2016年05月31日

ご案内:天山会 書展 

6月11日〜14日 午前10-午後6時(最終日4時まで)
イトーヨーカ堂北口店(旧エスパ)3F 市民プラザギャラー 

tennzann.jpg

S1100026.JPG

S1100013.JPG

海津にいなの作品、「無依道人(むえどうじん)」、「扇面 鶴」も出品しますので、どうぞお立ち寄りくださいませ。

 
posted by Nina at 18:09| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

市と東京電力の双方が和解案を受諾

市と東京電力の双方が和解案を受諾しました

原子力損害賠償紛争解決センターから提示された和解案について、市は、これを受諾する旨を平成28年4月6日に同センターに回答しました。

また、翌4月7日に、同センターから東京電力が和解案を受諾したとの連絡がありました。

市と東京電力の双方が和解案を受諾したことにより、市は、平成28年6月市議会に和解に関する議案を上程する予定です。

原子力損害賠償紛争解決センターから和解案が提示されました

平成28年3月24日に、東京電力への賠償請求についてあっせんを申し立てていた原子力損害賠償紛争解決センターから、市と東京電力に和解案が提示されました。

市が申し立てた損害項目のうち、事業費はほぼ全額が東京電力に支払義務のある損害と認められました。

人件費については、「放射能対策に係る時間外勤務手当及び管理職特別勤務手当」の約80%が損害と認められましたが、残りの約20%は放射能対策と関係のない勤務に要したものと判断され、「放射能対策室職員の勤務時間内人件費、報酬等」は、全額が損害とは認められませんでした。

なお、和解案には、清算条項のなかに「本和解に定める金額を超える部分につき、本和解の効力が及ばず、申立人が被申立人に対して別途損害賠償請求することを妨げない」と明記されており、和解案を受諾しても、損害と認められなかった人件費について改めて請求することができます。

同センターからは、和解案の諾否について4月7日までに回答するよう求められており、顧問弁護士に相談した結果、概ね妥当なものと判断できることから、現在、市はこれを受諾する方向で検討しています。

市と東京電力の双方が受諾した場合は、平成28年6月市議会に和解に関する議案を上程される予定です。
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

ポジティブシンキング

樺旦純 『逆発想の心理術』日本文芸社

アイデアは、思いついたときに書き取らなければ消え去ってしまう。
物みなすべて、メモがとられていないものは、存在しないも同然といえる。

「理性的な判断ではばかばかしいようなことでも、メモをしておくと、一週間後には、他との連想で意味をもってくることが多いんですね」

あなたも、毎日とはいわないが、周囲に一度くらいは、自分のメモをながめると、意外な「ひらめき」を得られるかもしれない。

好奇心が旺盛な人は、知らないことや、珍しいことなど、自分の専門外のことにでも興味や関心を抱く。
好奇心旺盛な人は、役に立とうが立つまいが、ムダになろうがなるまいが、雑多なことに興味関心を抱き、話したり、メモに留めたりをする。

ムダなことや、とうてい役に立ちそうもないことを面白がる人は、向学心にあふれ、引き出しが多くて面白い人が多い。 損得や、効率で動いていないからだ。人生を楽しそうに、ポジティブに生きていける。

そして、好奇心のあるなしは、年齢に関係ない。
ムダなことやばかばかしいことを面白がるといいらし。

posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

時代が、評価を変えるとき

1928年6月14日、チェ・ゲバラはアルゼンチン第二の都市ロサリオで裕福な家庭に生まれる。
未熟児として生まれ肺炎を患い、2歳のとき重度の喘息と診断された。しかしラグビーなど激しいスポーツを愛好し、プレイ中に発作を起こしては酸素吸入器を使用し、また試合にもどっていた。重度の喘息は彼を生涯苦しめた。ボリビアの闘争で銃殺刑(39歳)となったが、その後、政権が代わり、キューバとボリビアの合同捜索隊により、死後30年にして遺骨がボリビアで発見され、遺族らが居るキューバへ送られた。キューバではゲバラの「帰国」を迎える週間が設けられ、遺体を霊廟へ送る列には多くのキューバ国民が集まった。遺体は霊廟に葬られた。特にボリビアでは「イゲラの聖エルネスト」と呼ばれ聖人同然の扱いである。ゲバラが最期を迎えた小学校は現在記念館として開放されている。

1948年 ブエノスアイレス大学医学部に入学、アレルギーの研究を志す。
1950年 北部アルゼンチンをモペッドで単独走破。1952年 南米旅行の最終地点ベネズエラのカラカスで、アルベルトと別れ帰国して医学部を卒業することを決意。1953年 通常6年の課程を3年で終え、医師免許を取得。ペロンの独裁政権下のアルゼンチンを離れ、ボリビアで農地改革の現実を目撃。それまで虐げられてきたインディオが解放され、かつてないほど自由な雰囲気が漂っているのに大きな衝撃を受けた。その後ペルー、エクアドル、パナマ、コスタリカ、ニカラグア、ホンジュラス、エルサルバドルを旅行し、ハコボ・アルベンス・グスマン時代のポプリスモ(社会主義とする見方もある)政権下のグアテマラに行き着いた。グアテマラで医師を続ける最中、祖国であるペルーを追われ、グアテマラに亡命していた女性活動家のイルダ・ガデアと出会い、共鳴し、社会主義に目覚め、急速にのめりこんで行くとともに、1955年 イルダ・ガデアと結婚。イルダ・ガデアの紹介で亡命キューバ人と知り合う。
1954年 グアテマラ政権がクーデターで倒され、怒りとともにメキシコに亡命。
1956年 長女イルディタ誕生。メキシコ亡命中のフィデル・カストロ、弟のラウル・カストロと出会い意気投合、従軍医として反独裁闘争に参加することを承諾。政府軍との戦闘の中でその忍耐強さと誠実さ、状況を分析する冷静な判断力、人の気持ちをつかむ才を遺憾なく発揮し、次第に反乱軍のリーダーのひとりとして認められるようになっていった。グランマ号(10人乗りのヨットに82人)でキューバに上陸(12月2日)、以後25ヶ月間におよぶゲリラ戦に従軍。
1957年 反乱軍第2軍(75名)の指揮官(少佐)、少佐の階級章(一つ星)をつけた黒のベレー帽は後年チェのシンボルマークとなる。ベレーには上下を逆にした騎兵章(交差したサーベル)を付ける事もあった。
1959年 バティスタが国外逃亡しキューバ革命成立。キューバの国立銀行総裁に就任。イルダ・ガデアと正式に離婚し、志願して来たのを迎え入れて以来副官同然だった同志、アレイダ・マルチ・デ・ラ・トーレと結婚し4児をもうける。アジア・アフリカの親善大使として来日、12日間滞在した。

このとき、大阪の視察の際に、広島が遠くない事を知り、翌日、神戸の川崎造船所を視察した後に、予定を変更してオマール・フェルナンデス大尉とマリオ・アルスガライ駐日大使を伴って全日空機で岩国空港に飛んだ。広島県職員案内の下、広島平和記念公園内の原爆死没者慰霊碑に献花し、原爆資料館と原爆病院を訪れたほか、広島県庁を来訪し、当時の広島県知事だった大原博夫と会談]。娘のアレイダ・ゲバラも2008年5月に原爆死没者慰霊碑に訪れている。このとき、広島市の原爆資料館を訪問し、「アメリカにこんな目に遭わされておきながら、あなたたちはなおアメリカの言いなりになるのか」と語っていた。

気さくな人柄、勤勉で勉強家だった彼は、農民たちにも、やあ(スペイン語で「チェ」)と気軽に声をかけてて、合言葉のようになっていたため、彼の名称になったという。
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

米大統領広島訪問、約17分歴史的なスピーチ

 現職のアメリカ大統領として初めて、オバマ大統領が広島を訪れた。
平和公園を訪れ、原爆慰霊碑に向かう、オバマ大統領は 安倍首相と言葉を交わしながらも、厳しい表情で歩き、何か決意のようなものがうかがえた。そして、午後5時半
 現職のアメリカ大統領が、初めて原爆慰霊碑の前に立った。

 原爆の犠牲者たちが眠る広島平和記念公園の平和の碑の前にある献花帯に、花輪をささげ、スピーチを行った。オバマ大統領は、被爆者も見守る中、彼らが71年前に失った、かけがえのない日常にに触れて話を始めた。

「よく晴れた雲のない朝。空から、『死』が舞い降り、世界が変わってしまいました。閃光と炎の壁によって、町が破壊されました。わが国のような、核保有国も、恐怖の論理から逃れ、『核兵器のない世界』を追い求める勇気を持たなければなりません。私が生きている間には、この目標は達成できないかもしれません。しかし、たゆまぬ努力で、迫り来る大惨事の雲を晴らすことができます」と述べた。

 さらに言葉をつづけ、「だからこそ、私たちは、広島に来るのです。そして、自分の愛する人々に、思いをはせるのです。朝一番の子どもたちの笑顔。愛する人と食卓を囲む、安らぎのひととき。両親からの抱擁。そのかけがえのない瞬間が、71年前のこの場所にもあったのだと思い知らされます。人々は、戦争を望んでいません。科学の力を、人々の生活を消し去るためではなく、向上させるために使ってほしいと思っています。各国のリーダーたちが、その選択をしたときに、広島の教訓を生かすことができます。きょう、この町の子どもたちは、1日を平和に過ごしています。尊く価値あるものです。そして、それは、全ての子どもたちに与えられるべきもので、それは、わたしたちが選択できる未来です。広島・長崎は、未来にわたって、核兵器の夜明けではなく、道徳的覚醒の始まりとして、記憶されるでしょう」と述べられた。

 オバマ大統領のスピーチは、当初、5分程度かとみられていたが、およそ17分に及んだ。 歴史的なスピーチは、まだ未明のアメリカでも、生中継で伝えられた。 安倍首相が5分ほど演説後、オバマ大統領は被爆者代表の坪井 直(当時20歳)さんのもとにに進み、言葉を交わしながら初めて笑顔をみせた。
坪井さんは、取材陣に尋ねられて「人類の幸せは、未来志向がどうなるかによって(変わる)。そんな話をした。大統領になったばかり、チェコのプラハでスピーチした、あなたの『核兵器のない世界を作ろう』。そのことはね、今もわたしに脈打っていますよと。だから、あなたが、(来年の)1月に辞められても、広島へ来てくださいは言いましたよ。まだ、頑張らないといけません。われわれもね、被爆者団体も、一緒にね」とかくしゃくとした様子で決意を伝えながらも、ユーモアも忘れない。

