2016年05月15日

赤坂離宮(迎賓館)の通年一般公開 4/19より

迎賓館赤坂離宮では、この4月より、政府のVIPをお迎えするのに支障のない範囲で、通年公開されることになった。政府はインバウンド(海外観光客)を増やそうとの意図が大きく観光を重視しており、日本理解を進めるにも迎賓館を観光スポットとしても活用しようとのことだという。インバウンドの増加目標は大幅に前倒しし、2020年に4000万人!2030年に6000万人!!と決めたと30日発表からも、拍車がかかった。

毎月第三日曜日10-12時、英語で異文化コミュニケーション(CCC)する会を行っている(どなたでも@孫子北近隣センター第一会議室)ので、今回はオバマ大統領の広島訪問についても話をした。識者によると、与党勝利は確実となっていき、さらに日銀の追加緩和、財政出動による景気株価押し上げを待って、12月に衆議院選挙もあるのではないかとの情報すら出てきているようです。

 我孫子から国会議事堂だけでなく、迎賓館へも赤坂見付、表参道、霞が関駅などから、ダイレクトで行けるのだから、外国人観光客にも、我孫子に宿泊したらと、PRしたらどうだろうか。英語だけでなく、中国語・韓国語も対応していただきたい。とはいえ、我孫子市役所のネックが外国語だ。いくらなんでも、海外のHPをくくる時にローマ字が限度だ。このろころの地元の学校に関しても小中一貫教育を進めるといいながら異文化理解講座の時間を減少させており、外国語の授業に関してもALT(外国人補助教授)の質を高めるものの、授業日数は増やすことない。何か、我孫子教育のウリにできる特色ある教育をプログラムしないと待機児童だけでは心もとないと思う。

 
 つづき
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3502)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)