2013年10月08日

今度こそ!

このところ、体操界で日本選手によるメダルラッシュの嬉しいニュースが飛び込み、しかも17歳のエースが誕生したという清々しい。今後の更なる期待が出来る逸材です。
 
そして、フランスのロンシャン競馬場では凱旋門賞と言う世界一の競走馬を決めるレースにも嬉しいことがおきました。 
日本から、オルフェーブルとキズナの2頭が出場、オルフェーブルが2着、キズナが4着。今年も1位はフランス馬となりました。
すでに、日本の馬がイギリスのダービー馬を抜いていましたが、まだフランス馬は抜けないでいます。
馬場の違いの影響が大きいようです。日本の競馬場にも芝コースはあるのですが、芝の長さが多少短い、土が硬いなど、微妙に違っても、世界を争うとなると影響するのかもしれないです。
欧州以外の馬でそこで勝ったことはないのだというのであれば、やはりロンシャン競馬場と同じようなコースを作るしかなさそうですが、 来年、キズナは4歳になるので、キズナには十分な練習成果がでるような練習を積んでもらいたい。ちなみに、キズナはディープインパクトの子供です。一番を目指して、武豊に騎乗してチャレンジしてもらいたいと、競馬場ファンは期待を募らせたことでしょう。
世界の壁にチャレンジしていける日本の強さを打ち出して、けして諦めない日本は国内外に信頼を高めることになると思います


posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3499)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)