 また、自らも被爆者で、被爆したアメリカ兵の調査を行ってきた森 重昭さんは、積年の思いがこみ上げたようで絶句され、涙で声をつまらせると、大統領が肩を抱き励ますというような場面もあった。投下した国のリーダーと被ばくした国のリーダーが被災地・広島で隣り合わせて並ぶのを同時中継でテレビで見た。

 核なき平和を日米両国の首脳が世界に誓った歴史的な瞬間だった。米国は核を保有したまま、他国に核の放棄を求めて、日本も原子力の平和利用だとも言いながら原発を各国に売り込んでいる現状ではあるが、71年目にして被爆者の想いを両国首脳が受け止めて向かうべき方向を明確に宣言したことは重要だ。



posted by Nina at 00:00| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

元原爆開発の女性科学者の声

第二次大戦中に進められた「マンハッタン計画」の過程で、砂漠での実験も行われた。地平線のかなたに立ち上ぼる巨大なきのこ雲。1945年7月に行われた人類初の核実験「トリニティ実験」です。長崎に投下された原爆と同型の爆弾で実験は行われました。広島はウラン、長崎はプルトニウムと種類を変えていたのです。計画ゆかりの地が国立公園として整備される中、原爆開発に携わった95歳の元科学者リリー・ホーニグさんは、オバマ大統領の広島訪問をどう見ているのか。

「マンハッタン計画」は、ナチス・ドイツによる原爆開発に危機感を持ったアメリカが、「原爆の父」と呼ばれるオッペンハイマー博士をはじめ科学者ら60万人を動員したものです。3年かけて原爆開発に成功しましたが、その直後から科学者の間では原爆を実戦で使用しないよう求める大統領宛ての請願書が広がったといいます。

 「科学者の一部は、威力を示すだけで実戦で使わないよう求めましたが、らちがあきませんでした」  ホーニグさんも請願書に署名したということですが、科学者らの訴えは届くことなく、実験から3週間後、広島・そして長崎に原爆が投下されました。

 「原爆の威力を確かめたいという、強烈な思いがあったことは間違いないと思います。砂漠での実験と飛行機から落とすのとでは違いますし、広島型の爆弾は、一度も実験していなかったんです。原爆投下の裏に実験の意図を感じた」と話すホーニグさんですが、同時に「原爆は戦争を早く終わらせ、犠牲者を少なくした」と考えています。

 ホーニグさんが3年間を過ごしたニューメキシコ州・ロスアラモスの研究所などマンハッタン計画ゆかりの地は去年11月、国立公園となったばかりです。原爆賛美を懸念する被爆者や広島・長崎の市長など日本側の要請を受け、被爆者や家族の証言も展示内容に含めることが予定されています。

 こうした中、オバマ大統領の広島訪問について、ホーニグさんも「訪問は正しいことだ」と歓迎します。
 「行けることなら私も広島に行きたいです。(開発者として)行くのが義務だと思うんです。」とホーニングさんは続けて、「真珠湾への奇襲や他のたくさんの攻撃について、日本は謝らないでしょう。それが戦争というものです。そしてだからこそ、戦争してはいけないんです」とインタビューで話した。


参照;TBS ニュース
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

ぶらり、我孫子

つくし野のお友達から、最近の様子を知らせてくれるメールが来ました。散策してみたら、我孫子の中に良い所がたくさんあったと言うものでした。

「我孫子ゴルフの開放日、天気も暑くもなく寒くもなく、雨も降らず風もなかったので歩くには最適で、市民観桜会、桜は未だちらほらという感じでしたが、幽玄な感じで、満開の桜とは又別の趣があり良かったですし、歩いている道の両脇には素敵な家が沢山建ち並んでいて、どのお宅の庭先にも、こぶし、雪柳、レンギョウとか様々な木の花 草花が色とりどりに咲いていて目を楽しませてくれました。

朝9時半に東我孫子の駅で待ち合わせ、そこから「こもれび」の方に抜けて、岡発戸市民の森の横を通って、五本松公園の所に出て、その前の道を左折し、そこから我孫子ゴルフ倶楽部の入り口で受け付けの方にささやかな入園料を支払うと、案内チラシを手にグリーンを自由に巡ってよいとのことになります。一巡りして、今度は湖北の通りに出て、バーミヤンで食事して、湖北の駅から東我孫子の駅迄成田線に乗って帰って来ましたが、東我孫子にはあんなきれいな散歩道が沢山あるのですね。

湖北のバーミヤンも初めてでしたが、美味しい中華で、皆でワイワイと飲んで食べて、しかも安い。なかなか良いお店だと知りました。

途中でお寄りしたお仲間のお宅は、入ってびっくり 内装が全て桐なのです。床も、壁も、天井も、建具も、何から何まで、トイレの中まで桐材が張られているの、桐材ならではの年数がたつなりの落ち着いた風合いになっていて、すっきりと品が良く、白木の高級感に満ちていながら、温かみのある癒される空間にまとまっています。そのうえに音響効果も抜群、箱鳴りと言って、家全体が楽器の胴体のような効果を果たして、とても味のある深みのある良い音が響いていました。

ということで、今日は私にとって、とても楽しく有意義な日でした。」

我孫子のお気に入りの散策道をお教えください。これからの季節には貴重な観光情報です!

そして、お散歩のついでに海津にいなの事務所(自宅兼)にもお越しください、28日はガレージセールです!!


posted by Nina at 00:21| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

物語のある街、を探して

広島出身の知人は、作曲までも手がける、まちの音楽家でもあった。彼女曰く、上野の奏楽堂の記念室には「柳兼子」の写真が飾られて顕彰している。当時は上野の音楽学校と言われたけれど、その卒業生として、大変にすばらしい名を残す声楽家として認められていたということだ、と話を聞いて見学にいったことがある。

上野 旧音楽学校 奏楽堂.JPG by Sougakudou

今でいう東京芸術大学は、上野公園の博物館のさらに先にあるが、その博物館の近くに明治の西洋音楽の殿堂ともいうべき、奏楽堂が移築されたのは昭和62年。音楽会もできるように修復され、一室が記念館になっていた。厳かな雰囲気のホール、そしてかつては音楽の教室に使われていたのだろう木造校舎の廊下の先に、著名な音楽家の名前・写真が並び、確かに柳兼子(旧姓・中島)があったので、感動したのを覚えている。

音楽室の内部の写真撮影はできないと言われ、兼子さんの写真が撮れずに残念な思いもしたが、しかし、思ってる以上にこうした場所において、写真が掲げられているのを見るというのは意味深い。

明治23年に創建され、日本最古の木造の洋式音楽ホールとして国重要文化財に指定、2階のホールには、昭和3年に徳川頼貞候から寄贈を受けたパイプオルガンがある。一般にもコンサートとして利用されていたが、保存修復工事でH30年まで工事で閉鎖。
posted by Nina at 00:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

物語を知らせるまち、は面白い

広島の尾道に近いところで生まれたという知人に、市が保存している志賀直哉の家が尾道にあると教えられたことがあった。我孫子には、白樺の中核の人々が住んでいたのだけれど、それほども公表していない頃の話だから、我孫子には一人ならずも白樺軍団の本拠地であったのに、我関せずの観、一方で一年にも満たないのに、そこまでするのかと驚いて確かめに行ったことがあった。行ってみて実感したのは、尾道市は白樺のまちでもあったという事だ。その頃は白樺美術館まで開いていた人もいたというのだから、芸術家を愛する人がいて、そうしたアピールがされるのだろうか。

千光寺に向かうさかみちの途中から少し横に入ったところに、志賀直哉の旧居があった。志賀直哉がここで暮らしたのはわずか半年ほどだったが、志賀がそこで草稿を練った、住んでいたということでも価値があるとして市で保存していた。千光寺よりかなり低いところにあって、尾道水道の眺めは素晴らしかった。旧居の中には入らなかったが、入場は有料(300円)。

我孫子の志賀直哉邸の場合は、これも市民が保存活動で、マンション建設で跡形もなくなってしまうのを防いだ。その後は、市民の陳情が議会に上がり、市が買い上げて公園となり、書斎部分が移築された。しばらくは近所の人が知る人ぞ知るという、さみしい場所で、実の所どこにあるのかだった。

価値があるものを知らないのか、遠慮がちなのだろうか、分からないまま、日が過ぎたが、次に市民から「柳兼子さんの碑を建てたい」との話がきた・・・



posted by Nina at 00:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

物語りのある街

観光政策、観光まちづくり、見せるところがないまちよりは、魅せるまちであって欲しい。
魅せるものがあるのに気が付かないのは惜しい、例えば『白樺』の根拠地だったのが、わが街・我孫子だ。
しかし、白樺文学館が民間で作られる前は、ウンもスンもなかった感じだった。白樺嫌いなんじゃないかとすら、思えるほどに無関心だったのを変えたのが、「白樺文学館」の館長さんら熱意あるオープニングメンバーさん達であった。感謝、感謝!!そして、その後に、市で運営継続となり、今の我孫子市白樺文学館となった。(そんな、こんなでお隣り、近所で寄付をしようと話になり、街の一助に。)海津にいなも、そうしたエピソードを知れば知るほど、もっと知らせていきたいと思うことしきり。

最近は、WIKIPEDIAでも紹介されていますから、あちこちから 今風のまち歩き観光のリュック族が目白押しに着てくれる。もし、これがなかったら・・・・。

下記は、我孫子に来る前の3か月ほどを志賀直哉が過ごしたとされうる赤木の観光案内所に置いてあったパネルだ。白樺にちなんで、盛んに「白樺」の謂れを強調している感じだ。文豪・志賀直哉が滞在した、武者小路が来た、柳宗悦が、バーナード・リーチと来たとか、あること全てを強調するような大きな字にして、誇らしげだ。
それに比べて、エピソードだらけの我孫子は、逆に遠慮がちなくらい、地元では語られずにいた感じだった。
感動の物語を伝えて、物語のあるまちにしなくちゃ、宝の持ち腐れ、モッタイナイ。

2016052112250000.jpg
posted by Nina at 00:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

「STAP」(刺激惹起性多能性獲得細胞)という概念

米ハーバード大学附属ブリガムアンドウィメンズホスピタルが、STAP細胞の作成方法に関する特許出願を、日本、米国、EPO(欧州特許庁)、カナダ、オーストラリアなど世界各地で行っており、更新料、維持料が支払われている。これについて5月9日、弁理士でITコンサルタントの栗原潔氏は、同大学が日本国内でも特許出願に関して実体審査請求をしていることを明らかにした。出願審査請求は4月22日に提出されている。

