンには、腎臓や肝臓の有害ミネラルである毒素を濾過する機能をUPさせてくれます。特に、カキに含まれるタウリンは、肝臓に溜まった中性脂肪を肝臓の外に出してくれ、そして脂肪肝を良くする働きがあるのです。つまり、タウリンが肝臓に入ると、まず肝臓内の中性脂肪を取り除き、さらに肝臓から脂肪を外に排出する働きをしてくれます。タウリンを含む食品を摂取するによって胆汁酸の分泌が増え、血液中のコレステロール値も下がります。

肝臓の病気の原因は、アルコールだけに限りません。脂肪分の多い食事や食べ過ぎ、運動不足、肥満などによっても起こります。1日に換算して30分強運動を続けた場合は、肝臓の脂肪が減る効果が大きくなる。週に250分以上運動したグループは、善玉コレステロールや肝臓の炎症を防ぐ物質が増えていることが分かった。肝臓を回復させるため、たどりついた食事とは、出来る限り多くの食材を使うようにすることだったそうです。

さまざまな食材の組み合わせのキーワードは「まごわやさしい」。

•「ま」は、豆類。
•「ご」は、ゴマ類。
•「わ」は、わかめなど海藻類。
•「や」は、野菜類。
•「さ」は、魚(魚介類)。
•「し」は、しいたけなどきのこ類。
•「い」は、いも類。

脂肪抑え目でミネラル・ビタミン・繊維質が多く、脂肪肝の治療になると考えられるそうです。
肝臓を回復させるため、たどりついた食事とは、出来る限り多くの食材を使うこと、
脂肪抑え目でミネラル・ビタミン・繊維質が多く、脂肪肝の治療になると考えられるそうです。

posted by Nina at 00:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3398)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)