2015年11月22日

大入り満員の講演会@けやきホール(9F)

19日(水)にキャンセル待ちで、県民講座「自分らしい最後の迎え方」に参加した。講師は、生涯医療ネットワーク代表の谷口義則さん。レジメ二枚の他、希望者にとパンフレットを有料配布したが、希望者にゆきわたらずに売り切れとなるほどの関心の高さだったのに改めて驚いた。このようなタイトルでの講演会は、どれほどの人が参加するのかとの興味だったが、予想をはるかに上回った。

誰しも少なくとも一回の死の経験を避けることはできないのだが、その時に直面するまで前もって習うことは滅多にないと講師・谷口さんは言う。こうした経過を見守るのは、介護保険制度ができるまでは多くは家庭婦人、付添の女性が担ってきた。今は女性が仕事を持つ時代で、核家族化した家庭だけでは支えきれない。

レジメでは、1「終の住処」、2「長生きリスク」となっていた。リバースモーゲージ(住み続けながら土地建物を担保に資金を得て、介護費用にあてる)などの話が出た。今どきは、「老人破綻」「下流老人」、また子供が親の年金をあてにする自立できずに同居して障害事件も起きている。オイルショックならぬ「老いるショック」があり、長生きリスクの事情も起きていると指摘された。世界最高のご長寿国だが、話を聞き始めて5分で、もろ手を挙げて喜べなくなってきた。

3「終末医療(延命治療)について」は、質問の傾向からもっとも関心が多かったように思う。欧米には安楽死のできる国(ベネルクス3国、スイス等)や地域(オレゴン州等)もあるが、日本の場合は安楽死の法制化はしない。尊厳死については日本尊厳死協会が設立して相談を受け入れる。欧米とは逆に延命治療法があり、寝たきりの期間が長くなっている。北欧、欧米の老人施設に寝たきりがみられないとされるが、宗教間の違いからか、自ら食べられなくなった際にチューブでの胃ろうなどの医療処置はしていない。国税の支出に医療介護費の支出割合が半分近くに迫るほど多くなり、この先保険の負担割合が変わり、かつ定年後の余命が延びると老齢による破綻がないように資産の処分を含め考える必要がある。引き取り手のない独居者のご遺体が増えた事情もあり、医学授業での献体は不要な事情も、近年の変化だと話がされた。

さらに、米国では医療費が工面できないとか、既に問題化しているが、日本であっても保証人が居ないから入院できないのとか、根本の問題もクリアできない方も増える。ご長寿社会はかなり女性に関わる問題が多い。しかも、女性が市議になること自体が難しいことや、女性幹部職員が少ないことも、うらはらな現実として考えさせられる。そして、選挙への関心が毎回遠のくのを投票率が示しているのは、大入り満員の講座と比べて神妙だ。

さて、最後に、意外に知らない臨終の兆候、苦痛に対する緩和ケアについて、キュープラ・ロス『死ぬ瞬間』(5段階を経て亡くなる、との見解を明かした研究者だが、ご本人も死に際しては苦しんで暴れ、弟子たちも去ったとの逸話)の紹介もされた。他に、山崎章郎『病院で死ぬということ』 (これが“日本社会で死ぬということ”なのか!? という山崎医師の痛切な反省が日本にホスピスの理念をもたらしたとされる)


つづきも読んでください
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3499)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)