 これまで理化学研究所の公式発表では、「STAP細胞論文はほぼ事実ではなかった」「STAP細胞の実験結果はES細胞の混入したものによる」として、その存在は完全に否定された。

 しかしハーバード大は日本の「STAP細胞は存在しない」という大合唱を他所に、粛々と特許の申請を進めていた。小保方晴子氏の代理人である三木秀夫弁護士は語る。

「ハーバード大は世界各国での特許申請にかかる費用や維持に、推測で1000万円程度の費用がかかっているようです」

 ハーバード大が特許を申請する研究内容の範囲は広く、細胞にストレスを与えて多能性が生じる方法のメカニズムに対する特許請求である。

http://img-s-msn-com.akamaized.net/tenant/amp/entityid/BBtfAzX.img?h=202&w=300&m=6&q=60&o=f&l=fc Business Journal 提供

 STAP細胞論文での小保方氏の実験担当部分「アーティクル」のプロトコルは「オレンジジュース程の酸性の液に細胞を浸すと細胞が初期化する」が有名だが、それ以外に細胞にストレスを与えるさまざまな方法が試されており、「アーティクル」でその成果を報告している。これは理研がSTAP細胞論文を発表した当初の「報道発表資料」にも明示してある。

●再生医療での実用化

 ハーバード大がSTAP現象の特許を出願し、その審査要求をするのは当然、再生医療での実用化を睨んでのことだとみられる。 そして「人工的な外的刺激で体細胞が初期化するのではないか」というアイデアを思いついた小保方氏は再生医療の新たな扉を開いたことになる。特許は認定されると、出願後20年間の工業的独占権を認められる。

 実体審査では申請された特許の内容が特許の要件を満たしているか、その内容の記述的専門家である審査官が行う。この実験が特許の取得が前提であれば、共同で行った発明や実験の知的財産権を侵害する恐れがあるため、小保方氏によるハーバード大での共同実験部分のノートやデータを、理研や早稲田大学の博士論文不正調査に提出できなかったのは当然だろう。

 ハーバード大は特許に「STAP」という言葉を使うかは不明だが、一度は英科学誌「ネイチャー」で報告された「STAP」(刺激惹起性多能性獲得細胞)という概念を再生医療に転嫁できれば、小保方氏のアイデアは生物学の歴史のなかで燦然と輝くことになるだろう。体細胞の初期化から始まる再生医療の未来の扉は開いたばかりなのだ。
(文=上田眞実/ジャーナリスト)



posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

知られざる名店、なかなか買えない店

パン屋 Path/パス  
ぎっしり詰まったレーズン、さっくりのクロワッサン、じっくり練られた個性的なパンが並びます。
美味しさがいっぱいに詰まったパンは午後には売り切れていることもあります。

こだわりの持ったパン作り、オーナーはとっても気さくな方で 丁寧なパンの説明もしてくれますので ぜひお声をかけてみてください!
会話がはずむやとりもまた来たくなるポイントです。

Path.jpg
*画像は、クリックで拡大

 千葉県我孫子市泉11−1  04-7170-0617    
     天王台駅徒歩10分 泉郵便局を目印に

定休日の日曜・月曜・火曜日 以外は通常通り10時からオープン。

posted by Nina at 21:42| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

他が為に成すこと「忘己利他」

トム・ラス 『元気は、ためられる』VOICEに興味深いことが書いてありました。

私たちが有意義な仕事をしたいと思うのは、私たちの外側からの動機づけによるものではなく、内側からの動機づけによるものです。外側からの動機づけは「外発的動機づけ」と呼ばれています。
見返りを得ることが目的でなにかを行ったら、外発的に動機づけられたことになります。
給料や諸手当がもっといい会社に転職した場合も同じことが言えます。
さらに、その会社で週に60時間働いて、ほかのだれかが勝手に設定した目標を達成した場合も同じです。
結局そうした業績は、履歴書上で見栄えがいいですから、何年後かにだれかがあなたを評価するときの好材料になるわけです。

一方、内面からの動機づけは「内発的動機づけ」と呼ばれています。内発的な動機は、心の奥深くにあるもので、外側からの動機よりもはるかに豊かです。生徒の成長がやる気の源になっている教師や、患者の健康改善が原動力となっている医師は、内発的に動機づけられていることになります。そういう教師や医師の場合は、自分の仕事の「意義」が内発的動機づけにつながっています。

たとえ見返りや報酬がなくてもやりたいと思ったなら、内発的に動機づけられたことになります。
最近の調査結果を見ると、どうやら内発的動機づけだけに専念したほうがいいようです。
外発的なインセンティブ(意欲を引き出すための刺激。報奨金)から動機を引き出した場合は、その動機がどんなものであれ、パフォーマンスが低下する恐れがあるのです。

イェール大学のエイミー・レズネスキーのチームが14年以上にわたって、米国陸軍士官学校の生徒たちの入学の動機を調べ、その後の追跡調査を行いました。その間に調査した生徒の数は1万320人にのぼりました。
調査の結果はチームにとって意外なものになりました。

内発的な動機で入学した生徒たちは、外発的な動機で入学した生徒に比べて、士官学校を卒業する確率も、士官となる確率、昇進する確率、陸軍にとどまる確率も高いことがわかりました。

内発的な動機(「兵士たちを率いたい」「国に奉仕できる」など)と外発的な動機(「もっと条件のいい仕事に転職したい」など)が両方とも強かった生徒たちは、内発的な動機で入学した生徒ほどの成功は収めていなかったのです。チームの予測に反して、2つの強い動機を持つ生徒たちは、成功を測るすべての指標で、内発的動機だけの生徒を下回っていました。

E.レズネスキーとB.シュワルツは、この調査についての新聞記事にこう記しています。
「一見、矛盾しているようですが、仕事の金銭的な見返りではなく、仕事の意義や影響に目を向けるよう手助けすることが、彼らの仕事の質を改善し、彼らを金銭的な成功に導く最善の方法といえるでしょう」

この話は、インセンティブを用意する側も受ける側もよく覚えておく必要がありそうです。
そこで、自分の最高の内発的動機もいつでも意識できる簡単な方法を見つけるのもよさそうです。

たとえば子どもたちの写真があるだけで、内発的な動機を思い出してやる気が出ます。

つまり、内面からの充電になるものは、たぶん、ほかの人と同じではないでしょう。
内発的動機は万人に共通のものではなく、個人的なものだからです。

トム・ラス氏は本書の中でこう語っています。
「誰かのために、もうちょっと、そんな小さな行動の積み重ねこそが、自身と周囲の人間を、幸せで元気いっぱいにするのだ。人生にポジティブな充電をもたらすのは、他人の役に立つ生き方だ」

「忘己利他(もうこりた)」、自分を忘れて、他人の喜ぶことをするということです。
他人のために努力をすれば、やがてそれは自分に返ってくる、というのも、結局は「利己的」な考えで、まったく見返りなしの、純粋な利他の心こそが「忘己利他」です。
自分の利のための努力など、高が知れていて、「誰かのために」と思ってしていたことこそ本物だというのです。内的な動機を高めるには、他人の役に立つ生き方をすること、他人の役に立つ生き方をしていると、元気がたまってくるのだそうです。

もっと簡単に考えると、料理を作って食べさせる、華族や、知人に忘己利他ということでしょう。
それを、一人で食事をとるような子供に温かい食事を提供しようとするなら、それも忘己利他一つになるのかも知らない。食事を満足に取れないという家庭の話が話題に上るようになって、 「子ども食堂」の試みが我孫子でも始まっています。


posted by Nina at 17:57| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

宝永年間の出来事

このところ、地震災害が多い日本。ふと調べていたら、過去の南海トラフの巨大地震の記録が出ていた。なんだか、現在のことが読めるような話だと広島の友人がメールしてきた。
歴史は繰り返す、災害は忘れたころにやってくる。このように次々におきる災害に対して、過去の日本人はどうやって乗り越えてきたのかと思うが、自然と助け合いの精神がわくのが救いになるだろうと思う。


宝永4年(1707年)に南海トラフ巨大地震の一つで歴史上日本最大級と推定されている宝永地震(M8.4〜8.7)が発生、その49日後には今日までにおける史上最後の富士山の噴火となった宝永大噴火が起きている。

※日付はいずれも旧暦。

元年 4月24日 羽後・陸奥で地震、野代(現在の能代市周辺)で大被害。

2年 この年京都を中心にお蔭参りが大流行する。 10月6日 徳川吉宗が紀州藩の第5代藩主に。
12月15日 霧島連山の高千穂峰御鉢が噴火。
12月 桜島が噴火。

3年 1月11日 柳沢吉保が大老格に。
7月9日 寶字銀の通用開始。
10月16日 浅間山が噴火。

4年 この年「赤福」が創業。 7月12日 善光寺本堂が再建。
10月4日 遠州灘・紀州灘で推定マグニチュード8.4の大地震(宝永の大地震)。
10月13日 札遣い禁止令、藩札の発行を禁止し50日以内に正貨との引替回収を命じる。
11月23日 富士山が史上最後の大噴火(宝永大噴火)を起こして宝永山が出現。江戸でも数センチの降灰を記録。

5年 閏1月7日 「諸国高役金令」を公布、宝永大噴火による灰除け金として石高100石に付き金2両を徴集。
3月8日 京都で宝永の大火、禁裏をはじめ1万0351軒を焼失。
4月 寳永通寳の通用開始。
8月29日 イタリア人宣教師ジョバンニ・シドッチが屋久島に上陸し、捕らえられる。
11月18日 浅間山が噴火。28日にも噴火。

6年 1月4日 阿蘇山が噴火。
1月17日 前年通用を開始したばかりの寳永通寳を流通不便を理由に通用停止。
1月20日 5代将軍徳川綱吉の死去後10日で生類憐れみの令を廃止。
3月14日 岩木山と三宅島が同じ日に噴火。
3月21日 奈良東大寺大仏殿が再建。
5月1日 徳川家宣に将軍宣下。

7年 3月6日 永字銀の鋳造開始。
3月15日 浅間山が噴火。
4月15日 乾字金の通用開始。

8年 2月26日 浅間山がまた噴火。


死去[編集]
2年 5月18日 徳川綱教(紀州藩3代藩主)
8月8日 徳川光貞(紀州藩2代藩主)
9月8日 徳川頼職(紀州藩4代藩主)

