2015年04月03日

落合恵子講演会(4/11)  いま、いのちから 〜3.11を改めて心に刻む〜

 2011年3月11日の東日本大震災後、流山市を含む千葉県北西部はホットスポットとなり(流山市のホームページに放射線の測定値などが公開されています)、4年が経ちます。 現在でも高い放射線量が観測され、多くの市民が健康被害を心配しながら生活しています。

 わたしたちが、3.11とその後の一連の出来事から考えたことはなんだったのでしょうか。 子どもたちを守り、この地で安心して住み続けるためにできること、するべきことを、改めて一緒に考えませんか?と、「地域・職域の人々とともに、安心して住み続けられるまちづくり」を標榜する東葛病院が下記の講演会を開催し、再度、考えを新たに連携していこうとの呼び掛けをしてます。

落合恵子講演会 いま、いのちから 〜3.11を改めて心に刻む〜

【日時】2015年4月11日(土) 14:30~ (開場14:00)
【場所】流山市文化会館
【共催】東葛病院被ばく医療委員会/東葛健康友の会/HPH推進委員会 
【後援】流山市教育委員会
書籍販売あり、講演終了後にサイン会を行います。

【お問い合わせ】
東葛病院 被ばく医療委員会 04-7159-1011(代表) 平日9:00~16:45
Email:tk_medical_pr@tokyo-kinikai.com

※申し込み不要、どなたでも参加できます。
※資料代として 500円です。
※託児が必要な方は事前にご相談ください。

posted by Nina at 00:28| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3503)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)