2016年02月26日

国公立大の2次試験

国公立大の2次試験(前期日程)は25日、初日の日程を終えた。
東京大、大阪大の国語では、「反知性主義」についての論考を読ませ、筆者の考えについて説明させた。佐賀大の英語では、選挙権年齢の18歳以上への引き下げについての自分の意見を英語で書かせた。山口大の国語では、テレビアニメやフィギュア(スケートではなく、アニメをモチーフにした人形)などで世界に広がった日本の「かわいい」文化を取り上げた。

 ユニークな出題もみられた。観光キャンペーン「うどん県」が話題を集めた香川県の香川大は、生物の試験で「鼻腔(びこう)をくすぐるダシの香りに誘われてうどん屋に入った……」で始まる短文を読ませた上で、ダシの『香り』を受容した細胞の名称を記せ」など、うどんを“完食”するまでの体の働きについて答えさせた。これなどは、香川県人だったら、たまらなくなるほど書ける「文化」だけれど、県外の受験者には難問だったかもしれない。だから、香川県は観光先進県なんだなあと、一人あたりの貯蓄高が日本一だという、堅実でしっかりと稼いでいる県民なんだなあと。

つまり、県民としてのプライドがうどんに尽きるとまで言える。たかが、うどんなどとは思っていない。讃岐うどんと呼んでいいのは、香川県の小麦粉を使っている条件を満たしていなければならず、知的財産権(というのか、食的財産権?)が明確なので、こういうところは観光にぴったりなマインドをもっている。ぜったいに、讃岐うどんは違いが分かる、美味しくて、手をかけずとも何倍もお替りさせて、結局、お客も店主も満足を分け与えもらう、そういううどんだ。Win-Winなのだ!!つまり健全な精神で儲けるのだ。加ト吉を考えれば分かることだ。そういう文化をもっているところは羨ましい。自分の県のアイデンティティをもっている。佐賀と違う。千葉県はなんだろうか? 我孫子は本当にうなきちさんなのだろうか、ふさだダシオなんだろうか。何がウマイのだろうか、あやふやだ。

 そう書いているうちに、うどんが食べたくなってきた。また、冷凍の讃岐うどんを買ってストックしておかなくては。レンジでチンして、ゆでたての食感なるのだから、受験生のお夜食にもぴったりですよ。

文部科学省によると、25日試験を実施したのは158大学537学部。1時限目の総受験者数は22万9216人で、欠席率は5・8%だった。

 世の受験生のみなさん、ご家族の皆様、風邪ひかないで、目標を達成してくださるように、お祈りしています。




 
 
posted by Nina at 23:50| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3507)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)