2015年09月26日

お茶、中国文化と日本文化の異質性を象徴 その1

 昨日は市議会の最終日、陳情の案件で呼びかけがあって、傍聴にいった。全会一致で採択され、雨のそぼ降る中、男性傍聴者が多かった傍聴席で、女性は数えるほどだった。議席の中にも女性は3人になってしまったから、こういう席では女性の参画は席の向こうとこっちで同程度という感じ、さらに執行部には女性ゼロ。男女共同参画都市宣言は、宣言どまりというところか。女性は職員採用試験では高得点で男性を押しのけてしまうほどと耳にするものの、その後の展開はなぜなのだろう。
 
 さて、秋も深まる週末、和菓子をいただき、温かいお茶が嬉しい季節だ。京都あたりで、川面を眺めながら、旅の足を休め、お茶を頂いたら最高なロケーションだ。もともと、お茶の起源は中国に遡り、日本はお坊さんがもたらした。さらには、インドに伝わりチャイと呼ばれ、植民地統治の英国に伝わってアフタンーンティが盛んになり、それは、英王室からロマノフ王朝に嫁いだ妃によって伝わったということからか、ここでもチャイと呼ばれて、世界の紳士淑女に伝わったようだ。連休中日に行った交流会には、中国人留学生が来て、お茶の話がでた。中国では、ウーロン茶、ジャスミンティなどより緑茶が好まれ、菊の花茶もポピュラー
なのだと、意外な側面を知った。

 本家本元の中国の茶は如何にして茶を美味しく飲むかは、味だけではなく、色・香・味を含めるそうだ。唐の『茶経』、宋の『茶録』、『大観茶論』などの茶書は、茶の製作、水の選び、茶の点て方、茶道具の扱い方などから、ひたすらに茶の味を追求した。茶碗の釉色、器形、深浅、大小などにこだわったのも、茶を美味しく飲む。

 中国では茶碗は茶の味を際立たせるための道具とされる。日本人のこだわる玳皮天目は茶の色を邪魔し、茶の味を損じるとされ、選ばれなかった。陸羽は青磁の青に浅黄色の茶の色映りが良いと言い、越州窯の青磁茶碗を選んだ。蔡襄は黒磁の黒に白色の茶の色映りが良いと言い、建窯の天目茶碗を選んだ。徽宗皇帝は茶の味を第一だと語り、純白の茶の色を引き出すために黒の禾目天目をとりあげた。

 一方、日本の茶の湯は、茶碗などの茶道具を如何に賞玩するかということを重視する。日本最古の茶書、栄西の『喫茶養生記』(1211年成立)は、茶の薬用功能を説き、喫茶を養生の手段だと言いながら、茶を美味しく飲むとは言わない。鎌倉・室町時代の茶の湯には、根強い唐物崇拝がある。玳皮天目もその唐物崇拝の風潮のなかにあった。1380年の『新札往来』に「鼈盞」の語が見られ、茶人により喫茶道具として茶の湯に持ち込まれたことがわかる。

宋代では茶がすでに庶民の日常生活に浸透していた。だが、喫茶文化の担い手はやはり高い地位にいる文人階層だった。茶を嗜むこと、つまり、茶の色・香・味を楽しみ、茶の器にこだわる。そんなことができるのは、経済的にも時間的にも余裕があり、そして教養も必要なのである。徽宗皇帝の『大観茶論』に書かれた茶の点て方を見ると、第一湯から第七湯まで、湯を七回に分けて注ぐなど、その煩雑さに呆気に取られる。古今東西随一の複雑さである。これほど手の込んだ点て方で茶を飲めるのは、徽宗及びその周辺の文人官僚しかいない。

宋代の文人好尚、あるいは文人趣味とは何か?
 それは、平淡であった。
 技巧を尽くした玳皮天目は、宋の文人の平淡好みから遠ざけられた。そのため、玳皮天目は建窯の油滴天目や禾目天目のように一世を風靡することがなかった。産地である吉州地方の農民の日常雑器とされたり、あるいは海外貿易の商品に流されたりした。これが我が国の国宝茶碗に見える日本文化の矛盾と相克だ。

茶は中国で神農時代からすでに人々の生活に入っていた。最初は野菜として食用とされ、茶の葉を煮てその中に葱、生姜、棗などを加える野菜スープのような調理法であった。

『茶経』でこのような茶の扱い方を排斥し、新しい喫茶法を打ち出す。すなわち、茶の葉を蒸して臼で搗き餅状にして乾燥する。乾燥した餅茶を粉末に碾き、釜の中に入れ、水で煎じて飲む、という煎茶法である。徽宗皇帝の『大観茶論』になると、茶筅が現れる。茶筅を用いて茶碗の中で抹茶を点てるようになった。日本の茶の湯の原型はここにある。 元・明時代に入ると、葉茶の泡茶法が広がる。元代に入ると、宋代で盛んだった喫茶文化が衰退していく。さらに明代では、葉茶泡茶法が抹茶点茶法にとって代わり、小ぶりの白磁茶碗が好まれるようになる。油滴や禾目のような天目茶碗の必要性が少なくなったのである。

つづく 続きを読む
posted by Nina at 00:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3535)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)