2015年04月27日

民主主義の反省期

26日に投票が行われた統一地方選挙の後半戦の市議会議員選挙と区議会議員選挙も終了し、選挙の投票率はいずれも過去最低となったこと明るみにでて、前半戦に続きさらなる問題でした。総務省によると、統一地方選挙の後半戦の全国平均で、市議会議員選挙の投票率は48.62%(前回より2ポイント余り下がって初めて50%を下回)、区議会議員選挙は42.81%、町村議会議員選挙は63.12%で、ともに過去最低となりました。

次に、近隣市での投票率に目を移してみてみると、
鎌ヶ谷では、45.15%  男性より、女性の投票率が高い。 
印西で52.44%、男性より女性の投票率が高く、女性6名全員が当選
白井の投票率は、50.97% 女性は一名落選の他は、女性7名が当選
浦安の投票率は、男性38.57% 女性39.20% 全体38.89%
流山の投票率47.15%で、女性が男性よりも投票率が高い。

都区内では、選挙の応援にいった世田谷を見てみると42.84% で、男性が女性よりも若干投票率が高い
(都内でもっとも人口が多く708,183人、うち男性330,936人、女性377,247人)

振り返って、総選挙の投票率(全国)では、2012年の59.32%を大きく下回る2014年末の投票率が52.66%だった時に、昨年の世田谷区の総選挙での投票率は、2014年が55.51%、2012年63.7%からかなり下がっています。

それを我孫子では2012が63.05%で、2014年 56.74%で、全国平均よりはやや高く、女性より男性の投票率が高いなどの世田谷と比較的に似ている傾向がみられました。

県議選投票率では、県平均では、2011年40.04% → 2015年37.01% ですが、
我孫子での県議選投票率は 2015の投票率は35.48%で県平均より低く、しかも前回よりも5.49%下がっていました。国政にはかなりの興味を示し、地元には関心が薄いというのも世田谷似です。つまり、男性の投票率が高いと国政への関心がつよいが、地元はどうも何やってるんだかという気分になっているのかもしれません。

因みに、知事選最低 2011年埼玉県知事選挙 24.89%
政令指定都市市長選挙最低 1979年京都市長選挙 16.13%
その他最高 1951年群馬県堤ケ岡村長・村議会議員選挙ほか多数にて 100.00%

投票に行かない人は、「棄権しても、ま、いいか」誰に咎められるでなし、という意識かもしれません。
村であると、誰が来なかったなどと、むしろ地元の選挙では後々も言われる…
一般に言われるのが、投票率が低いと組織、政党推薦の候補を応援していることに同じです…。
昔、森総理が「国民は寝ててほしい(選挙に行かないでほしい)」と言って、ひんしゅくを買っていましたが
浮動票のと言われる層が投票に行かなければ、組織票による候補者が有利になる仕掛け、なのです。
(この発言、民主主義を否定する、恐ろしい失言でしたよね)

11月には、我孫子で全国でも最後に行われる市議選となります、これこそ市民の意識の高さを示したいところです。それこそ、よろしくおねがいします!



posted by Nina at 00:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3503)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)