2014年10月25日

赤坂離宮迎賓館(国宝)が3日間だけ間近に自由参観

 今年(平成26年)で開館40周年を迎えました。
 平成26年迎賓館赤坂離宮前庭公開は、11月8日(土)〜10日(月)の3日間を予定しています。館内を御覧いただくことはできませんが、国宝に指定された迎賓館赤坂離宮本館を間近でご覧になれます。

日本最初の西洋風宮殿建築です。 戦後、皇室から行政に移管され、政府の施設として利用されていましたが、わが国の国際社会への復帰に伴い、外国の賓客を国として国際儀礼を尽くして接遇する施設の必要性が高まったため、昭和43年(1968年)から5年余の歳月をかけて旧赤坂離宮の改修が行われ、現在の迎賓館が完成しました。

 赤坂離宮は、当時のわが国の建築、美術、工芸界の総力を結集した建造物であり、明治期の建築界における本格的な近代洋風建築の到達点を示しています。日本が独自の文化を守りながらの西洋化と富国強兵に突き進んでいた時代を象徴して、天皇を『武勲の者』という印象を表現するために、正面玄関の屋根飾りや内装の模様などに鎧武者の意匠があるなど、建物全体に西洋の宮殿建築に日本風の意匠が混じった装飾になっています。また、当時電気が珍しかった日本においてイギリス製の自家発電装置を備え付けて照明に電気を使い、アメリカ製の自動温度調節機能付き暖房装置をつけるなどの当時の贅をつくしたもので、東宮御所として利用されました。戦後に、閣議決定を経て国の外交の迎賓施設となりました。

迎賓館の敷地は約11万坪あり、通常の申込参観はわずかな人数ですが、この時期の庭園側よりの赤坂離宮参観は、事前の申込みは不要で年齢制限もありませんので、お気軽にご来館ください。

☆赤坂迎賓館前庭 一般公開
http://www8.cao.go.jp/geihinkan/sankan/zenteikoukai.html
日時:11月8日(土)〜10日(月)午前10時〜午後3時半
最寄り駅:JR四谷
管轄:内閣府
予約不要、当日並べば入れます。
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3399)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)