2015年03月15日

心機一転!

みなさま、お知らせなどでお呼びかけしたように、2月、3月にミニ集会(カフェ)も先週末に終了したところです。様々なお問い合わせ、ご提案もいただくことが出来、大変に参考になりました。変わらぬ穏やかで温かいご支援をたまわりました。また、海津新菜の今後の活動については、市長選に出馬しただけにはとどまらずに、これまでにも増して我孫子に焦点を絞り、たゆまぬ努力を続けてまいるつもりでおります。千葉県へも、国に対しても、我孫子市民の暮らしが安全で安心であってこそ、納得して税金を納め、ボランティア活動にまい進する人、日々の精進に様々な地域の活動に取り組む人が続くわけです。そうした地域をしっかりとサポートし、本来あるべき自他ともに評価がなされるようしてまいりたいと考えます。

4年前は、4月に統一地方選挙と重なり、被災地・千葉では、選挙をしている場合かとの状況にありました。
(結果的に、液状化被害のあった浦安市は選挙を延期)本年は、すでに県議選へ向けての動きもあり、海津新菜にも出馬についての意向を尋ねられたりもご心配(出場するなら、早く教えて!?)と言われたりもいたします。県議会、都議会での問題には、報道関係の徹底調査が入ったことが、かえって抜本的な見直しに改善されてまいりました。こうした、状況を鑑みれば、むしろ、大好きな我孫子市民の活躍する場で足を踏ん張っていきたい、市長、市政に対して、地場の政治を睨む、みんながウオッチし続けて、意見が生きるように、本当の民主主義にするべきなのだと思うようになっています。

この4年間、海津新菜は久々の受験生ともなって大学に戻り、しっかりと充電、大学院で観光学(修士号)を修めました。現在は博士課程後期においてさらに我孫子の発展をさぐる研究を続けています。大学、研究機関のプロジェクトメンバーとして、相馬市(松川浦)の観光復興プロジェクトに関わり、被災地での復興に観光の取組がどのようにできるかの調査に加わり、被災地での観光の現状をつぶさに見てまいりました。一方、我孫子市内では、これまで同様にセミナー、講演会も広報などを通じて開催して、皆様との意見交換も続けて行っておりました。(皆様は、どちらかというと美味し料理や、楽しい歴史のテーマがお好きなようです、が)

今後も、国政、県政、市政、頭のいたくなる問題は満載でにすが、目をそらすわけにはいかず、地球サイズに我孫子中心にウオッチしながら、政党に関わらずとも無所属での政治活動にも具体策をもって取り組んでまいりたいと考えます。我孫子だから出来る、海津新菜だから出来る、地球サイズの行動を発信続けていきたいと考えて、いますのでご期待ください。そして

実践には皆様のご理解とご協力があったればこそです。

この春は、まずもって、千葉県の最終処分場をきめるとの話がどうなるか、タイムリミット間近です。
各市からの高濃度汚染灰については、各市に保管施設が拡充されて、持ち込み分は戻されております。いよいよは、手賀沼下水処理に流れ込んで来る流域汚染廃棄物がどうなるのかです。今年度3月までに決着するとの話で、我孫子でも説明を聞いていたはずです。県知事は、我孫子に一度も来ることもなく、他人任せでここまできています。県HPでは、流域下水道を経て終末処理場に入る 7市人口約50万人の汚水を1日当たり、平均約20万㎥で処理していると、公示しているので、県職員に確認したところ、当時に処理場に流れ込んで溜った高濃度汚染償却灰は550トンを今も保管中とのことです。

そこで、海津新菜は、県担当課に畳み込んで次の点を聞いてみました。「今年度末にまでに、最終処分場を決めるのはどうなったのか」と問えば、「環境省の決定がきまらないまま、一時保管されています」、と縦割り行政でシラをきっている状況です。その中で、せめても幸いなのは、最近の汚泥焼却灰は高濃度汚染灰には指定されないレベルになっているということだけです。悪いことには目をつむるのはあってはなりません。我孫子市民のストレスをはねのけるよう、県も国もウオッチして、魅力ある、市民の知恵を活力が生かせる、千葉でも早くからおきた自由民権運動、本当の民本主義、白樺教育に続くよう、我孫子らしくならないといけない。

集会に来てくださった方、お声かけくださったり、お電話くださった方々に対して、感謝とともに感じ入り、(中には、採れたてだよとルッコラを持ってきてくださった方まで)お蔭で自らもさらに元気をいただいたところです。みなさまと共に、これからも、いいなァと言われる街づくり、観光もしてみたい街と言われるように、頑張ってまいります!!


          海津新菜(にいな) 拝

posted by Nina at 08:04| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3507)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)