2016年08月20日

憲法は誰が書いたのか

 8月15日、ジョセフ・バイデン米副大統領がペンシルベニア州スクラントンで開かれた民主党大統領候補のヒラリー・クリントン氏の集会に初めて参加、そこで行った演説には「日本国憲法」に関する重要発言が含まれていた

 しかし、今もってこの重大発言に対する反応が日本国内で殆どないのは不思議だ。

共和党大統領候補のドナルド・トランプ氏はかつてインタビューの中で「日本が在日米軍駐留経費を全額負担しないと言うのであれば、日本は自力で国を守るべきだ。そのために核兵器を保有するというのであれば、それはそれで結構だ」といった趣旨のこと語った。それを念頭に置いて、バイデン副大統領は次のように述べた。

「トランプ氏は、私たちが書いた日本の憲法で(日本は)核兵器保有国にならないことを理解していない」

正確を期するために原文に当たってみる。「Does he not understand we wrote Japan’s constitution to say they couldn’t be a nuclear power?」
―― バイデンは「私たち(米国)が書いた」と述べている。

 たとえ政治集会での発言だとしても、現職の米国福大統領が「私たちが日本国憲法を書いた」と表現するのは極めて異例というか、僭越というか、公的な発言としてみると困惑を招くものだ。
drafted(下書きした)というのでなく、wrote(書いた)と明言している。
「じゃあ、傀儡政府だったのか」ということにもなりかねない。つまり、日本国憲法の制定を巡る大論議に再び火を付ける重大発言といえる。

それを受けた形で、米紙ウォールストリート・ジャーナルのピーター・ランダーズ東京特派員は17日付の同紙で、(同発言が)日本国内に戦争放棄を謳った現行憲法改正論を惹起しつつあるとも報じている。

 ところが不思議なことはあるもので、国内メディアは、護憲派からバイデン発言に対して強い反発があったとも聞かない。安倍首相のような改憲派から「占領軍の押し付け憲法」をいよいよ変えるべしとの強気コメントも見当たらない。

 安倍晋三首相はまごうことなき憲法改正論者である。その根底には、日本の戦争放棄を謳った憲法9条の成立過程について、連合軍最高司令部(GHQ)から押し付けられたものであるとの認識にもとづいている。なにぶん安倍首相の敬愛する祖父・岸信介元首相の強い影響だといわれ、世間もしっている事実だ。

 その経緯は、今夏刊行の『吉田茂と岸信介―自民党・保守二代潮流の系譜』(安井浩一郎・NHKスペシャル取材班著。岩波書店)に詳しい。安井ディレクターは、岸信介氏が1948年12月に巣鴨プリズンから釈放されてから53年4月に政界復帰するまでの期間、故郷・山口県田布施町に隠遁していた当時の後援会小冊子に岸発言が収録されていることを発掘、単行本化するに当たって同書にこう紹介している。

「憲法は云ふまでもなく独立国の拠つて以て立つ根本法である。現行の憲法が占領下に於て時の占領軍の最高司令官から押し付けられたものであり、原文が英語で書かれた翻訳憲法であることは今日では公知の事実である。斯くの如き憲法を持つて居る独立国は古今東西に其の例を見ざるところである。」(原文ママ)

 まさに岸信介氏は議席を得た後の54年3月、当時の自由党内に発足した憲法調査意会の初代会長に就任する前から「現行憲法はマッカーサー=GHQの押し付け」という認識を抱いていたのだ。そして、安倍首相はそれを継承している山口県民だ(?)。岸は満州国総務庁次長、から戦犯被疑者としての獄中、そして無罪放免後、極東御裁判をみつめつつ、政治界に君臨するまでになる。沖縄本土復帰によりノーベル平和賞を得た佐藤栄作は養子先の姓。

麻生首相の朋友とされる麻生太郎元首相は、言わずとしれた吉田茂の孫にあたり、自由民権派の泰君・大久保利通につながる家系だ。吉田首相は「国民自らが戦争の放棄を願った」その結果を憲法にしたと主張したのだ。

 両雄引き合うところはあるものの、「安倍1強」の自民党内の保守派・改憲派から今回のバイデン発言に関してのコメントがまったく聞えてこないのは、マスコミの怠慢なのか、一体全体なぜなのか。

 理由があるとしたら、先の天皇陛下の「お気持ち」表明に込められた生前退位の問題が、事実上の政治イシューとなったからだ。憲法に触れる皇室典範の処理をどうするか、即時答えをだすことができない?

 当面、日本国憲法の成立を巡る「神学論争」を避けたいというのが、安倍官邸の本音なのだろう。
 9月下旬召集の臨時国会で改憲論議をするため、皇室典範改正・生前退位問題の議論を分離して臨むことにして、改憲へGO!かもしれない。


参照:現代ジャーナル(歳川 隆雄)
posted by Nina at 09:38| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3540)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)