2015年10月29日

やってみて考える!?

筑波大学名誉教授・村上和雄の『生命のバカ力』(講談社+α新書)に次のような面白いことが書いてありました。

 井深さんは、ソニーが国産初のテープレコーダー開発、トランジスタ導入に成功したことについて、こう述べられています。 「テープレコーダーもトランジスタも、もし深く理屈がわかっていたら、恐ろしくてできなかったでしょう。あとで知って、よくも向こう見ずにこんなことをやったものだと思いました」

知識や情報量そのものが悪いとは思えませんが、自分が人よりよけいに知っていると、ほかの人より正しい判断ができるという思いこみが生まれ、その知識に頼る気持ちが勘を鈍らせるのだと思います。あるいは、知識によって先を読んでしまうことも、マイナスに作用する一因でしょう。

とくに研究がうまくいかないとき、なまじ知識があるばかりに、すぐに結論を出してしまいます。そこには、「やっぱりダメだろう」という先入観があるように思われます。

畑違いの遺伝子工学の分野に足を踏み入れようとしたとき、「先生、大丈夫なんですか」と、否定的な考えを口にしたのは、偏差値秀才タイプの学生たちでした。もちろん、大丈夫なんて保証はありません。でも、大丈夫でないという保証もないのです。なにごともやってみなければわからないし、画期的な技術だから、やってみるだけの価値はある、というのが私の考えでした。

一方、好奇心旺盛なスタッフは、「おもしろそうだからやりましょう」と賛成してくれました。この「おもしろそう」というところが大事で、こういう人は、たとえすぐにはうまくいかなくても、興味があるうちは投げ出さないで続けるため、よい結果が出ることが多いのです。 少なくとも独創性を必要とする世界では、知識や情報、経験に頼りすぎると、遺伝子は眠ったままで、あまりいい結果は出ません。

 いい遺伝子をONにするためにも、知識のある人はいったん知識を忘れたほうがいいし、過去の経験はシャットアウトして、とりあえず、目の前のことに集中することです。遺伝子ONのために強調しておきたい点の一つは、それがプラスかマイナスかなどと考えるひまを自分に与えず、ともかく、やってみることです。

 できるかできないか、効果的かどうか、そんな評定は後回しにして、とにかくものごとをはじめてみることが大事なのです。そして、いったんはじめたら、どこまでもやりつづける。 途中でつまったら、やりなおす。むやみに疑念や逡巡をさしはさまない。鈍臭くてもいいから、思いこんで、バカみたいな単純さでやりつづける。前向きな人というのは、そういうことに機械のように専念できる人です。

人は先のことを考えたり、ものごとの成否を考えすぎたりすると、どうしてもマイナス思考におちいりがちで、限界意識が先立ちやすいものです。そういうときは、多少のむちゃを覚悟で、思いきって火中に飛びこんでみるべきです。よけいなことは知らないほうがいい。とりあえず目の前のことだけに集中する。

 すると意外に道が開けてくるものです。「見る前に跳ぶ」、この前向きな姿勢が、遺伝子ONにはとても有効なのです。



「泣こよか ひっ飛べ」という、薩摩(鹿児島)に伝わる言葉があります。小さな子どもが、高いところから飛べずに躊躇したり、川の向こう岸に跳べなくて泣きそうになっていると、「泣くひまがあったら、思い切って飛んでしまえ」というのだそうです。ぐずぐず考えずに、行動しろ、ということ。現代人はネット情報を知りすぎて、パソコンで世界中のことまでも知って考えることが出来る。 考えて考えて、結局は行動しないことが多いものです。

「見る前に跳ぶ!」 愚鈍に泥臭く、いつも後を考えず前向きに行動する人がいてもよい、それは悪くはないのだと思いながら、飛び込んでみたのが市政でした。再挑戦なるか、皆さま次第ですのでよろしくお願いいたします 




posted by Nina at 15:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3393)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)