5年10月24日 関孝和(数学者)
6年1月10日 徳川綱吉(幕府5代将軍)
posted by Nina at 00:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

今だから「親鸞フォーラム」

世界有数の経済大国にもなった日本。戦前、そして昭和30年代ごろまでの社会とくらべたら、今の私たちは豊かな社会を謳歌しているようだが、現代の日本の子どもたちの6人に1人が貧困状況にあるという。今、私たちの社会で何が起きているのか。

 経済、雇用、賃金、貧富、教育、地域、医療、介護、福祉。「格差社会」という言葉が様々な分野で語られることが多くなってきた。戦後の経済成長の過程の中で、働く人々の生活よりも企業の利益追求が第一義となり、その結果、人間はその経済システムの歯車として、いつでも交換可能な存在として扱われるようになってしまった。さらに、徹底した合理主義による効率化と競争思考には、ますます拍車がかかり、あらゆる分野において人の序列化と階層の固定化と組織の閉鎖性を孕んだ「格差社会」となって、今日に亀裂が見え隠れする。

 今からおよそ750年前、鎌倉時代を生きた親鸞は、<選ばず、嫌わず、見捨てず>という「摂取不捨」の仏教の精神に出遇い、当時の階級(格差)社会の只中を生きていかなければならなかった多くの人々に寄り添われていた。そして、<選び、嫌い、見捨てる>ような自己中心的な在り方から離れることができない私たちに、深い痛みをもって「同朋(とも)」と呼びかけ、励まし合い、支え合う世界が開かれていくことを願われた人であった。

 有識者と仏教者の対話から生まれる言葉を手がかりとして、私たちが生きる社会のあり方を問い返し、格差を生み出す人間の深い闇と、人間が本当に安心できる確かな依りどころを聴講者とともに尋ねていく「親鸞フォーラム」が開かれる。

パネリスト
浜 矩子 氏(経済学者)
主な著書に『グローバル恐慌』(岩波新書)、『老楽国家論』(新潮社)、『国民なき経済成長 脱アホノミクスのすすめ』(角川新書)など多数。

湯浅 誠 氏(社会活動家)
東京大学法学部卒業。2008年末の年越し派遣村村長を経て、2009年より3年間内閣府参与に就任。また、内閣官房社会的包摂推進室長、震災ボランティア連携室長などを歴任。現在、法政大学現代福祉学部教授。NHK第一ラジオ「マイあさラジオ」、文化放送「大竹まことゴールデンラジオ」等、メディアにおいても活躍。

主な著書に『反貧困』(岩波新書)<第8回大佛次郎論壇賞、第14回平和・協同ジャーナリスト基金賞受賞>、共著に『貧困についてとことん考えてみた』(NHK出版)など多数。

木越 康 氏(大谷大学学長)
大谷大学教授、同大学学長。専攻は真宗学。
主な著書に『仏教とキリスト教の対話』(法蔵館)、『正像末和讃を読む−悲泣にはじまる仏教−』(真宗大谷派大阪教区)、共著に『キリシタンが見た真宗』(東本願寺出版)など多数。

◇コーディネーター/鶴見 晃 氏(真宗大谷派教学研究所所員)
現在、真宗大谷派(東本願寺)教学研究所所員。『書いて学ぶ親鸞のことば 和讃』(東本願寺出版など多数。
申込み方法
E-mail・電話・FAX・ハガキにてお申込みの場合は
必要事項(氏名・住所・電話番号・参加人数※1団体2名まで)を記入の上、
下記申込先にお知らせください。

〒177-0032東京都練馬区谷原1-3-7
真宗大谷派(東本願寺)真宗会館
「親鸞フォーラム」係

TEL 03-5393-0810
FAX 03-5393-0814

【申込締切】2016年5月31日(火)必着
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

庭先ガレージセール

5月28日(土)10−14時

みんなでもう一度、ガレージセールで利活用、庭先で得してリサイクル

✿お楽しみ出展  
江戸切子のグラス(伝統工芸技能士より提供)

リサイクルで断舎離しませんか?
(退蔵品のお持込は前日までに連絡を)
みんなでもう一度リサイクル.pdf

会場:つくし野1号公園坂の上 
消費者の会 <海津にいな宅:我孫子市つくし野1−22−28>
☎【Fax共】7184−9828



posted by Nina at 01:39| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

赤坂離宮(迎賓館)の通年一般公開 4/19より

迎賓館赤坂離宮では、この4月より、政府のVIPをお迎えするのに支障のない範囲で、通年公開されることになった。政府はインバウンド(海外観光客)を増やそうとの意図が大きく観光を重視しており、日本理解を進めるにも迎賓館を観光スポットとしても活用しようとのことだという。インバウンドの増加目標は大幅に前倒しし、2020年に4000万人!2030年に6000万人!!と決めたと30日発表からも、拍車がかかった。

毎月第三日曜日10-12時、英語で異文化コミュニケーション(CCC)する会を行っている(どなたでも@孫子北近隣センター第一会議室)ので、今回はオバマ大統領の広島訪問についても話をした。識者によると、与党勝利は確実となっていき、さらに日銀の追加緩和、財政出動による景気株価押し上げを待って、12月に衆議院選挙もあるのではないかとの情報すら出てきているようです。

 我孫子から国会議事堂だけでなく、迎賓館へも赤坂見付、表参道、霞が関駅などから、ダイレクトで行けるのだから、外国人観光客にも、我孫子に宿泊したらと、PRしたらどうだろうか。英語だけでなく、中国語・韓国語も対応していただきたい。とはいえ、我孫子市役所のネックが外国語だ。いくらなんでも、海外のHPをくくる時にローマ字が限度だ。このろころの地元の学校に関しても小中一貫教育を進めるといいながら異文化理解講座の時間を減少させており、外国語の授業に関してもALT(外国人補助教授)の質を高めるものの、授業日数は増やすことない。何か、我孫子教育のウリにできる特色ある教育をプログラムしないと待機児童だけでは心もとないと思う。

 
 つづき
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

5月27日、米大統領の広島訪問への反響

戦争の終結が早まり、むしろ多くの命が救われたと考える米国人は多い。昨年のピュー・リサーチ・センターの世論調査でも、原爆投下が「正当化される」とみる人が56%であった。 

米俳優マイケル・ダグラス氏(71)は核廃絶を求める活動を続け、オバマ大統領を支持してきたことで知られている。スイス・ジュネーブでの記者会見で、「彼が米国大統領として決断したことを幸せに感じている。(広島で)核廃絶について強い言葉を発することを望むし、そう期待している」と話した。

 また自身の被爆地訪問について、「日本のいくつかの団体に広島に招待されたが、実現しなかった。訪日する機会を探している」と述べた。ダグラス氏は1998年からは「国連平和メッセンジャー」を務めている。今回は国連欧州本部で開催中の核軍縮作業部会を傍聴した。

 
原爆詩の朗読を30年続けてきた俳優の吉永小百合さんと、今月3日にカナダで開かれた吉永さんの朗読会でもピアノで伴奏した音楽家の坂本龍一さんに、現職の米大統領による初の被爆地訪問をどう受け止めているか尋ねた。

■核廃絶「もう一度強く発言を」 吉永小百合さん
 オバマ大統領にはもう一度、改めて、核兵器廃絶に向けて強く発言して頂きたいと願っています。
 わたしが最初に海外で原爆詩の朗読会をしたのが、米国のシアトルの郊外にあるポートタウンゼントという町だったんですね。そのときに、シアトルに住んでらっしゃる思想家で、宗教家の方がいました。100歳になられ、すばらしい方でした。
 その方は原爆が広島に投下されて1年ほど後、「申し訳ない」って思いで広島に行き、被爆者の方たちのために家を建てたんです。

 その方から直接聞いた言葉で、「広島に原爆が落とされた時、それは、あなたの上にも、わたしの上にも落ちたんだ」っていう言い方をされました。国も民族も問わず、みんなの上に落ちたんだと。

 「だれが落とした」「だれが加害者だ」っていうことよりも、「とんでもないことが起きた」「とんでもない武器ができて、たくさんの人が何の尊厳もなく消滅してしまった」っていうことですね。オバマさんがそれを感じて、広島に行ってくださるんだったら、わたしはとてもうれしいことだと思います。

 「加害者」「被害者」ということではなく、未来に向かっての思いとして行ってほしい。


■「戦争は痛くて、苦しくて、いやなこと」 坂本龍一さん
 オバマ大統領には、ぜひ被爆地に行ってほしいと思っていました。謝罪がなくても、とにかく行くってことは大事だし、オバマさんに限らず世界の国の指導者、あるいは国に限らず上に立つ人は、みんな行ってほしいですね。広島、長崎にはね。

 ぼくら、かすり傷一つでも痛い。いやですよね。原爆に限らず、戦争に行くってことは痛いことなんです。痛くて、苦しくて、いやなこと。死ぬほどのことですから。ぼくなんか耐えられない。

 そのくらい痛く、いやなことだよっていうことを知らなかったり、想像できなかったりする人が増えているような気がする。ドローン(無人機)を操作する若い米国の兵士も、どのくらい痛いかってことを感じないで操作しているだろうし、ネット上で勢いのあることをワーワー書いている人たちも、どのくらい痛いかってことをきちんと分からないで、想像できないで書いている。

 国を危ない方向に向かわせるような人たちも、実は知らない。戦争を体験していないから。痛くて、怖くて、やなことなんだって。

 「やった」「やられた」ではなく、どのくらい痛くて悲惨なことかっていう生々しい現実も知らなきゃいけないんですよね。(核と人類取材センター・副島英樹)
posted by Nina at 23:33| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

我孫子アートな散歩市

今日5月8日から29日まで、我孫子アートな散歩市が開催されます。
例年、いろんな人があつまって、いろんな話がはずみます。
場所は、手賀沼公園の周辺です。
我孫子駅南口前の「アビシルベ」(我孫子インフォメーションセンター)に散歩市の地図がおいてありますが、次のサイトをクリックすると、パソコンのプリンターで印刷できます。

https://www.city.abiko.chiba.jp/event/event/music/a-tonasanpo.files/SKM_C554e16041113355.pdf
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

