2013年11月19日

新たな発見、気分一新!

 京都大iPS細胞研究所の山中伸弥教授らのグループが iPS細胞(人工多能性幹細胞)のうち、腫瘍になりやすいものを見分ける目印となる3種類の遺伝子を発見したと、発表があった。昨年のノーベル賞の爽やかな話題に更に追加される、いいニュースです。

 さて、ところで今日の我孫子は、ツイッター情報によりますと、ダイヤモンド富士が見られるそうです。
いいお天気だと、我孫子から見える富士山に絶妙な角度で山頂に夕日が落ちてダイヤモンドの輝きになる天啓に恵まれる場所なのです。知徳だと言う方もおれれますが、朝から良い天気なので、我孫子市民の皆さん、日の落ちる瞬間までに我孫子に戻れるといいですね。

 
 
 そうでない方は、再生医療への利用が期待されているiPS細胞の品質向上に役立つ成果が発表されたので、米国科学アカデミー紀要に近く論文が掲載される快挙を祝いましょう。

 再生医療ではiPS細胞を、病気やけがで傷ついた細胞や組織に代わる細胞に変化させて移植することになるが、うまく目的の細胞に変化せず腫瘍化する質の悪いiPS細胞もあるため、これを効率よく見分ける技術の開発が課題だったということで、グループは人の皮膚や血液などからiPS細胞を40種類作製し、神経細胞に変化させて遺伝子の働き方を調べていた。

 その結果、マウスに移植すると腫瘍を作るiPS細胞が7種類見つかった。これらの細胞ではHHLA1、ABHD12B、C4orf51と呼ばれる3遺伝子が、質の良いiPS細胞より5〜10倍強く働いていた。グループの高橋和利講師は「iPS細胞の質の確認では、数百万円かけて全遺伝子を調べていた。3遺伝子だけのチェックなら1回2万〜3万円で済む」と話している。

「質の悪いiPS細胞」判別法、読売新聞 11月19日(火)7時42分配信 より
posted by Nina at 08:04| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3399)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)