2016年05月09日

「一人暮らし高齢者の動向」(内閣府の2015年版高齢社会白書)【時事通信社】 餓死、孤独死、自治体で対応する課題に

年に一度、委員会視察というのが行われる。今回は新潟県糸魚川市と長岡市ということが3月議会で承認されて、議会費で実施の運びになった。それでも、今回から食事代も含まれるが2000円を自己負担で追徴ということが今回に申し渡されて出発となった。
 
 最近に、孤独死をまとめた時事通信の記事を目にして考えさせられていたので、視察の折に女性議員らと話をしたりした。誕生と同時に人の死は誰にも避けがたいリアリティーだ。連休明けすぐに、委員会での視察であるが、次なる課題にむけて研鑽し、男性議員たちとも話を深めたい。もっとも、子育て世代は男性議員だというのが実情、高齢化問題はむしろ女性問題なのだろう。

::::::::::::::::::::
 核家族化や少子化、生涯未婚率の上昇などを背景に、誰にもみとられることなく自宅で死亡する「孤独死」が急増している。2015年中の全国の死者数は概ね130万人。孤独死は年間3万人程度と推計されている。ところがこうした看取られず放置されての孤独死は、高齢者に限ったものではない。

 A市では12年2月、60代の夫婦と30代の息子とみられる男女3人がアパートで死亡し、死後約2カ月後に発見されるという事件が発生し、大きなニュースとなった。3人の部屋は電気やガスも止まった状態で、室内で見つかった現金は1円玉数枚のみ。冷蔵庫に食料品はほとんどなく、餓死した可能性が高い。しかし3人は市に住民登録しておらず、生活保護の申請もしていなかった。この事件を契機に、「支援が必要な状態であっても自らSOSのサインを出さない、あるいは出せないような状態(取り立てに合っているなど)の要支援世帯を早期に発見することが重要」(担当課)と、孤立状態にある人の異変を早期に発見し、通報するためのガイドライン作成など孤独死防止対策を推進している。担当課によると、15年4月−12月にガイドラインに沿った通報が15件あった。その中には、通報を受けて駆けつけた市の職員が、衰弱した状態で部屋の中にいた住人を発見。すぐに救急搬送し、一命を取り留めたケースもあったという。

 内閣府の高齢社会白書(15年版)によると、一人暮らしの65歳以上高齢者の数は、1980年は88万人だったのに対し、2010年には479万人に増加。2035年には762万人に達する見込みだ。65歳以上の男女を対象とした同府の調査(14年度)では、「孤独死を身近に感じるか」の質問に対し、14.5%が「とても感じる」、30.1%が「まあ感じる」と回答した。国立社会保障・人口問題研究所の推計(14年4月)によると、35年には一人暮らしが1845万世帯に達し、全世帯(4955万世帯)の3分の1以上になると予想しており、今後も孤独死の増加は避けられない見通しだ。

 「孤独死はもはや身近な問題」「これからは孤独死が『スタンダード』になる」と専門家らも口を揃える。社会として、また個人として、孤独死にいかに備えるべきか。実例や有識者の話を基に考えた。

 なお「孤独死」の言葉に関しては、公的、統一的な定義がなく、研究者や団体によっては「孤立死」などを使うケースもあるが、ここでは「誰にもみとられることなく死亡し、一定期間を経て発見されるケース」の意味で、「孤独死」に統一した。(時事通信社・沼野容子)

孤独死のなかでも親族が引き取りを拒否した遺体は、どうなるのか。
 「墓地、埋葬等に関する法律」は、「死体の埋葬または火葬を行うものがないとき、または判明しないときは、死亡地の市町村長が、これを行わなければならない」と定めている。埼玉県内のA市では、生活保護法の規定などに準じ、市が選定した葬祭業者が@遺体の搬送(医療機関、警察署から遺体を引き取り安置する場所まで搬送。安置した場所から火葬場へ搬送)A死亡診断書、死体検案書の受領B死亡届の提出C火葬の予約D遺骨の搬送−などを行っている。

 ちなみに同院の2014年統計によると、23区内の孤独死は男性が3091人(65歳以上は1778人)、女性が1375人(同1107人)。孤独死の件数は男女で大きく違う。また女性の孤独死は67.6%が0−3日で発見されているのに対し、男性は0−3日が46.4%に止まり、4−7日が18.8%、8−14日が13.3%、15−30日が11.6%に上る。

つづき
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3502)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)