2015年10月04日

新たな街づくりの技、国際的な視野とプレゼンテーションの必要性

現在は、人に伝える技術(プレゼン)、分かってもらえる技術が必要とされている時代だ。
誰にとっても、自分の考えを纏める間を与えないくらい情報が洪水のように氾濫している。テレビ、ラジオ、新聞・雑誌以外に、スマホを持って動画やツイッター、FBで発信し、受信するようになっている。様々な情報に接する機会、海外の情報まで瞬時にアクセスできる。

そうした状況の中で、情報提供する側は自らの伝えたいことを選んでもらわなければならない。結果的に「伝わらなかったらつまらないのと同じ」ということ、それは無いのと同じだ。街づくりにも、情報の伝え方、つまりプレゼンの技術を磨きあげることが求められている時代が到来している。これまでと同じではなく、情報の伝え方を含め、スマートに変えていくべきだ。それには老若男女の取り組み、協力も必要ということになる。

ITやロボットテクノロジ―の進化により、これまでのような労働形態が無くなる時代にはいった。たとえば、IT化が進んだ現代では、在庫管理などのかなりな手間が省かれ、個人でネット販売することや、アジアから安くていいものを見つけて、ネットや通販でも買える。たとえば、中国の卓球ラケット、雅印が安くて早く手にはいる。バレエの発表会用の衣装などは一点もので高いが、ベトナムにオーダーするなどすると、丁寧な縫製で安い、サプリ王国のアメリカからペットのサプリを輸入するなどもいともたやすい。

その場所に行かなければ買えないものは、レストランやディズニーランド、芝居、コンサートなど、人々を楽しませるエンターテイメントを提供する場だけ、と言ってもいいくらいだ。だからこそ、あらゆるビジネスにショービジネスの要素を盛り込むことが生き残りの最低条件となる。吉本の芸人が各方面で大活躍するのが目立つのは、ビジネス(商業活動など)にもエンターテイメント性が必要とされる時代が来たということのようだ。驚きや、笑いや意外性という部分には、間違えずに素早くやれるITやロボットが持っていない「人を楽しませる要素」があるからだ。

今やコンビニで何でもそろう時代になってた。そこには次々に驚くべき便利な商品を開発されて お客を引き寄せるレシートのあたりクジまでもあって、他店との競争も激化だ。もっとも、興味を引く商品の開発は簡単なことではないから、舞台裏は寝ている間がないに違いない。女性たちも働いて忙しい生活をしていている。奥様(家庭婦人)が家にいることは希少であり、かつて花嫁予備軍と思われた若い女性も明るい時間帯に買い物を楽しむ暇はない。かつて買い物の主役だったそういう人が何を手にとってくれるか、考えだして提供するのがコンビニになってきているようだ。コンビニは現代の「ほっと」スポット、「こんなにも便利に身近にお届けします」で、儲けにつなげている。劇場・映画のチケット、馬券までもそろえられる生活をエンジョイさせる、各種の案内のコンシェルジュでもある。

人は一緒にいて楽しい人、気持ちのいいところで仕事をしたいと思う。
そういう事のためには、ロゴのデザインも、会社のイメージなるから、ひとつひとつに気を抜いていない会社が選ばれていく。街づくりも、地域も同じ気分があるだろう。まったりとして安心感がある、でもコンビニに負けないくらい配慮と便利さを考えて、街の住みよさを提供するくらいの気概が感じられれば、若い人が定住する。その街に住んでいて「楽しく」感じられるようになる、地域のつながりが子どもぐるみになると早々離れてはいかない。パチンコ店じゃないけど、しょっちゅう本日開店の目新しさを訴えるくらいの「寄ってみようかな」と思わせないいけない。日本全体が人口減少のトレンドに入っているのだから、人口を増やすのはやさし事ではないが、それでも方法はあるはずだ。

どうぞ、皆様のご意見も聞かせてください!

             よろしくお願いします  10月吉日 

DSY_1469.JPG

つづき
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3499)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)