2015年09月08日

メディアの反応

 長淵剛さんは、ずばっとモノをいうシンガーソングライターだが、7日で誕生日65歳になったという。3人の子供の親であり、詩人・画家との顔ももつ。妻で元女優の志穂美悦子さんとは震災の年、自由が丘のカフェ『ROCK ON』特別企画を行ったり、東日本大震災復興支援・チベット難民キャンプ支援としてフラワーアレンジメントの写真集『Flower Arrangement INSPIRE 〜いちかばちか〜』を出版、売上を全額寄贈。フラワーアーティストとしての活動が目立つ妻は、最近にLove&Fight フラワーワークショップ が ホテル日航(お台場)などでも注目である。

 長淵さんは7月、フジテレビ「ワイドナショー」に出演した際に、「どの時代でも戦争で銃を持つのは10代の子供たち。絶対にこういうことしないようにするにはどうしたらいいかという(議論を)ヤイヤイやるべき」と発言していた。さらに、東日本大震災時には、救出や復興支援に働く自衛隊員を激励するなどしており、「4年前を思い出してもらいたい。どれだけのことを自衛隊員がしてくれたか。彼らを死なすのかってことですよ!」そのうえでは「感覚として戦争が近づいている気がするんです。どうやって阻止するべきか。子供が死ぬんだ、自衛隊員が死ぬんだと思うと、違うんじゃない? って言いたい」と熱弁し、全国の茶の間を感涙させたという。
 
 8日朝、総裁選は無投票と決まった、難なく続投、16日に「決める」という事になる。野田聖子さんの出馬断念のニュースとともに、再選が決まって勝どきを上げている安倍総理とその取り巻きの様子を国民は目にしたことだろう。野田さんが20人の推薦人を集められなかったというが、相当な切り崩しがあったのは想像にかたい。

 本日(8日 18:00〜)は「安保法案 東京大学人緊急シンポジウム @本郷キャンパス」でも呼びかけがされます。「『安保法案 東京大学人緊急抗議集会・アピール』実行委員会」主催 9・8のシンポジウム。 広渡清吾氏(元東京大学副学長、元日本学術会議会長、専修大学法学部教授)、石川健治氏(東京大学法学政治学研究科教授)らが登壇。多数の団体がアクションを起こしているなかで、「安保関連法案に反対するママの会」が自民党本部へのメッセージ集を提出するアクションも注目だ。

視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=4

 ところが、今月4日、安倍首相は参院の特別委員会で法案審議がある日だったのにもかかわらず、大阪まで出向いてテレビ番組に収録、生出演までしていたことで、波紋が広がっている。そこでは、元社民党の某議員をもじって「イライラの総合商社かどうか」なる質問が飛んだりしたとか。さらには、「左翼くん」なるゆるキャラ(?)も登場。安保法案による戦争参加を懸念し、涙している左翼くんの疑問を解消していくというコーナーが用意され、安保法案に反対する人を「左翼」と一括りにして、出演者ともども上から目線で嘲笑する、ちょっと悪ノリしすぎの感の企画(読売テレビ)に対し、有権者を愚弄するな!と抗議の声がおきたとか。

 米国の建国の父、トーマス・ジェファーソンは「情報」が民主主義社会においてどれほど重要だ」との言葉を残している。若者の間には大手メディア、とりわけNHKに疑問を感じているかの反応が起きているようだ。私たちは、若者たちがしているように、今の時代、NHKなど大手のメディアだけでなく、自ら情報収集して、海外、国内の独自な発信もチェックして、見抜いていく力も付けなくてはならないようだ。

 時折、耳にするように、NHKの籾井勝人会長人事は、安倍晋三首相の「お友だち作戦」で送り込まれたともささやかれてもきた。改めて安倍首相と菅義偉官房長官の政権中枢ラインある籾井勝人氏という人物はどんな人なのか。2014年1月、NHKの経営委員会は任期満了になる松本正之会長の後任人事として新しい会長についた。三井物産に入社後、米国三井物産社長や本社副社長を務めたものの、本社の社長にはなっていない。その後、日本ユニシス社長、相談役などを経てNHK会長に。福岡県出身。九州大経済学部卒。任務は一期3年。

 2014年6月21日には、NHKの政治的中立性が疑われる発言をしたとされる籾井会長、百田尚樹(同経営委員)、長谷川三千子(同経営委員)の罷免を求める集会が大阪で開催された。さらに7月18日には小中陽太郎(ディレクター)、下重暁子・山根基世・酒井広(アナウンサー)、勝部領樹(社会部記者、「ニュースセンター9時」キャスター)など元職員172人が連名で、籾井への辞任勧告、応じない場合は罷免するよう求める申し入れを経営委員会に行なっていた。

 そうしたNHKではあるが、6日放映の日曜討論に出演した山本太郎議員は「NHKは偏向報道だ。調査の数字も出さずにごまかす。高校野球は延長して放映するのに、国会は18時で切る」と冒頭からの発言していたが、その後に発言は見られずだった。

 同じ日(6日)、早稲田大学では「早稲田から止める!戦争法案 安保関連法案に反対する 早稲田大学全学集会 9.6」が開かれた。そこで「大手メディアの体たらくはなんだ。産経・読売は仕方がないとしても、最も影響力のあるNHKは取材もおろそかだ」との発言も出ると、会場からは大きな拍手が巻き起こっていた。

 中谷大臣の答弁が二転三転している中、安倍首相には安保特委員会に出て説明するよう再三再四要求も出ていた中で、わざわざ大阪まで出向いてテレビの生出演、番組の収録も行っていた。Twitterではハッシュタグ「#国会サボる総理はいらない」が一時トレンド入りしたという。

 国会前集会では、脳科学者・茂木先生もラップのリズムで、SEALDsの若者たちと共に訴えて、感動ものだ。国会の前は時代に敏感な人たちが集まってきているのが、動画で分かる。高村正彦副総裁(山口選出)は、安全保障関連法案に関し、国民の理解が得られなくても今国会中に成立させる方針を強調し、「国民のために必要だ。十分に理解が得られていなくても決めないといけない」との考えを述べている。



 
参照:
Wikipedia 、水島宏明(法政大学教授・元日本テレビディレクター)
http://bylines.news.yahoo.co.jp/mizushimahiroaki/20131221-00030851/

posted by Nina at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3502)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)