2015年10月20日

朝夕のあいさつ、議員活動の基本のキ

月曜は、一週間の始まり。でも、ブルーマンデーなどという言葉もあるように、土日の休みが明けて、なかなか気分爽快という訳にもいかない場合もあるでしょう。でも、そういう時にこそ、挨拶から始まると考えてみると、イケるモードになっていきやすいのでは?

サッカー元日本代表監督の岡田武史さんは、母校早稲田大学での講演で挨拶することの重要性を話されていました。 「挨拶とは、
僕は君という人間が僕の世界(心)に存在することを認めていますよ、許しているんですよ」という相手に対する合図だと言われました。

そこで、逆も真なりです。もしも、出会った人に挨拶しないということは、「僕は君という人間が僕の世界(心)に存在することを認めていませんよ」との意味にもなるというのです。

一方で、心が開かずに狭くなると「徳」は減っていきます。 無視する人が増えるほど「徳」はどんどん減ってしまうのです。要するに、挨拶とはギブ・アンド・テイクのもの。 好きな人も、嫌いな人も、みんな自分の世界(心)の内側に存在することを「許し、認めること」ができるかどうか、気づかずにいるかもしれませんが重要です。 挨拶はそんな器の大きな人物(徳の高い人)になるための、とてもいい行(ぎょう)なのだそうです。

自分がした挨拶に反応があってもなくても、それは問題ではないのです。すべての人を許し、認めることができる。そんな大きな人物となれますようにと祈りを込めてする「挨拶行」なので、挨拶が育てる「もとめない心」の行(訓練)だといえます。

覚悟を決めよう、つらいこと、悲しいこと厳しい呼びかけが まだまだ続く
どんな呼びかけがやってきても「ハイ」、「ハイ」と答え続けよう

何万回続く苦難だとしても無視する人、反発する人
呼びかけても、呼びかけても返事がない
それでも呼びかけを続けよう
何万回拒否され続けたとしても

もう一人の無心に行いを続けるとの話について、あげてみよう。それは
マザー・テレサの「あなたの中の最良のものを」という素晴らしい言葉がある。
  あなたが善を行うと
  利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう
  気にすることなく、善を行いなさい

目的を達しようとするとき
邪魔立てする人に出会うでしょう
気にすることなく、やり遂げなさい
善い行いをしても
おそらく次の日には忘れられるでしょう
気にすることなく、し続けなさい」(抜粋)

そこで、海津にいなも、そうだったのか、と思いあたったのです。
毎朝、市議に当選直後から、駅頭で挨拶し、活動報告をつづけていたのです。もちろん、その時には行政の実態をお話しして、市民の理解と協力を仰ぐという内容の挨拶と実践でした。それは、そのまま票には結びつかなかったとしても、やり続けていくことは、市民から託された役目としての報告活動だと考えていた。ひたすら続けていたお蔭でシワが増えたのでわないかなどと夫には心配されたくらいだ <`ヘ´>。

市民が往来する駅頭で挨拶して話をする方法が、週末に呼びかける政治集会よりも実際的、互いに効率的だと考えて続けた。それは他の議員にも刺激となったようで、他の議員も選挙の帰還だけでなく駅頭の活動が増えたのだった。

当時、海津にいなは毎朝の報告活動を、七つの駅の北南口を巡回して行ったのだが、それは市内を定期的に視察するいい機会にもなるので、ルーテインにしていた。結果的に、14か所だから、一か月で同じ場所は2,3回ということになる。七つというのは、海津にいなの「な」にかけて七つの駅に出向く事にしたのだ。その七つ目とは北柏駅で、柏市になるが、我孫子市船戸、根戸の人たちが通勤、通学に利用するので巡回駅に加えたのだ。

当選した最初の年は、車にグッズを積み込んでいき、そのまま路駐していても問題なかったが、制度が変わって駐車禁止の警告とならないように、パーキングも増えてきたので、コインを持っていないと大変な事になった。しかも、駐車場代もそれなりにかかり、出費もかかることになった。実のところ、市議活動の報酬はカットされ減じられていったので、世の中の給与形態がまがりなりにも年数とともにスライドするはずが、市議はやればやるほど梲(うだつ)の上がらない仕事といえる実態だった。一方で、市議会議員は減らせという声があるらしく、市民に受けがいいと考えたのか議席数を減らせといいながら、多選議員もいらっしゃる。私の耳には、議員の数うんぬんより、多選の弊害をいう人が多い・・・・。税金の無駄遣いの対象に議員の報酬を考えるなら、なぜか報酬をさげてもっとボランタリーにやるとか、すそ野を広げて多くの人が議会に責任を持ち、可視化するほうが今流ではないか。人数を目の敵にするのでなく、増やして減じるという発想があってもよさそうだ。しかし、ある程度の賃金保証がないと、優秀な若い人材は集まらないだろう。よくよく考えてみなくてはならないとおもう。そういえば、議員の数を減らせ〜という議員には、あまり駅頭をしている人は見かけないかな。これって、相関関係があるのかしらん。

今回言いたかったのは、ある特別な週だけでなく、日ごろから、挨拶をする機会を持つ方がいいという事を申し上げたいと思いました (#^.^#)。

posted by Nina at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3398)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)