2016年05月27日

米大統領広島訪問、約17分歴史的なスピーチ

 現職のアメリカ大統領として初めて、オバマ大統領が広島を訪れた。
平和公園を訪れ、原爆慰霊碑に向かう、オバマ大統領は 安倍首相と言葉を交わしながらも、厳しい表情で歩き、何か決意のようなものがうかがえた。そして、午後5時半
 現職のアメリカ大統領が、初めて原爆慰霊碑の前に立った。

 原爆の犠牲者たちが眠る広島平和記念公園の平和の碑の前にある献花帯に、花輪をささげ、スピーチを行った。オバマ大統領は、被爆者も見守る中、彼らが71年前に失った、かけがえのない日常にに触れて話を始めた。

「よく晴れた雲のない朝。空から、『死』が舞い降り、世界が変わってしまいました。閃光と炎の壁によって、町が破壊されました。わが国のような、核保有国も、恐怖の論理から逃れ、『核兵器のない世界』を追い求める勇気を持たなければなりません。私が生きている間には、この目標は達成できないかもしれません。しかし、たゆまぬ努力で、迫り来る大惨事の雲を晴らすことができます」と述べた。

 さらに言葉をつづけ、「だからこそ、私たちは、広島に来るのです。そして、自分の愛する人々に、思いをはせるのです。朝一番の子どもたちの笑顔。愛する人と食卓を囲む、安らぎのひととき。両親からの抱擁。そのかけがえのない瞬間が、71年前のこの場所にもあったのだと思い知らされます。人々は、戦争を望んでいません。科学の力を、人々の生活を消し去るためではなく、向上させるために使ってほしいと思っています。各国のリーダーたちが、その選択をしたときに、広島の教訓を生かすことができます。きょう、この町の子どもたちは、1日を平和に過ごしています。尊く価値あるものです。そして、それは、全ての子どもたちに与えられるべきもので、それは、わたしたちが選択できる未来です。広島・長崎は、未来にわたって、核兵器の夜明けではなく、道徳的覚醒の始まりとして、記憶されるでしょう」と述べられた。

 オバマ大統領のスピーチは、当初、5分程度かとみられていたが、およそ17分に及んだ。 歴史的なスピーチは、まだ未明のアメリカでも、生中継で伝えられた。 安倍首相が5分ほど演説後、オバマ大統領は被爆者代表の坪井 直(当時20歳)さんのもとにに進み、言葉を交わしながら初めて笑顔をみせた。
坪井さんは、取材陣に尋ねられて「人類の幸せは、未来志向がどうなるかによって(変わる)。そんな話をした。大統領になったばかり、チェコのプラハでスピーチした、あなたの『核兵器のない世界を作ろう』。そのことはね、今もわたしに脈打っていますよと。だから、あなたが、(来年の)1月に辞められても、広島へ来てくださいは言いましたよ。まだ、頑張らないといけません。われわれもね、被爆者団体も、一緒にね」とかくしゃくとした様子で決意を伝えながらも、ユーモアも忘れない。

 また、自らも被爆者で、被爆したアメリカ兵の調査を行ってきた森 重昭さんは、積年の思いがこみ上げたようで絶句され、涙で声をつまらせると、大統領が肩を抱き励ますというような場面もあった。投下した国のリーダーと被ばくした国のリーダーが被災地・広島で隣り合わせて並ぶのを同時中継でテレビで見た。

 核なき平和を日米両国の首脳が世界に誓った歴史的な瞬間だった。米国は核を保有したまま、他国に核の放棄を求めて、日本も原子力の平和利用だとも言いながら原発を各国に売り込んでいる現状ではあるが、71年目にして被爆者の想いを両国首脳が受け止めて向かうべき方向を明確に宣言したことは重要だ。



posted by Nina at 00:00| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3651)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)