2013年12月10日

東アジア近代史はブラックボックス 歴史考4

日中外交当局が1992年、旧日本軍の慰安婦問題を大きくしないよう互いに抑制的に対応すると合意していたことが、朝日新聞が情報公開で入手した外交文書や政府関係者の証言で分かった。日中国交正常化20周年の同年秋に予定されていた初の天皇訪中などへの影響を懸念したためとみられる。

日本外務省中国課長と在京中国大使館の担当者との会話を記録した同年2月19日付極秘文書によると、日本側は「慰安婦の問題が韓国から中国にも飛び火して頭を悩ませている。重要な要人往来を控え、この話が日中関係の大局に影響を及ぼさないようにしたい」と伝えた。中国側は「プレー・アップを望まないのは中国側も同様。中国の国民感情に直接響いてくる問題であるので、慎重に取り扱う必要があろう」と答えた。

この10日余前、中国人慰安婦がいたことを示す資料が旧防衛庁で見つかったことが報道されていた。「プレー・アップ」は外交官らが「大きく扱う」「強調する」といった意味で使う。

江沢民・中国共産党総書記(当時)が同年春に訪日し、秋には天皇が初訪中する方向が固まっていた。中国側は天皇訪中を、89年の天安門事件以降続いていた国際的孤立を解消していく好機ととらえていた。


朝日新聞デジタル 12月10日(火)6時3分配信

出典:
朝日新聞社http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131210-00000004-asahi-pol

社民党が、旧社会党時代に中国との問題でどのような役割を果たしたのか、Wikipedia には「南京大虐殺記念館」の経緯についても、仔細に書かれていたので、目が点になってしまった。そこで、社民党ビルが移転する前に実際どうだったのかと、問い合わせをしたが、その文面を読んでくれたのかどうかも返事が来なかった。ことほど左様に野党としての体質も変わったということだろうか。





posted by Nina at 11:44| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3388)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)