2015年01月24日

七にまつわる話

これは、経営の神様と呼ばれる松下電器産業の創業者、松下幸之助には「ありがとう」にまつわるこんな逸話があります。

新幹線に乗っていた夫婦が、すぐ近くの席に松下幸之助が座っていることに気がつきます。 夫は彼の大ファンで、どうしても挨拶がしたいと思い、声をかけようとします。しかし、理由もなく話しかけても、相手にしてくれるかどうかわからない。そこで妻が、みかんを差し入れて、きっかけを作ればいいのでは、と提案。
夫はさっそくみかんを購入し、彼に差し出すことにしました。

彼は、この申し出を快く受け入れ、嬉しそうに「これはありがとうございます」と言って、その場で皮をむいて食べはじめます。 夫はみかんを渡せたし、あの松下幸之助と話すこともでき、大満足で自分の席に戻りました。そして、もうすぐ京都に着くという時です。 彼は夫婦の座席にやってきて、「先ほどはありがとうございました。とてもおいしかったです」と頭を下げました。 天下の松下幸之助が、下車する前にわざわざ挨拶をしにきてくれたと、夫婦は感動します。

しかし、話はまだ終わりませんでした。 京都駅で降りた彼は、その夫婦の座席が見える窓のところまで来て、深々と頭を下げ、夫婦の姿が見えなくなるまで見送ってくれたのです。 夫は彼の行為に涙します。そして、家に帰るとすぐに電気屋さんに連絡、 自宅の電化製品すべてをナショナル製品に変えたそうです。

参照:
佐藤光浩『ちょっといい話』アルファポリス文庫 

「出迎え三歩、見送り七歩」という言葉があるそうです。
お出迎えするときは、三歩前に出て内に招き入れ、お送りするときは、七歩外に出てお見送りをする、ということ、 日本のおもてなしの原点がここにあるということだそうす。
お客様がお帰りときは、門口に立ち、その姿が見えなくなるまでお見送りする。それを余韻効果と言う相手にいつまでも、その印象が残るかも計る心理学のようです。帰り際に、特に効果は多く残るのだそうです。

「ありがとう」という感謝の気持ちを込めて、やってくる人の心にしっかりと良さを伝えられる街をしていたい。それほどに、我孫子は素敵な場所ですよね。海津にいなは、関東圏を観ても、益子や川越、吉祥寺などを観て歩いて、そう思います。


posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3497)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)