ある日本人・禹長春

禹長春は父親が乙未事変(朝鮮国王王妃閔妃暗殺事件)に参加した軍人・禹範善。範善が日本に亡命し日本人女性・酒井ナカと結婚、日本で生まれたのが禹長春でした。出生地については広島説と東京赤坂説とがあり、育ったのは広島県呉市。父の範善は、1903年11月24日、禹が6歳の時にかつて閔妃に仕えていた高永根に呉で暗殺されました。 (以下、敬称省略)

父(範善)の行動のため、当初は厳しい目もあったが、現在ではその功績により李方子と並んで韓国では大変に高く評価されている人物です。禹は、広島県立呉中学校(現広島県立呉三津田高校)を卒業。数学が得意で京都帝国大学工科大学(工学部)を目指し旧制高校進学を希望しましたが、朴泳孝の支援で学費を支給する朝鮮総督府から東京帝国大学農科大学(農学部)実科への進学を指示されそれに従いました。1919年に同校を卒業。

卒業後は農林省西ヶ原農事試験所(東京都北区西ヶ原)に就職。朝顔の遺伝研究などに没頭した。1924年、隣家の家庭教師が縁で新潟県出身の日本人女性・渡辺小春と結婚。当時の状況から父の恩人で朝鮮人亡命者を支援していた須永家に養子に入った。生まれてくる子供達は日本名を名乗らせ日本人として育てる決意をした。それ以降、日本名の須永長春となります。

1926年、埼玉県鴻巣試験地(鴻巣市)転任。ナタネの研究を主に行ったが、この頃発見したペチュニアの全八重の作出法(完全八重咲き理論)を元に坂田商会(現サカタのタネ)創業者・坂田武雄がこれを事業化し会社を拡大させた。また1936年には、論文「種の合成」で東京帝国大学より農学博士号を取得。しかし、農学博士となっても技手止まりのままの不満からか、1937年同社を退社。タキイ種苗の瀧井治三郎が京都府乙訓郡長岡町(現長岡京市)に新設した研究農場の場長に迎えられ、京都に移りました。

1945年、終戦のあと同社を退社。韓国で禹の呼び寄せ運動が起こる。当時の韓国は政治的大混乱や地方から都市への人口流入などの問題で食糧が不足、農家は種子、肥料などの不足で甚大な被害を受けていました。この頃、韓国は国民の80%が農業に従事していた。また日韓併合時代の韓国では米や麦など日本人の主食の増産に重点が置かれ、日本にとって重要性の無い大根や白菜などの蔬菜は放置されたため、韓国の人達にとって欠かせないキムチの材料をまともに作れない状況にありました。このような状況下でタキイ種苗の同僚だった金鐘が「今の韓国に来て種子の問題を解決してくれる人は禹長春しかいない」と声を上げると、韓国政府・国民挙げての大きな運動となったということです。1950年、日本生まれの禹は韓国語を話せなかったが韓国行きを決意、妻と子供を日本に残し、単身渡韓した。52歳の時でした。

李承晩大統領の強い支援も受け、韓国農業科学研究所所長に就任し各地の農村を視察。韓国に渡った翌1950年、朝鮮戦争が勃発。中央園芸技術院(国立試験場)院長に就任した1953年には、最愛の母死すの報を受け、日本帰国を大統領にまで嘆願したが、帰国は叶わないませんでした。李承晩大統領は禹を帰すと再び韓国に戻らないのでは、と懸念し出国許可を下ろさなかったといわれます。日本語しか話せず、状況は非常に困難でしたが、1957年頃には大根や白菜は自給態勢を整えるまでに持っていきました。済州島近辺を蜜柑の大生産地としたのです。大統領からの農林大臣(農林部長官)就任要請も請けずに、この後、稲と稲の裏作に農家にとって収益の大きい馬鈴薯の研究にひたすら没頭しましたが、1959年、ソウルのメディカル・センターに入院するようになりました。胃と十二指腸潰瘍の手術後に病状を悪化させ、同年8月10日没する。韓国に来て9年のことでした。享年61歳。

亡くなる直前に韓国政府は禹に大韓民国文化褒章を贈った。大韓民国文化褒章は韓国国民にとって最高の名誉です。葬儀は国葬に準じる社会葬として行われました。9年間でしたが、韓国農業は禹の弟子達によってその後発展しました。白菜などの種子の自給体制を確立したため「韓国近代農業の父」あるいは「キムチの恩人」として有名で、韓国の道徳教科書に載っており、韓国国民で禹博士を知らない人はいないくらいだという。種無しスイカの発明者と言われることもある。種無しスイカは日本の遺伝学者・木原均による発明だが、禹が育種学とは何かを分かってもらおうと種無しスイカを作り、人々の前でスイカを切ったところ、種の無いスイカに人々は仰天し「禹先生が種無しスイカを作った」→「発明した」と一人歩きして今日に至るという逸話が残っているということです。釜山にちいさな記念館があり、その功績にしてはあまりにもささやかなものだという韓国人もいるという事です。NHKスペシャル「ある日本人・禹長春」というタイトルで、KBSとNHKの共同制作(1991年2月に放送)がもとになり、近年は舞台化もされているということです。禹教授には6人の子供がおり、うち四女・朝子さんは京セラ創業者・稲盛和夫の夫人です。

昨年6月22日は、日韓国交正常化50周年となって、国交正常化当時、年間1万人だった両国間の人の往来は、年間500万人にまで増え、両国は重要な隣国同士となりました。最も利害を共有する国です。日韓はこれまで安全保障を含む様々な側面で相互依存関係を深めてきました。日韓両国民間の相互理解と交流は飛躍的に深化し、昨年末は日韓合意文書を交わしました。

posted by Nina at 00:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

オバマ大統領の広島原爆資料館などの訪問

 日米関係筋より、オバマ大統領は今月下旬に開かれる伊勢志摩サミットに出席したあと、27日に現職のアメリカ大統領として初めて被爆地・広島を訪問することを決め、日本政府に伝達しました。
 26日から2日間の日程で開かれるG7=主要7か国の首脳会合「伊勢志摩サミット」に出席するため日本を訪れる予定で、これに合わせて被爆地・広島を訪問するかどうか検討を進めてきました。「核兵器のない世界」を目指すとするオバマ大統領が就任当初から任期中の被爆地訪問に前向きな姿勢を示していたと指摘したうえで、近く訪問するかどうか明らかにする考えを示しました。サミットに出席したあと、27日に広島を訪問することを決め、日本政府に伝達しました。
 安倍総理大臣は当初予定していたサミット関連行事の日程の一部を変更し、オバマ大統領の広島訪問に同行する方向で調整に入りました。オバマ大統領が広島を訪問すれば、現職のアメリカ大統領としては初めてのこととなります。
 オバマ大統領の広島訪問を巡って、日本政府内では、唯一の戦争被爆国として、核軍縮・不拡散の実現に向けた国際的な議論を主導するためにも大きな後押しになるとして、期待する意見がありました。そして、先月広島で開かれたG7外相会合では、初めてアメリカの現職の国務長官としてケリー国務長官が原爆資料館を訪れ、ケリー国務長官は「すべての人が広島に来るべきで、アメリカ大統領にもその1人になってほしい」と述べました。
 一方、アメリカ国内で、原爆投下は戦争の早期終結のために必要だったという意見が根強くあることから、日本政府は日米関係への影響も考慮して静観を続けていて、菅官房長官も被爆地訪問を歓迎する考えを示しながらも、「アメリカ政府が決めることだ」と述べるにとどめていました。

参照:NHKニュース 5月10日
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

総務企画委員会視察(9、10日)

糸井川駅の改札を出る「ようこそ 我孫子市議会様」とのメッセージが、モニター掲示板に大写しされているのが目に留まり、一同を喜ばせた。政府主導の地域創生の取り組みについて、先進市としての取り組みを説明頂いた。議場などの見学は、議員ならではの関心の高さ、集合写真をとることになった(後日、報告が市議会ホームページに掲載予定)。

 CIMG1472.JPG 


 CIMG1478.JPG

二日目の視察地は長岡市だった。駅からガラス張りのスカイデッキ(駅直通通路、雨でも傘なしでOK)を歩き、三分で到着するとそこは、通常にはない市庁舎の美しい空間だった。約束の時間を待つ間に、トイレも視察と覗くことに・・・。トイレットペーパーのホルダーの上に「悩みは相談しましょう」とのメッセージがさりげなく壁に張り付けられて、連絡先が名刺大のカードが取り出さるようになっていた。女性市議とこれはいいと頷いて、パチリと写真に収めた。こういう気づきは女性目線がないと、できないことではないか、などと意見交換にもなった。
CIMG1484.JPG

 市庁舎・議会棟、アリーナ、シアターを含んだ複合施設・アオーレ長岡を視察した。隈研吾(1954生)の設計による、この建設によって周辺に店舗が増えてきているという。求心力のある「正しいハコモノ」の在り方を再考できた。(外からも見えるという議会棟部分です)
CIMG1498.JPG

 ところで、隈氏の父親は医院を営んでいて、その祖父が建てた古い家で育ったという。家の修繕をする父親に付き合ううち、建築に興味を持つ。1964年東京オリンピックのオリンピック建築を見て、建築家を志す。高校では、長身 (189cm) を生かしてバスケット部でセンターを守っていた。東京大学工学部建築学科卒業。東京大学大学院建築意匠専攻修士課程修了(1979年)。コロンビア大学建築・都市計画学科客員研究員(1985年 - 1986年)。2008年フランス・パリにKuma & Associates Europe設立。オリンピック会場案の設計に加わる世界的な建築家となる。子供時代の環境というものが、子供にとっていかに大きいかの好事例である。

 これまでの建築の経験から、隈氏はその土地の環境や人間と一体になった建築を指すようになったという。日本建築の底力と地域の豊かさに気づいてきた。自信をもって「和」の良さを世界にも発信すべきという。韓国では、知韓派の建築家とて活動しているというから、韓国の造形美についても我孫子の村川別荘の朝鮮風にどこか通じるものがあるのだろうかと思った。

 同行の議員と話しながら、しかし、維持費が年五億というのは、設計段階で見えていなかったのだろうし、デザイン性の高い手の込んだディテールはメンテナンスにも相当に費用が掛かりそうで、我孫子で実現可能なデザインにするにはそのあたりも組み込んでいかない、などとは同意見であった。

posted by Nina at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

「一人暮らし高齢者の動向」(内閣府の2015年版高齢社会白書)【時事通信社】 餓死、孤独死、自治体で対応する課題に

年に一度、委員会視察というのが行われる。今回は新潟県糸魚川市と長岡市ということが3月議会で承認されて、議会費で実施の運びになった。それでも、今回から食事代も含まれるが2000円を自己負担で追徴ということが今回に申し渡されて出発となった。
 
