2014年08月24日

秋吉敏子(84歳)、NYで活躍するジャズピアニスト

秋吉敏子について、TV番組「ソロモン流」としてニューヨーク在住のジャズピアニスト、作編曲家。ジャズ界の最高のジャズマスター賞を受賞。


1929年12月12日、遼陽(旧満州国)に日本人の両親の元に生まれる。
小学1年生のときにピアノを習い始め、終戦後に大分県に引き揚げると、別府の駐留軍キャンプ「つるみダンスホール」でジャズピアニストとして演奏を開始。1953年に来日したオスカー・ピーターソンに才能を見出され、1956年に日本人として初めてバークリー音楽院に奨学生として渡米。

1973年に自身がリーダーを務めるビッグバンドを立ち上げると、ジャズと日本古来の和楽を融合した新しいサウンドが高く評価され、以後様々な賞を受賞、米国のジャス殿堂入りは日本人で初めて。
posted by Nina at 23:41| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3398)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)