2016年07月30日

女性が政治的意思決定の場に登場する

 29日、民主党全国大会で、初の女性大統領候補として指名を受けるTV中継を観た。大統領候補指名争いの対立候補だったサンダース氏は、これまで掲げてきた気候変動への対策や医療制度の改革、最低賃金の引き上げといった政策が草案に盛り込まれることで、ヒラリー・クリントンを支持とになった。

 今回の大統領選挙は、初の女性大統領が誕生するかどうか、グラス・シーリングと言われた女性にはだかる見えない壁、そのもっとも分厚い壁を打ち破れるかだ。そして、元大統領クリントンがFirst first-husband になるか、興味津津。
挑戦することを諦めないヒラリーの根幹をつくたのは、ヒラリーの母親の言葉だった、そして今のヒラリーは娘にも期待されているのだと、分かった。

 後半、ヒラリー・クリントンは核をボタンをトランプ候補ににぎらせる事は危険だと主張した。テロや暴力とはきちんと闘う。それは、持つべきでない対象に銃や武力をもつことを許さないのだと明言した。

 日本は首都・東京で知事選の結果が間もなく決定する。
何か、変る潮目にいるのかもしれません。

我孫子にムーブメントを起すにはどうしたらいいか、
まだまだ、これからの進展を楽しみにしたい。

posted by Nina at 01:54| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3507)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)