 最近に、孤独死をまとめた時事通信の記事を目にして考えさせられていたので、視察の折に女性議員らと話をしたりした。誕生と同時に人の死は誰にも避けがたいリアリティーだ。連休明けすぐに、委員会での視察であるが、次なる課題にむけて研鑽し、男性議員たちとも話を深めたい。もっとも、子育て世代は男性議員だというのが実情、高齢化問題はむしろ女性問題なのだろう。

::::::::::::::::::::
 核家族化や少子化、生涯未婚率の上昇などを背景に、誰にもみとられることなく自宅で死亡する「孤独死」が急増している。2015年中の全国の死者数は概ね130万人。孤独死は年間3万人程度と推計されている。ところがこうした看取られず放置されての孤独死は、高齢者に限ったものではない。

 A市では12年2月、60代の夫婦と30代の息子とみられる男女3人がアパートで死亡し、死後約2カ月後に発見されるという事件が発生し、大きなニュースとなった。3人の部屋は電気やガスも止まった状態で、室内で見つかった現金は1円玉数枚のみ。冷蔵庫に食料品はほとんどなく、餓死した可能性が高い。しかし3人は市に住民登録しておらず、生活保護の申請もしていなかった。この事件を契機に、「支援が必要な状態であっても自らSOSのサインを出さない、あるいは出せないような状態(取り立てに合っているなど)の要支援世帯を早期に発見することが重要」(担当課)と、孤立状態にある人の異変を早期に発見し、通報するためのガイドライン作成など孤独死防止対策を推進している。担当課によると、15年4月−12月にガイドラインに沿った通報が15件あった。その中には、通報を受けて駆けつけた市の職員が、衰弱した状態で部屋の中にいた住人を発見。すぐに救急搬送し、一命を取り留めたケースもあったという。

 内閣府の高齢社会白書(15年版)によると、一人暮らしの65歳以上高齢者の数は、1980年は88万人だったのに対し、2010年には479万人に増加。2035年には762万人に達する見込みだ。65歳以上の男女を対象とした同府の調査(14年度)では、「孤独死を身近に感じるか」の質問に対し、14.5%が「とても感じる」、30.1%が「まあ感じる」と回答した。国立社会保障・人口問題研究所の推計(14年4月)によると、35年には一人暮らしが1845万世帯に達し、全世帯(4955万世帯)の3分の1以上になると予想しており、今後も孤独死の増加は避けられない見通しだ。

 「孤独死はもはや身近な問題」「これからは孤独死が『スタンダード』になる」と専門家らも口を揃える。社会として、また個人として、孤独死にいかに備えるべきか。実例や有識者の話を基に考えた。

 なお「孤独死」の言葉に関しては、公的、統一的な定義がなく、研究者や団体によっては「孤立死」などを使うケースもあるが、ここでは「誰にもみとられることなく死亡し、一定期間を経て発見されるケース」の意味で、「孤独死」に統一した。(時事通信社・沼野容子)

孤独死のなかでも親族が引き取りを拒否した遺体は、どうなるのか。
 「墓地、埋葬等に関する法律」は、「死体の埋葬または火葬を行うものがないとき、または判明しないときは、死亡地の市町村長が、これを行わなければならない」と定めている。埼玉県内のA市では、生活保護法の規定などに準じ、市が選定した葬祭業者が@遺体の搬送(医療機関、警察署から遺体を引き取り安置する場所まで搬送。安置した場所から火葬場へ搬送)A死亡診断書、死体検案書の受領B死亡届の提出C火葬の予約D遺骨の搬送−などを行っている。

 ちなみに同院の2014年統計によると、23区内の孤独死は男性が3091人(65歳以上は1778人)、女性が1375人(同1107人)。孤独死の件数は男女で大きく違う。また女性の孤独死は67.6%が0−3日で発見されているのに対し、男性は0−3日が46.4%に止まり、4−7日が18.8%、8−14日が13.3%、15−30日が11.6%に上る。

つづき
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

蕎麦を味わう@我孫子

GW最後の日曜日となりました。爽やかな五月晴れ、日中はちょっと暑いくらいでした。
海津にいなは、結構、蕎麦&うどんは好きです。

近所のつくし野の「そば玄」は我が家から至近で、夏を乗り切る必須アイテム「ごまうどん」が特に好きです。事務所に来る人ごとに、食べさせて「おいしいでしょう?」とコメントを求めて、頷いてくれるので、また来た人にも食べさせたくなります。どうぞ、海津事務所に来た時には、ご一緒に。出前注文は一つからOKと言ってくれますが、それはちょっと気が引けますから、ね。秘伝のゴマだれには、胡麻の他に、クルミだとかも擂り混ぜて絶妙の味わいです。胡麻もクルミも健康にいいのですから、夏バテが吹っ飛びます。冬場は温かくして頂けます。病みつきになる美味しさです。

DCIM0321.JPG

DCIM0325.JPG

DCIM0328.JPG

天王台の大村庵は、車も止めやすく、量も納得できるので、色々、美味しくいただいてます。
ゆあーず隣のそば店は、かつての選挙事務所の近くだったのでそれ以来、良く行きます。
南青山のよもぎ庵は、かなり住宅街からも離れたところにある、料亭のような店構えの蕎麦&うどん店です。
上記写真は、入り口と店内で撮りました。
他に、若松の巴庵もさっぱり、上品なお味で、休日にお邪魔してます。

ご近所の自治会の方と蕎麦行脚で新木までドライブしたり、下記は南青山のよもぎ庵です。カレーうどんはかなり辛めで、注文した人は食べきれませんでした!?

CIMG1348.JPG  CIMG1345.JPG 2016013112140000.jpg

香川県に視察にいって、うどん県との理由がわかってから、愛郷精神とはこういうものかと恐れ入ったことがありますが、讃岐うどんで「ぶっかけうどん」を知ってから、歯ごたえがダントツな讃岐ブランドを選んでいます。

そして、我孫子駅周辺ですと、お気に入りの「きみ吉」に、よく行きます。下方の写真は、店に貼ってあった”かもーん”南蛮のご案内チラシ。つい食べるのに夢中になって、写真を撮るのを忘れてしまう訳です。連れて行った人は、たいていおいしーい、と言ってくれます。 おなかが空いて、駐車場が入りやすかったので、初めて入った時に、お得感のランチセットでえび天丼とせいろ(960円)と漬物が。えび天の揚げ方とタレが絶妙で、カリとしてて、プリッと美味しい!!!!! で、そう、あまり待たせない、頃合いで出てくるところも嬉しい。また、今回も食べてしまってから、チラシだけを撮影となりました・・・。 更に、気に入っている理由は、お店のBGMが、ジャズってこと。蕎麦とジャズの取り合わせが新鮮であり、細長い店内だがなかなかお洒落な雰囲気、卓をたくさんにしてないけど、なんだか入りやすく、座りやすい。お店の人が愛想がいい、しかし、何処が蕎麦屋なのかわからないような長ーい暖簾、看板もかけてないのに、回転良くこなしている。奥に座敷があって、ご自由にどうぞという仕掛けで、なんと蕎麦懐石もメニューにある。ご予約で4人以上、4000円前後のコースだとか。まだ、この上に未体験ソーンがあるのですが、4人以上の蕎麦好きと行ってみたいです!?

この近くには、三谷屋さんも、色々なメニューが、どれもお酒に合って、おいしーい。気さくなお店で好きですが、ちょっとお一人様では入りにくい感じかな。至近距離でありながら、それぞれ共存共栄で美味しいってことですね。

そして、南口は、なんといっても 弥生軒。ここに関しては、我孫子駅で立って食べるのが正統ですが、当然、時計をみながら、頂きますが、おつゆが美味しいので、結構いただきます。オタクとまではいかないが、レアな体験として、イベント会場で座って「唐揚げそば」を食した事もありました。立って食べても、座って食べても、デカイ唐揚げながら、さっぱりとしていて、唐辛子を振って、完食(ただし、シングル)、いつも通りの量なのに、通常価格より50円お安かったのもサービス精神の弥生軒のいいところです。

布佐の金むら、も美味しかった覚えがあります。もう一度行ってみたい蕎麦店です。

5月は、議員による委員会視察があり、地方に行く機会がありますので、そうしたところでもしっかり「おもてなし」の味を研究してこなくてはと思います。


posted by Nina at 11:04| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

日本人が長寿の訳、風呂習慣、和食、水、助け合い

細胞は毎日、約3000〜5000個も作られています。その後、癌細胞が活性されるような癌細胞にとって居心地の良い体内環境でいれば、この細胞はどんどんと活性され、癌細胞が増殖します。
しかし、この細胞を除去してくれるのが、免疫細胞です!!免疫細胞と、癌細胞は簡単に言うと正反対の状況を好みます。
それでは、癌細胞を死滅させるにはどうしたら良いでしょうか?


一番簡単な方法は、「温熱療法」です。HSP(ヒートショックプロテイン)はタンパク質の一種で、全ての細胞に存在します。このHSPは、免疫力を高めて、細胞を修復し強化してくれます。体温が上昇すると増加する性質を持ちます。そして、一番効率良く増加させるには、お風呂に入る事です。


■癌細胞を死滅させるお風呂の入り方とは?
癌細胞は、、39度で悪性細胞は衰え始め、42度で死滅すると言いました。しかし、お風呂に浸かっても42度まで体温を上昇させていると、身体への負担が大きく逆効果です。免疫細胞が活性する38.5度まで体温を上昇させれば良いのです。これは、意外と簡単にできます。

@全身浴で入浴する事
首と腋下は、血管が太い為、熱が入りやすい箇所です。血液を全身に運び、深部体温を上昇させてくれます。

A入浴前に、炭酸水、もしくは、温かい飲み物を飲む
ご参照下さい→食べすぎをなかった事に?「簡単にカロリー消耗させる」裏ワザ!

Bお湯の温度は40度〜42,3度にする。
この温度で10分間入浴すれば、体温は38度以上までは上がります。(*個人差があります)

B温める効果の高い精油を使用する
私は、ジュニパーとゼラニウムを塩やオイルに入れて入浴しました。
その結果、体温が上昇する時間が短縮されました。
ジュニパー4滴+ゼラニウム3滴

(入浴剤なし)42度のお風呂に10分間で38.5度
(精油入り)42度のお風呂に5分間で38.5度

今日はここまで・・・・
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

Eat in JAPAN is Cool!

