2016年06月06日

6月議会に注目

海津にいなの登壇日程と質問内容は下記でご覧になれます。

質問日程 6月15日(水曜日)午前10時より二番目
http://www.city.abiko.chiba.jp/shisei/shigikai/teirei_rinji/h28dai2kai6gatsu/ippansitsumon.html

質問要綱
http://www.city.abiko.chiba.jp/shisei/shigikai/teirei_rinji/h28dai2kai6gatsu/ippansitsumon.files/shitsumon-youkouH28.6.pdf

傍聴はどなたでも、お気軽にいらしていただけます。
(予約、身分証明なども要りません)
市役所本庁舎の奥に市議会棟があります。外階段から傍聴席に入室、またはその入り口のモニター画面でご覧になれます。飲食、雑談、声援、拍手は厳禁、録音・録画のため御静粛にてお願いします。
これまで、議会場には国旗、市旗の掲揚はありませんでしたが、9月より議長席頭上に掲示の予定です。

:::: 海津にいな 質問詳細 ::::::::
1水道事業への理解

 「あび水」との愛称で呼ばれるようになったペットボトルの誕生には、以前の道局長に我孫子の水道水のPRのため、ボトリングを進言したことがあり、「ボトリング企業がないので、研究します」との答弁から、しばらくしてペットボトル化の実現がされたことは、「言ってこそ!」だと、市議である言葉の重みを感じた時でもあった。
http://kaizublog.seesaa.net/article/51601005.html

新人議員が多数当選した時期であったので、新人同期で勉強会をもち、湖北台の上水処理施設などを視察、湖北水系においては地下水をくみ上げ、オゾンを利用して高度浄水処理をおこなっているのを誇らしく見せて
もらうなど、水道局職員からの丁寧な説明にも、関心したものだった。
 
「我孫水」(500ミリリットル)は、地下200メートルから汲み上げた地下水を湖北台浄水場で高度浄水処理した水道水に、加熱処理などを行いペットボトル詰めした。災害や緊急時等の飲料水として20,000本を備蓄していたため、東日本大震災で水道水から放射能が検出された際には、乳幼児のいる家庭に職員が配布することができた。

 ひところ、水道水の残留塩素、トリハロメタンについて、市民からは心配の声が多くあり、水道水離れがおきた。そこで、市民生活に直結する我孫子の水道水の向上と水道水の安全な使用を普及していきたいと願ってきた。 昨年から北千葉水系も、高度浄水処理水となった。湖北台浄水場では市内10か所にある深井戸(取水井)から取水してきたが、現在までに質、量など変化はみられないのだろうか。

 消毒の残留効果については連続自動水質監視装置及び浄水場出口において、常時測定・監視、この装置では、水道水の「色度」、「濁度」、「残留塩素濃度」、「水温」及び「水圧」の5項目について連続的に計測する。ただし、残留塩素は毎月検査。水質管理目標設定項目は年2回検査するなどをしているとうことだ。市民に分かりやすく、我孫子の水道水を利用を進めてもらうように、それが利用料金を安定させることに繋がるとの納得につながるようにしていきたい。水質、特に市民が気にする塩素濃度など、飲料水としての安全性理解、親しみやすさPRの工夫は、どのようにされる。

 当然のことながら、水道水は、飲み水だけでなく洗濯、風呂、トイレと毎日使用するものだ。このことは、使用量の水道メーターの増加の有無によって「高齢者、独居の安全確認」に利用するなどが可能だ。すでに自治体によってはそうした取り組みが行われてきている。東葛一高齢化率が高いとも言われる我孫子市も、このような先駆的な事例を研究して、取り組むことはできないか。

つづき
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3399)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)