2013年05月18日

家康の勝率は、73戦56敗だった

勝と思うな、思えば負けよという歌詞、「柔」の中にありますが、
徳川家康の生涯にわたる戦の勝ち負けは、73戦56敗だそうです。

勝率の低さ意外です。
徳川家康は、『勝つことばかり知りて、負くることを知らざれば、害その身に至る』(東照宮遺訓)とあります。負け続けても、最後には勝ち、その後、徳川300年の安定の基礎を築いた、のです。
負けを教訓として、「何が悪かったのか」と原因を突き止め、次の勝負に生かしたのです。

人間の運不運は、負けた時の対応でわかる。
負けを真摯に受け止め、不運の中にも感謝までするような人には、やがて運やツキがやってくる。
多くの成功者は、成功より負けの数の方が圧倒的に多いのだともいわれます。
それだけ、諦めずに多くチャレンジしていた。


参照:『運とツキの法則』致知出版社

posted by Nina at 00:00| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3399)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)