近ごろ、にわかに“MADE IN JAPAN”が世界で見直されている。それも、ハイテクではなくて、むしろローテク、日用品が注目を集めているのだ。

「昔から“神は細部にやどる”といいますが、日用品は、暮らしの細部をいろどるもの。そういうところにこそ、ちゃんとしたモノが嬉しいんじゃないですか。だからいま、“日本製”のクオリティが高い日用品がひっぱりだこなんです」とは、あるライフスタイル誌のベテラン編集者である。仕事柄、内外のさまざまなグッズを見てきた同氏は、


◎「関の爪切り」■「Seki EDGE」 

 では、外国人が思わずうなる“細部”や“芸の細かさ”とは、具体的にはどういうものなのだろうか。それを探ることは、“MADE IN JAPAN”の今後の行方を占うことにもなるだろうし、ひいては、空洞化に歯止めがかからない日本の産業にとって、道しるべのひとつにもなりそうである。

「製品自体は30年ほど前に開発して、輸出を開始してから20年くらいになりますが、ここ5年ほどでぐんと評価が高まりました」と、“Seki EDGE”というブランド名で爪切りなどの製品を輸出している会社「グリーンベル」企画管理部の担当者は話してくれた。

Sekiとは、関の孫六で知られる岐阜県関市のこと。刃物で名高い同市で造られた爪切りは、ここ数年、海外のSNSを中心にその性能の高さが話題になり、1カ月に約5000個を売り上げるまでになったという。 「国内でも別ブランドで販売していますが、こちらもお土産にちょうどいい大きさらしく、旅行客に非常に人気です。ところで、アメリカでは爪切りはニッパー型のものが主流で、うちの製品は価格的には、現地の平均的なものの数倍になりますが、上下に独自の刃付けをした爪切りは形も珍しく、使った方は、切れ味や使い勝手のよさに驚かれたんですね」(同)

■「フリクション」「ジェットストリーム」 
 同じく、手のひらにおさまる日用品として大人気なのが日本製筆記具、 ボールペンでありながら、軸のうしろに付いているラバーで擦ると、摩擦熱によってインクの色が消える「フリクション」というものだ。「これまでに世界で、12億5000万本を売り上げてきました」 と、文房具を製造するパイロット営業企画部の担当者が胸を張るだけあって、計算上は全世界の6人に1人が使ったことになる。

「フランス現地法人の社長からの提案がきっかけでした。あちらの国では子どもたちも学校でボールペンを使っているそうで、書き損じるたびにインク消しを使わなきゃいけなくて大変だから、この製品をぜひ現地で売りたい、と伝えてきたのです。そこで日本に先駆けて売り出したところ、大変好評でした」(同)

 筆記具でいえば、三菱鉛筆の水性ボールペンも海外で爆発的人気を誇る。「ユニボール」というブランド名で売られ、発売以来、評価が高い。油性なのに水性のような書き心地の「ジェットストリーム」というシリーズも人気だ。

同社の広報によれば、 「欧米はサイン文化で、筆記体で文字を書くことが多いため、さらさらっと書ける水性ボールペンが人気があります。ただ、かつてはペン先の金属の腐食など克服すべき問題がたくさんあったのですが、それらを解決した製品を開発、発売して、長きにわたって高い評価をいただいています」ということで、同社の売上げの4割強は海外でのもの。海外における高い評価がうかがい知れる。

 前出の編集者は、「食品を包むラップや工具のドライバーなど、“MADE IN JAPAN”は意外なモノが高く評価されています。製品として出来がいいのはもちろんで、どこで買っても当りハズレがないのも大きい」と語る。爪切りや文房具について、この言葉には納得させられる。

(2)へつづく(2016年5月7日(土)掲載予定)

「特別読物 外国人がうなる『メイド・イン・ジャパン』日用品の実力――白石新(ノンフィクション・ライター)」より

白石新(しらいし・しん)
1971年、東京生まれ。一橋大学法学部卒。出版社勤務をへてフリーライターに。社会問題、食、モノなど幅広く執筆。別名義、加藤ジャンプでも活動し、マンガ「今夜は『コの字』で」(原作)がウェブ連載中。

「週刊新潮」2016年3月31日号 掲載


 いろんな魚種が刺身で食べられていますが、お腹をこわす人は全国的にも年間を通してほとんどいないのです。これ自体が奇跡的で、世界中でここまで柔軟で高度な流通システムは、実は他の国にありません。このことを私たちは再認識し、それを大切にすべきではないでしょうか。日本では水産物の安全性は当たり前ですが、国際的に見れば驚きに値する仕組みです。

 主としてアメリカを起点とするHACCP(危害分析重要管理点)などの安全性認証制度は、そこで働く人々がプロではないことを前提としたものです。経験の浅い非正規労働者でも最低限の衛生管理が実現できるように、厳しい規制や管理制度を重視するのです。「人」を信用しない社会の産物です。海外に水産物を輸出する際には必要な制度であることは理解しますが、国内で流通する分にはまったく必要ありません。むしろ機能の退化を招くものでしかありません。最近は市場原理を優先して、水産物の流通に関しても「合理化」を進めようとする動きがあるという。これに対して佐野教授は「日本が世界に誇る高機能な水産物流通システムを捨て去り、代わりに米国発のシステムを導入する必要はない。それは日本の魚食文化の放棄です」と警鐘を鳴らしている。

 卸売市場流通では日常的にサンプル検査が行われ、衛生的に基準を満たさないものは排除されてきました。またどの業種・業態においても専門的知識と的確なハンドリングのノウハウ、高いモラルとプライドを持った魚の専門家が水産物を扱い、刺身で食べることを当然の前提とした迅速な流通と適切な品温管理を行っています。彼らはまた、江戸時代に遡るほど豊富な経験と知識、柔軟な技能によってどんな魚でも的確に扱うことができるから、刺身が全国安全に食べられる国なのです。

信頼できる流通業者がいなければ、食の安全は成立しないのです。

「安全・安心」は生鮮食品において不可欠ですが、私たちは普段、スーパーの店頭に危険なものなど売っていないことを前提に買い物をしています。流通業者や小売業者を信頼してきたのです。そしてほとんどの場合、裏切られたことなどありません。卸売市場では、毒のある魚はきちんと排除していますし、鮮度には十分に気を配っています。お金を払って誰かに認証してもらわなければならないことなど、そもそも日本の漁業生産物にはないのです。制度ではなく人間こそが安全性を確保するのであって、流通や小売の現場に有能な人材を配置するコストを削り、認証制度を導入するのはお門違いだと思います。






 
 


posted by Nina at 08:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

ゴールデン・ウイーク終盤に

子供の日、そしてGWの終盤、なかなか良いお天気です。稲盛和夫(京セラ名誉会長)が『「成功」と「失敗」の法則』(致知出版社)の中で「今日より良き明日を。人生とは心を高めるために与えられた期間」とを語っておられる。あのJALをも蘇生させた、名物企業人ともいうべき方がので、ご紹介しておきたくなりました。


・・・・・・・・・・・・・・・・

私たち人間が生きている意味、人生の目的はどこにあるのでしょうか。
それは「心を高める」こと、「魂を磨く」ことにあると答えたいと思います。
欲に迷い、惑うのが、人間という生き物の性(さが)です。
放っておけば、私たちは際限なく財産や地位、名誉を欲しがり、快楽に溺れかねない存在です。

生きている限り、衣食が足りていなくてはなりませんし、不自由なく暮らしていけるだけのお金も必要です。
立身出世を望むことも生きるエネルギーとなるだけに、一概に否定すべきものでもないでしょう。
しかし、そういうものはいくらたくさん溜め込んだとしても、どれ一つとしてあの世へ持ち越すことはできません。この世のことは、この世限りでいったん清算しなくてはならないのです。

そのような中で、たった一つだけ滅びないものがあるとすれば、それは、「魂」というものなのではないでしょうか。 死を迎えるときには、現世でつくりあげた地位も名誉も財産もすべて脱ぎ捨て、魂だけ携えて、新しい旅立ちをしなくてはなりません。だから、「この世へ何をしにきたのか」と問われたら、私は、「生まれたときより、少しでもましな人間になる、すなわち、わずかなりとも美しく崇高な魂を持って死んでいくためだ」と答えます。

様々な苦楽を味わい、幸不幸の波に洗われながら、息絶えるその日まで、倦まず弛まず一所懸命に生きていく。その日々を磨砂(みがきずな)として、人間性を高め、精神を修養し、この世にやってきたときよりも少しでも高い次元の魂を持ってこの世を去っていく。 私はこのことよりほかに、人間が生きる目的はないと思うのです。

昨日よりましな今日、今日よりよき明日であろうと、日々誠実に努め続ける。その弛まぬ営みにこそ私たちが生きる目的や価値が、たしかに存在しているのではないでしょうか。 生きていくということは、苦しいことのほうが多いものです。とくに、なぜ自分だけがこんな苦労をするのかと、神や仏を恨みたくなることもあるでしょう。しかしそのような苦しき人生だからこそ、その苦は「魂」を磨くための試練だと考える必要があるのです。人生における労苦とは、己の人間性を鍛えるための絶好のチャンスなのです。

試練を、そのように絶好の成長の機会としてとらえることができる人、さらには、人生とは心を高めるために与えられた期間であり、魂を磨くための修養の場であると考えられる人…そういう人こそが、限りある人生を、豊かで実りの多いものとし、周囲にも素晴らしい幸福をもたらすことができるのです。


posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

GWのあっちこち、そちこち 行ってきました

村田昭治( 『マーケティング・ハート 学ぶことのたのしさ』プレジデント社)は、「人生のビジョンをもっていますね。人生の夢、人生のロマンをもっていますね。ロマンや夢やビジョンがあるから、それをどう現実に落とし込んでいこうかという魅力にあふれているから、毎日豊かな日を自分でつくることができるのです。」と言われた。今さら、人生のロマン、人生の夢を問われるとはドッキリ。

つまり、革新的な発想を得るには、物の見方や考え方を変えること、「枠」をはみ出すことだという。
角度を変え、立場を変え、裏からも横からも反対側からも見てみる。
枝葉ではなく本質的に考えたり、短期ではなく長期的に考えてみる。
思い込みや抽象的ではなく、具体的に考えてみる。
つまり、物事を一面だけでなく多角度から見たり考えたりする習慣を身につけるということ。

