2016年10月25日

遺骨収集を戦後80年までに

 国会中継をみることが良くあるが、先日はたまたま、有村治子議員(自民党、滋賀県選出)が、「戦没者の遺品が日米のネットオークションに出されている。対応は?」、との質疑が展開されているところだった。

 当然、戦争で各地に残された遺品は単なる物ではないが、こういう物までもインターネットを介して売買されてしまう時代なのだと知った。有村議員によると、自主規制の要請ができないものかと、滋賀県遺族会の方から相談があったという。特定商品取引への規制という範疇で規制の方法を探れるのではと、若い女性議員ながらも、戦中戦後派の人々の話にもしっかり耳を傾けて対応しているのが分かった。

 更に、有村議員の質問は、北方領土のこと、シベリア抑留者への対応についても、歴史をさかのぼって検証し、質疑を深いものにしており、進まぬ日露の戦後処理について、久々の若き論客として頼もしく思えた。日本のように、第二次世界大戦の戦没者の遺骨取集が進まない国はない。なにぶん、イタリアも、ドイツも降伏した時点でも早いし、大和魂などと上層部が民間人を巻き込んで返り見ない精神論がないからだろう。日本は、本土決戦まで覚悟し、兵隊たちにも虜囚の辱めを受けずと命を惜しまず「勝つまで闘う」という肉弾戦をに若者を追い込んだ。多くの尊い命が散ったが、しばらくはその数すらうやむやにしていた。

 誤った判断、絶対に国体を護るという条件を引き出そうと交渉が長引き、ついには原爆の投下という最悪のシナリオに突き進んでしまった。子供たちは、食糧難で雑草までも食べているだのはいい方で、両親を亡くして、親戚すらも頼るところがない戦争孤児も多かった。遺骨は、今もって、野ざらしに置かれいる。これまでは遺族が、収集活動の中心になってきたが、高齢化しており、今後は戦後80年までには収拾を終わらせるよう国家的な対応が迫られる。

我孫子市では、毎年、戦没者追悼式を行います。
今年は、11月26日(水)10時半〜 湖北公民館 
ご遺族の方だけでなく、一般の方の参列もご自由にしていただけます。
申し込み不要、直接会場においでください。平服で結構です

問合せ 我孫子市社会福祉化 7185-1111(内線 649)

なお、戦後70年・我孫子市平和都市宣言30年記念平和事業の一環として、市民の方から寄せられた戦中・戦後の体験や、平和について思うこと、我孫子市の平和事業などを綴った『戦後70年記念誌〜祈り〜』が、本年に刊行されました。海津にいなも寄稿しています。

記念誌は、PDFファイルにて、市のホームページより閲覧できるほか、市役所の行政情報資料室や図書館(我孫子・湖北台・布佐)、近隣センターでご覧いただけます。


つづき
posted by Nina at 10:23| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3467)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)