2015年11月17日

有難いこと

「ありがとう」の反対は「当たり前」。
ありがとうとは、漢字で書けば「有難し」。有ることが難しいほど珍しいこと、めったにないこと、すなわち奇跡ということ。奇跡の反対は、当たり前。

私たちは明日も、今日と同じ日が続くと思っている。震災、テロなどが身に降りかかってくるとは考えなかった。この当たり前のような毎日は、本当は奇跡の連続の上になりたっている。

「古事記」には太陽の神、海の神、風の神、山の神、野の神、木の神、火の神、水の神、食物の神など、さまざまな神様が登場します。「古事記」など日本の神話に一貫して流れているのは、神羅万象の中に神を見て、それを敬い感謝する心です。

ものをただの物質と見るのではなく、現象をただの物理現象と見るのではなく、それらを大自然の叡智の現れと見て感謝するのです。

この感性で生きれば、たくさんの神様に囲まれて生活しているという感覚になり、太陽を見て感謝し、風を感じて感謝し、火に水に食物に感謝し、生活のすべてが感謝三昧になります。選挙から一週間、改めて感謝でいっぱいです。
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3393)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)