異質なギャザリングズ(集合)”のなかで、物事のクリエイティブな発想が生まれるのだと言われる。
いろいろな街のこと、いろいろな社会の事件、それをどう編集するか。それはマーケティングの考え方と同じだということです。

さらに、森毅という元京大教授は数学者もされた、枠すれすれにすべてを考えるということを主張した方で、
枠すれすれ、ファジーな領域あいまいなところをどう考えるか研究されたというのです。その上に、ハーバード大のがテオドール・レビット教授について学んだ話もされ、いまから30年前の話だそうですが 第1時間目のマーケティングの授業で、マーケティングの第一は物にとらわれることではない、ということだったと。 物だけにとらわれている発想は「近視眼的発想」、マーケティング・ソフトのあるマネジメント、ビジョンのある経営、ビジョン・マネジメントの途をいく企業になること。自由度が原則だというのです。例えば、酪農製品のメーカーへの提案は、その会社が、人間が何を口にするかというメニューを研究・開発し、具体的にデザインする会社になる、物にとらわれない発想を提案する。
枠を外すことで、新たな展開力が付くということだ。

知り合いの都内の女性議員たちは、LGBT(性的少数者。レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーの略)の勉強会にいったとか、トゥレット症候群治療推進学会(チック症的症状の希少発生のため偏見誤解を受けやすい)にいったとか。枠を外して様々な視点で障害と偏見を考えてGW中も、あっちこちで見聞をひろめ頑張っている。

海津にいなは、中里のギャラリー「遠方近方(おちこち)」で、絵画、陶芸作品を見ながら、しばし歓談してきました。明日は最終日でスタジオライブの弾き語り(5時半)もあるそうなので、どうぞ、いらして見てください!下記FBで会場の雰囲気をご覧になれますよ 

https://www.facebook.com/ochikochi.net/





posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

憲政記念会館での女性参政シンポジウム

施行69年を迎えました。改憲勢力が憲法改正の発議に必要な衆参両院の3分の2以上の議席を確保すれば、改憲が実現可能になるため、安倍晋三首相は夏の参院選で憲法改正を争点とする考えを示しています。日本経済新聞社とテレビ東京が憲法記念日を前に世論調査を実施したところ、憲法について「現在のままでよい」との回答が50%に達したと報道されました。

先月、海津にいなは、憲政会館において行われた女性参政70年記念事業シンポジウム「女性は政治を変えられるか」に参加した。市川房枝記念会・女性と政治センター主催。国会議事堂前を通り過ぎ、会場につくと既に大入満員で予約以外は、入場できない。当日参加の場合はキャンセルの席が出たらということで、お断りされていましたが、事前に申し込みしていたので着席できました。

DVDでは、戦後になってようやく、女性にも参政権が得られて、史上初の39名の婦人代議士が誕生した模様を映し出しました。このようにして女性たちは棘の道を行きつ戻りつしながら進んでいる、そして今も世界に出遅れているのはなぜなのだろうか。ガラスシーリングと言われる見えない天井をフランスもイタリアも、アジアの女性たちも打ち破ってきたというのに、日本の女性のソフトパワーが通じないのはなぜなのか・・・・

CIMG1413.JPG CIMG1414.JPG CIMG1415.JPG CIMG1421.JPG CIMG1416.JPG CIMG1436.JPG

と、思いながら、基調講演をされた浜矩子さんの話が始まった。金と黒のストライプ柄のジャケット、髪はKくされていたので、却って、服装に目がいってしまったが、さすがパワー炸裂の強烈の話ぶりでした。橋下徹さんが市長時代、浜さんを「紫頭おばはん」と評して、「家族会議」で奥様から「ダメだし」、謝罪・撤回したいきさつがあります。

今、浜さんはアホノミックスで笑いを取りながら、斬りまくる。どう題名の御著書も、鮮烈販売で売れ行きのようだ。私としてはちょっと、大学教授としては頂けない感じがする言葉選びではと思うところもある(なにぶん、学術論文を書くとなると語彙選びは慎重にということだから)。話者としての浜さんは、歯に衣きせず、闊達で明解な主張で、どこも恐れず斬りまくり、マスコミでも引っ張りだこ。こういう女性が、戦前に戦争反対の声を挙げて「アホな富国強兵!!」とでも言っていれば、女性たちは愛国婦人会一色にならなかったやもしれない、など思ったりした。紫バッシングがあったとしても意に介さない女性なのだろうなと思いながら、女性の経済コメンテイターが少ないということなど、同志社大学教授として教鞭をとる立場にもなっておられましたが、話しぶりは以前と同じか、もっと過激でした。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/kimuramasato/20160422-00056920/
さて、上記のようなHPを見つけました。震災後のDV、などなど 対処が遅れてるとのリアルな記事です。阪神大震災のころより、盗難もこうした問題もかなりあったのに、ないような話しになっていたので、被災した芦屋の友人は事実は違うと嘆いていました。東北でも、震災泥棒もかなりあり、(確かに、私も我孫子で雹災に合った時に窓ガラスが割れても、ガラス屋に板ガラスが入荷せず、長いこと手配がつかない時に、近所のお宅は窓から泥棒が入られて、こういう時だからと 狙ってやってくる一群もいるんだとか)、報道というのは事実の一面でしかないということです。報道を鵜呑みにせず、そして自らも発信する術を磨く時代がきていると思います。是非、「我孫子市議会だより」などお読みになったら、お便り、Fax,またはEmailでご意見、ご感想などお寄せ下さい。
憲政会館.JPG

posted by Nina at 10:48| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

英国式散歩=ポタリング by bicycle, boat or foot

連休直前に日銀の肩透かしで、どうなるかとの連休なか日でしたが、円高・ドル安水準で推移。
日経平均株価の下げが一服するなど投資家心理の悪化にとりあえずの歯止めがかかり、「低リスク通貨」とされる円を買う動きが出るかどうか、連休明けというところです。

せっかくの連休は、風景を楽しんでぶらりと歩く英国式「ポタリング」はどうでしょう。その方法にも、ちょっとした楽しみ方が幾つかあります。自分なりに動きやすいスタイルを整え、歩くだけではなく、舟でも、自転車でもかまいません、「ぶらつく愉しみ」という行為です。もとは「potter」を語源とする言葉、ポタリングは単なる散歩の域から、吟行の類に見られる優雅な過ごし方だと理解されます。ワーズワースの詩の世界とも共通するので、なかなかお洒落ね気分に浸れるのです。

自転車でポタリングするなら、スピードではなく気ままにのんびりと走りながら、季節の移ろいを体感する、観光や土地の味覚を楽しむ、あるいは目的なく気の向くまま走るなど、目的は人それぞれ。「運動が苦手」「体力に自信がない」という人でも気軽に楽しめ、ストレス解消にもなります。とにかくゆる〜くマイペースにブラブラ自転車で散歩してみましょう! これですと、今まで気にも留めなかったことや忘れかけていたことなどに気が付くことができて、ココロもカラダもリフレッシュ!そして、お洒落なのは観光の小舟でシェークスピアの生誕地をゆっくりといくというのも英国ではゆったりと喜ばれるコースだそうです。

我孫子の場合も舟でゆったりと湖面を散歩することもできそう、これこそGWまでの期間にピッタリです。フィッシングセンターには、クラムチャウダーを出してくれる、カフェもあるそうですよ ♪ 
サイクリングなら、身近な利根川堤に専用サイクリング道もあるので、ポタリングには最高です。爽やかな風を感じながらのサイクリングは「ココロ」も「カラダ」もリフレッシュの効果が大です。友人と、カップルで、または家族、あるいは夫婦で。誰かと一緒に自転車に乗るとさらに楽しいものです。

遠方へ行くなら、折りたたみ式自転車を車に積んで、自宅から離れた場所へは、まずは車で行って、ポタリングができます。もしくは、自転車で現地まで行って、帰りは折りたたんで、電車かタクシーにする手もあります。帰りの体力を気にせず走り回ることができます。また、自転車で出かけて、途中でお酒を飲み、電車やタクシーで帰るという楽しみ方も折りたたみ自転車であれば宅急便など利用する手があります。

便利グッズも増えました。サドルに取り付けることができる、ポリウレタン素材のサドルバッグ。防水性が高いので、突然の雨でも安心です。カバンを背負って走るのが面倒、という人にはオススメです。


posted by Nina at 16:26| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

本日、晴天なり

生鮮館の駐車場の定点観察を行っている。休みなので午前中にいってみた。駐車場の券売機が置かれていた奥の部分で、いよいよ宅地造成が始まったていた。

駐車場.jpg

この駐車場が売りに出て、一時は全面売却の噂もあったが、なんとかつくし野のショッピングセンター「生鮮館」の駐車場が確保されて、多少とも社会実験的な無料対応で駐車場が解放されるようになった。某企業が残りの土地を購入した際に、当面、無料で駐車場として利用していただくとの神対応になったという経緯だ。昨日のまち協総会でも話題になったし、「公共施設も入っているのだから、駐車場としての利用スペースを確保してほしい」との陳情までもとびだした。今や商売の要はいかに車が止めやすかだとの話がされるようになって久しい。このような無料の駐車(ただし、2時間までを心掛けて頂きたいとの張り紙がされている)が出来る事で、お客様の数が増えるかどうか、様子見になっているそうだ。

さて、セブンイレブンとはだいぶ水があいていコンビニの「デイリーヤマザキ」は、赤字続きながら頑張っている。その本社である山崎製パンは、今回の熊本での災害時にも食の支えとなって立ち働いた姿は、多くの人々を励ましていた。飯島社長の「強い意志」で、不採算事業も散見されるとも言われるが、震災の時は自分の会社が苦しいのなんぞと逸わずに、ボランティアで活躍してしあえる社員がいると言う会社で感心させられる対応ぶりをみせて、感動の余波が続けている。大手だけが商売繁盛ではなくて、しっかりと地域を支えてくれる商店を、今は街ぐるみで大事に応援するということもしていかないと、売れなくなったら閉店というのではたまらない。

買い物はある程度近い、歩いても行ける範囲にあることは有難い。そして、売れればいいではなくて、人々の生活を大切に適切な値段でいいものを出してくれる店であってほしい。その点で、生鮮館はプロ集団の集まりなだけあって、肉も魚もいい。イトーヨードーでは、肉の脂身が肥大していて閉口するが、生鮮館の肉は「ジャンプ」という商店が担当するがそういう事はしてないのが嬉しい!!!刺身も、安くて美味いと夫も満足、最近は買い物に行ってくれる!?


posted by Nina at 15:57| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3300)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)