2014年05月08日

禹長春記念館と稲盛さんとの繋がりを知る

禹長春記念館(ウチャンチュンギニョンガン)の前にはきれいに整えた″慈乳泉″という井戸の跡があるという。慈乳泉は慈愛に満ちた母の乳のような泉という意味で禹長春博士の母親が日本で臨終した当時、韓国政府の統制により葬式に参列できなかった。博士には、各地から弔慰金が贈られたので、水が足りなかった農場に井戸を掘り、研究所はもちろん周囲の人々と共同で使った言われている。毎朝井戸の周りを掃除することから1日を迎えたという博士の愛情や魂が込められていて、そこは今、博士をしる記念館も開設さたということです。

博士の母は、日本人で朝鮮人・と結婚し、博士の娘は稲盛京セラ元会長の妻にあたる方です。博士ほど数奇な運命をたどった人も数少ないわけですが、日韓両国に植物学を通じて貢献し、両社会に讃えられている人も少ないので、忘れられない為にも、そして、知ることによって、後世の人々が平和友好への努力をするように顕彰をするのは望ましいことです。そういう、観光=国の光を観ると言う姿勢は大事です。WikipediaやHP検索でこうした関連を知り、釜山に行く機会をつくって訪ねてみたいと思った。観光は21世紀の平和プロジェクトになっていくと確信する。

http://www.lifeinkorea.com/cgi-bin/travel2j.cfm?TravelID=325


釜山広域市 東莱区 温泉2洞 850-48番地
お問い合わせ : (051) 550-4489
開館時間 : 9:30~18:00 (3月-10月 ), 9:30~17:00 (11月-2月 )
休館日 : 毎週月曜日(月曜日が休日の場合は翌日休館)、1月1日 (陽暦)、ソルナル
(陰暦元日)、チュソク (陰暦お盆)
入場料 :無料
posted by Nina at 00:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3505)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)