2015年02月14日

パッチアダムス

「パッチアダムス」という実在の医師が、笑いとユーモアで人の心と体を癒すことが治療に有効であると、奇想天外な治療を実践して、小児病棟を明るく元気にして、患者の心を引き立て、周りに希望を与える。映画になって、ロビン・ウィリアムズが主演した話だ。

 笑いは、体も心も癒し、病気を治す効果になる。
この「笑いの渦に人を巻き込むその頭の使い方」こそが、若々しい頭脳の秘密ではないかいう見方があります。

そして、ご長寿双子姉妹の「金さん銀さん」がいろいろなところでその長寿の秘密を聞かれたとき、答えは「笑い」に関するものだったのです。そのうちのいくつか紹介させていただきます。

@よくしゃべり、よく笑うこと。これも長生きの秘訣だと思うにゃ。
A笑う門には福来る、そういうじゃろ。犬や猿は笑わん。
B感謝を忘れたら、人間はだめになる。ああ、有難や、有難や。
C悲しいことは、考えんほうがええ。楽しいことを夢みることだよ。
D人間、大事なのは気力。自分から何かをする意欲を持つことだね。

「一笑一若一怒一老(いっしょういちじゃく いちどいちろう)」
一つ笑えば一つ若くなり、一つ怒れば一つ老いる。


『100歳になっても脳を元気に動かす習慣術』日文新書
posted by Nina at 16:14| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3398)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)