2014年04月23日

オバマ大統領の国賓滞在

 年初、学会がハワイで開催だったので、オバマ大統領がすごしたホノルルの学校を見学してきた。オバマ大統領の4月訪日は2月中に発表されて、到着が当初は23日ではなく24日になる可能性もあった。24日の陛下との会見は以前から設定されていたという。最終的に、23日から25日までの日程で国賓として滞在となった。お蔭で、ハワイで聞いた少年バラクの評判やハワイでの選挙の盛り上がりについての話を聞いたことを思い出したりした。

 米国からの国賓は、1996年4月のクリントン大統領以来18年ぶりになるため、私たちとしても貴重な瞬間を見ることになった。一時は、韓国からも国賓招待の話も出て一泊での滞在で非常にレアな形式での対応になるかと心配されたが、日本側が「国賓として接遇するには2泊以上は必要」と主張し、米側も最終的に調整ができて、国賓としての訪問が決まったということだ。安倍政権のシンゾー・バラクの関係を対外的にも印象付けた。

 外国賓客は大きく分けて国賓と公賓の二種類があるのを今回改めて知ることになった。
 国賓は国王や大統領といった元首クラスが対象。公賓の場合は皇太子や副大統領、首相などが対象となるという。ほかに歓迎行事を簡略化した公式実務訪問賓客、実務訪問賓客というのもある。
 国賓で迎える場合は閣議決定が必要だ。日本滞在中、国賓夫妻と10人以内の公式随行員の宿泊費、国内移動費、食費、警護費用などを3泊4日分までに限って日本側が負担する。国賓は年間2件前後。予算に明確な決まりはないが、1件につき2500万円が目安と言われている。

 まず、国賓が到着すると、皇居で歓迎行事が行われる。赤じゅうたんの上で儀仗(ぎじょう)隊の栄誉礼を受け、国歌が演奏されるほか、天皇、皇后両陛下と会見。夜は宮中晩さん会が催され、出発日は陛下が国賓の宿泊先に出向いて別れのあいさつを述べられるのが慣例だが、今回は特例で赤坂迎賓館ではなく、米国大使館隣のホテルとなる。

 また、国賓が国会や大学で演説したり、寺院などの名所を訪れたりする。日程に余裕があれば地方都市へ足を運んでもらうこともある。大統領は23日夜に到着した後、安倍首相と銀座の寿司店にて「今までで一番おいしい寿司」を食べたとのコメントをした。しかし、連日続いたTPPの協議は進まず、日米安保条約での尖閣諸島の防衛を明確化して、25日には次の訪問先の韓国へ出発することになった。
posted by Nina at 00:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3388)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)