2015年08月31日

早くも秋風の政界、大阪から疾風

 民主党の岡田克也代表と維新の党の松野頼久代表は31日、国会内で会談し、政策や選挙で協力する枠組みを今国会閉幕後に設置することで合意した。両党の合流を含む野党再編も視野に入れる。

 一方、地域政党「大阪維新の会」幹事長の松井一郎大阪府知事は、同会を母体とする新党を10月下旬に発足させる考えを明らかにした。

 民主、維新両党の協力の枠組みは、来年夏の参院選や次期衆院選をにらみ、双方の候補者が共倒れになるのを防ぐとともに、政策を一致させて「野合」批判をかわす狙いがあるという。岡田、松野両氏は、安全保障関連法案の成立阻止に向け、野党共闘を強化するということで、共産、社民、生活各党にも週内の党首会談を呼び掛けることで、一致したという。一強(自民+公明)多弱という、すっきりしないバランスのとりようがない秤しかない状況で、国民はさすがにそっぽばかりも向いていられないのに、手がてがないまま目眩がしそうな展開だ。

 両者の会談後、岡田氏は維新との協力の枠組みについて「自民党に対抗するため、野党勢力の結集に協力していくことを確認した」と記者団に説明。安保法案への対応に関しては「重要な局面にきているから野党間で協力していく」と述べた。松野氏も「自民党に対抗するためにあらゆる分野で連携していく」と語ったので、噂の域だった合流も可能性があるのかもしれない。

 一方、維新の真の立役者だった橋下大阪市長は、ついに維新を離党し、10月1日に新党構想を正式発表し、同月下旬に発足させる考えを周辺に伝えている。これに関し、松井氏は31日、府庁で記者団に「代表が言っているようなスケジュール感になる」と認めた。大阪は、府知事も市長も8月最後の日に早くも秋風の疾風を起こして、政治の再編をもくろんでいる。お笑い好きの多い大阪は、政治という民主主義のありようを再度問い直すために挑戦をし続けるようである。


参照:時事通信 8月31日
posted by Nina at 17:02| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3789)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)