2014年05月13日

留学生と「ちきゅうTALK」しよう!、5/18(日)へご参加を

日本周辺を見回すと、ロシアの立場はこれから国際社会の中でも切迫の度を高め、日韓関係、中国とのPM影響、さらに各国とは領海・領空問題でも大変です。このような中ではありますが、国際日本研究の女性研究者による友好的な交流を示す交流会(交流会)を催します。セミナー全体として、日本と近隣諸国の関係が友好的になるにはどういう意識がされるべきかを参加者と考えていきます。留学生(筑波大学大学院 博士課程)3人のスピーチの内容(予定)は次の通りです。

・ウクライナと日本、原発からの放射能についてのマスコミ対応比較
・文化の橋をかける日本語教育:漢字の不思議と面白さ
・徳川家康をテレビドラマから学ぶ

それぞれの研究の内容の概要をしてもらい、なぜ日本にきて研究をするのか、どうやってそこまで上手に日本語を習得できたのか(日本語の苦労)などを聞くことができると思います。日本語でスピーチ後には、気軽な交流会の雰囲気で簡単な質疑、歓談を予定します。問題満載の日本だけれど、その面白さ、良さ、また問題点も、こんな機会に一緒に考えて、互いの国の歴史や文化についての理解を深められたらと考えています。

・テーマ:留学生と「ちきゅうTALK」しよう! 
・日時:5月18日(日)14:00 〜16:00
(開場:13:45)
・参加費:300円(資料代。着物での参加は半額)
・場所 :天王台北近隣センター(多目的ホール)
・お問合せ(ACTの会・海津)
 電話1(プッシュホン)04-7184-9828
  またはメール ninakaizu●gmail.com

着物でのご参加を歓迎します。
ピアノが弾ける方も、大歓迎、前もってご連絡ください。
なお、当日の受付や会場準備のお手伝いのボランティア募集中。

*下記をクリックして、ちらしをコピーできます
国際理解トークイベント ちらし.docx

posted by Nina at 09:15| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3399)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)